☆スケジュール 


超おすすめライブ!

☆ News! 9月11日 新しいアルバム『Be Still My Soul』をリリースしました。安カ川大樹氏(b)とのデュオです。賛美歌や祈りの歌ばかりのアルバムになりました!ご連絡いただければ、直接お送りします!

☆ News! 9月15日(日) aonaのくつろいだ空間で、素晴らしいクラリネット奏者、小森さんと初デュオです!
☆ News! 9月29日(日) 愛溢れるSweet Rainで、これまた愛溢れる有明さんとデュオ!、
☆ News! 10月1日(火) 関内「エアジン」にて チェコ人小説家・ミランクンデラの「存在の耐えられない軽さ」をもとにTaroさんが詞を書き私が曲を書くプロジェクト。渾身の作曲です!是非、見守っていただきたいです!鈴木典子(Vo)、類家心平(tp)
☆ News! 10月5日(土) 宇宙を感じる市野さんの曲、とても素晴らしいです。是非聴いていただきたい!!昼・1時半からです。
☆ News! 10月10日(木) 春から再開したデュオ。ピシッと鋭いテクニックはさすが!デュオを重ねて、ますます深み・勢いが増しています!




☆は、リーダー(または双頭)ライブです!


≪2019年9月≫


☆8日(日) 吉祥寺『Sometime』 http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html  市野元彦(g)、岩瀬立飛(ds)

☆12日(木) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 藤本隆文(vib) 

13日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

☆15日(日)  調布『aona』 小森慶子(cl) 16:00から1ステージ MC1,000 

16日(月・祝)新子安『しぇりる』 http://www.barsheryl.com/ tel:045-228-8707 鈴木典子(vo)

22日(日) 新子安『しぇりる』 http://www.barsheryl.com/ tel:045-228-8707 石川真奈美(vo)

25日(水) 高田馬場『Gate One』 https://jazzgateone.com/ 小林直子(vo)

27日(金) 都立大『Jamin』http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/tel:03‐5731‐5336小泉美意子(vo)

☆29日(日) 中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 有明のぶ子(vib)

*****
≪2019年10月≫

☆1日(火) 関内『エアジン』 https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ <クンデラ・プロジェクト> 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)

☆5日(土) 成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 1:30pmから <DUO!> 市野元彦(g)

8日(火) 渋谷『壺の中』 http://tsubo-no-naka.com/ 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)

☆10日(木)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 藤本隆文(vib) 

☆13日(日)  調布『aona』  16:00から1ステージ MC1,000

☆19日(土) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19:00~  安カ川大樹(b) 

☆中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 <Peaceful Dream> さが ゆき(vo)

27日(日) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 長谷川 薫(vo)

28日(月) 都立大『Jamin』http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/tel:03‐5731‐5336 小泉美意子(vo)

☆29日(火) 新宿『Someday』http://someday.net/index2.html tel:03-3359-6777  浜田均(vib)、Andy Bevan(s)

*****

≪2019年8月≫ *****

1日(木) 都立大『Jamin』 http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/ tel:03‐5731‐5336  佐藤智子(vo)、澁谷盛良(b)

☆3日(土) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19:00~  安カ川大樹(b)

9日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

12日(月) 関内『エアジン』 https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ <クンデラ・プロジェクト> 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(per)

15日(木)☆中野『Sweet Rain』
http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 <Peaceful Dream> さが ゆき(vo)



*******
≪2019年7月≫ *****

☆4日(木) 中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 前原孝紀(g)

5日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

☆6日(土) 成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                        <DUO!> 市野元彦(g) 

8日(月)都立大『Jamin』http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/tel:03‐5731‐5336小泉美意子(vo)

13日(土)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668杉山いちこ(vo)、小森慶子(cl)

☆14日(日) 調布『aona』 16:00から1ステージ MC\1,000  鈴木典子(vo)

☆19日(金)  新宿『Someday』http://someday.net/index2.html tel:03-3359-6777
                            浜田均(vib)、Andy Bevan(s)

☆21日(日) 成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                         <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

☆22日(月) 新子安『しぇりる』 http://www.barsheryl.com/ tel:045-228-8707 鈴木典子(vo)

☆23日(火) 吉祥寺『Sometime』 http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html 
                                小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

26日(金) 白楽『ブルースエット』http://www.jazz-bluesette.com/ tel: 090-8775-8975 
                               小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

28日(日) 新子安『しぇりる』http://www.barsheryl.com/ tel:045-228-8707 石川真奈美(vo)

☆30日(火)吉祥寺『ストリングス』http://www.jazz-strings.com/ tel:0422-28-5035  
                              さがゆき(vo) 

☆31日(水) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 藤本隆文(vib) 


≪2019年6月≫ *****

☆6日(木) 新子安『しぇりる』 https://barsheryl.jimdo.com/ tel:045-228-8707 NORiKO's(vo)

  7日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

☆9日(日) 調布『aona』https://www.facebook.com/events/352179962315319/ 有明のぶ子(vib)

14日(金)都立大『Jamin』http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/tel:03‐5731‐5336小泉美意子(vo)

☆15日(土) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19:00~ 
                                    安カ川大樹(b)

16日(日)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/tel:044-201-1668  長谷川薫(vo) 15:30~

19日(水)渋谷『壺の中』 http://tsubo-no-naka.com/ 
                        鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(perc)

☆23日(日) 吉祥寺『Sometime』 http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html 14:00~
                           小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

☆27日(木)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 藤本隆文(vib)

30日(日) 関内『エアジン』
https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ 
           <クンデラ・プロジェクト> 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(per)




≪2019年5月≫

☆2日 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19時から!藤本隆文(vib)

6日(月・祝)新子安『しぇりる』 https://barsheryl.jimdo.com/ tel:045-228-8707 石川真奈美(vo) 

8日(水) 吉祥寺『ストリングス』http://www.jazz-strings.com/ tel:0422-28-5035  さがゆき(vo)

17日(金) 新宿『Someday』http://someday.net/index2.htmltel:03-3359-6777
                             伊勢秀一郎(tp)、小西ただあき(b)

☆19日(日) 調布『aona』 <SOLO!>   16:00から1ステージ MC\1,000 

24日(金) 新宿『Pit Inn』 昼の部 成川修士(g)

25日(土) 関内『エアジン』 https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ 
             <クンデラ・プロジェクト> 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)



*****

≪2019年4月≫

☆7日(日)中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 有明のぶ子(vib)

 8日(月)都立大『Jamin』http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/tel:03‐5731‐5336小泉美意子(vo)

 12日(金)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

☆14日(日) 成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                        <DUO!> 市野元彦(g)

 19日(金)小川町『リディアン』 http://jazzlydian.com/index.html tel:03-5244-5286 益子麻奈(vo)

☆21日(日) 調布『aona』 <DUO!> 畠山みつこ(fl) 16:00から1ステージ MC\1,000 

 23日(火)関内『エアジン』 https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ 
           <クンデラ・プロジェクト> 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(per)

 24日(水)白楽『ブルースエット』http://www.jazz-bluesette.com/ tel: 090-8775-8975 
                               小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

 25日(木)都立大『Jamin』 http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/ tel:03‐5731‐5336
                               佐藤智子(vo)、澁谷盛良(b)


≪2019年3月≫


☆3日(日)  調布『aona』 <DUO!> 畠山みつこ(fl)   16:00から1ステージ MC\1,000 

 6日(水) 渋谷『壺の中』 http://tsubo-no-naka.com/ 
                        鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(perc)

☆16日(土) 川崎『ぴあにしも』 http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19時~ 安カ川大樹(b)

 23日(土) 新子安『しぇりる』 https://barsheryl.jimdo.com/ tel:045-228-8707 19:30~
                                    石川真奈美(vo)

☆24日(日) 成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                 <TRIO!> 小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

☆28日(木) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 久々登場!藤本隆文(vib)

 29日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

 30日(土) 大塚『Greco』<クンデラ・プロジェクト〉鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(per)


≪2019年2月≫

☆2日(土)成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                        <DUO!> 市野元彦(g)
 
☆3日(日) 調布『aona』https://www.facebook.com/events/507353129782419/
                  16:00から1ステージ MC\1,000 

  6日(水)白楽『ブルースエット』http://www.jazz-bluesette.com/ tel: 090-8775-8975 
                               小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

  8日(金)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

 11日(月・祝)阿佐ヶ谷『クラヴィーア』
        http://www2.tbb.t-com.ne.jp/klavier/www/live2018.html 畠山みつこ(fl)

 16日(土)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/tel:044-201-1668  杉山いちこ(vo)19時から

 17日(日)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/tel:044-201-1668  長谷川薫(vo)15:30から

 22日(金)中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 さがゆき(vo)

☆23日(土)吉祥寺『Sometime』 http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html 14:00~
                           Andy Bevan(s)、後藤まさる(perc)

 28日(木)関内『エアジン』 https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ 
         <クンデラ・プロジェクト> 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(per)


≪2019年1月≫

 18日(金) 新子安『しぇりる』 https://barsheryl.jimdo.com/ tel:045-228-8707 
                                    石川真奈美(vo)

☆19日(土) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19:00~ 
                                    安カ川大樹(b)

 20日(日) 関内『BarBarBar』https://www.barbarbar.jp/ 14:30~ MC\3,000+Drink
        〔ToNeo〕 借り切りライブですが公開です! 参加希望の方は私まで。
   松田恒夫さん作詞作曲のJ-Popをこのメンバーで/小林直子(vo)、八尋洋一(b)、木村万作(ds)

 21日(月) 都立大『Jamin』 http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/ tel:03‐5731‐5336
                                    小泉美意子(vo)

☆24日(木) 関内『エアジン』 http://www.airegin.yokohama/ tel:045-641-9191
 <ミランクンデラ『存在の耐えられない軽さ』> 鈴木典子(vo),Taro(lyrics),類家心平(tp),岡部洋一(per)

☆27日(日)中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 有明のぶ子(vib)



≪2018年12月≫

 ☆1日(土) 吉祥寺『Sometime』 http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html 14:00~
                           Andy Bevan(s)、後藤まさる(perc)

  4日(火)渋谷『壺の中』 http://tsubo-no-naka.com/ 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(perc)

 ☆8日(土) 成城学園『カフェブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                 <TRIO!> 小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

  9日(日)中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 北沢直子(fl)

 11日(火)大塚『Greco』http://www.greco.gr.jp/index/index.htm  
                <ミランクンデラ『存在の耐えられない軽さ』プロジェクトvol.2>
                          鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(perc)

 14日(金)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)
 
 15日(土)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 さがゆき(vo)

 ☆16日(日) 調布『aona』https://www.facebook.com/events/507353129782419/
                  16:00から1ステージ MC\1,000 <SOLO!>

 19日(水)小川町『リディアン』 http://jazzlydian.com/index.html tel:03-5244-5286 益子麻奈(vo)

 22日(土)川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/tel:044-201-1668 杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

 24日(月)桜木町『野毛山キリストの教会』 クリスマスイブ礼拝とミニコンサート 17時から
                                   北迫真弥(fl)、野本香也子(soprano)


≪2018年11月≫

☆2日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 19:30~安カ川大樹(b)

  3日(土) 狛江・南部音楽祭 2:50~3:30 畠山みつこ(fl)
 
 ☆4日(日)  調布『aona』 16:00から1ステージ Andy Bevan(s・s、Didjeridoo)

  8日(木) 関内『エアジン』 https://www.facebook.com/events/1733855936871067/ 
                                 鈴木典子(vo)、類家心平(tp)

  9日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

 16日(金) 新宿『Pit Inn』 昼の部 成川修士(g)

 20日(火) 大塚『Greco』 鈴木典子(vo)

 28日(水) 白楽『ブルースエット』http://www.jazz-bluesette.com/ tel: 090-8775-8975 
                               小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)


≪2018年10月≫

  ☆5日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel: 044-201-1668 19:30~畠山みつこ(fl)

  ☆6日(土) 横浜ジャズプロムナード NHK横浜 17:05~ 安カ川大樹(b)

  ☆8日(月・祝) 中野『Sweet Rain』http://jazzsweetrain.com/ tel:03-6454-0817 
                                  さがゆき(vo)、安カ川大樹(b)

  12日(金) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 小泉実意子(vo)

  13日(土) 新子安『しぇりる』 https://barsheryl.jimdo.com/ tel:045-228-8707 
                                    石川真奈美(vo)

 ☆20日(土) 成城学園『カフェ ブールマン』http://cafebeulmans.com/ tel:03-3484-0047 
                                <DUO!> 市野元彦(g)


  28日(日) 川崎『ぴあにしも』http://pubhpp.com/ tel:044-201-1668 長谷川薫(vo)


≪2018年9月≫

  ☆2日(日) 川崎『ぴあにしも』  畠山みつこ(fl)

  ☆9日(日) 調布『aona』  鈴木典子(vo)

  14日(金) 川崎『ぴあにしも』  小泉実意子(vo)

  15日(土) 川崎『ぴあにしも』  杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

 ☆16日(日)中野『Sweet Rain』  さがゆき(vo)

 ☆23日(日) 吉祥寺『Sometime』 鈴木典子(vo)、類家心平(p)、橋本学(ds)

  29日(土) 渋谷『壺の中』  鈴木典子(vo)、岡部洋一(perc)


≪2018年8月≫

   11日(土) TX三郷中央 『三郷・夏祭りatちゃあしゅう屋』 後藤まさる(perc)、鈴木典子(vo)

   ☆14日(火) 阪急岡本「 Born Free」   <DUO!> 安カ川大樹(b)

   ☆17日(金) 伊賀「スタジオPON」  <DUO!> 安カ川大樹(b)  
     
   ☆18日(土) 奈良「ろくさろん」  <DUO!> 安カ川大樹(b) 

     ***    
  19日(日) 白楽『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

 ☆25日(土) 川崎『ぴあにしも』 安カ川大樹(b)

 ☆26日(日)吉祥寺『Sometime』 <QUARTET!>Andy Bevan(s.s)、小美濃悠太(b)、橋本学(ds) 

 ☆30日(木) 両国『門天ホール』<くりくら 2台ピアノ大作戦> with 黒田京子

  31日(金) 川崎 『ぴあにしも』  小泉実意子(vo)


≪2018年7月≫

 ☆1日(日) 白楽『ブルースエット』<DUO!>安カ川大樹(b)

 ☆7日(土) 成城学園『カフェ ブールマン』<DUO!> 市野元彦(g)

  8日(日) 新子安『しぇりる』 石川真奈美(vo)

  11日(水) 大塚『Greco』 鈴木典子(vo)、後藤まさる(perc) 

  13日(金) 三鷹『ウナマス』 澄純子(vo)

  22日(日) 調布『aona』  SOLO

  23日(月) 学芸大学 『A-Train』  さがゆき(vo)

  28日(土) 川崎『ぴあにしも』 さがゆき(vo)
 
 ☆29日(日) 成城学園『カフェ ブールマン』<TRIO!> 小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

≪2018年6月≫

  3日(日)川崎 『ぴあにしも』清水翠(vo)

☆9日(土)市川『Cool JoJo』 <DUO!>廣木光一(g)

 ☆10日(日)調布 『aona』 吉見征樹(tabla)

  16日(土 ) 大塚『Greco』  鈴木典子(vo)

 ☆17日 川崎『ぴあにしも』 安カ川大樹(b)

  20日(水)学芸大学   さがゆき(vo)

 ☆21日(木)関内『エアジン』 SOLO!

  24日(日)川崎新『ぴあにしも』 長谷川薫(vo)

  29日(金)川崎新『ぴあにしも』 小泉実意子(vo)

  30日(土)川崎新『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)

≪2018年5月≫

 ☆20日(日)  調布『aona』 SOLO!

 ☆21日(月) 柏『Nardis』安カ川大樹(b) DUO!

 26日(土)昼: 大塚音楽祭 『西巣鴨音楽堂』 15:00~ マツモニカ(ハーモニカ)                    夜: 白楽『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

 ☆27日(日) 関内『エアジン』  鈴木典子(vo)、類家心平(tp)、岡部洋一(perc)


≪2018年4月≫

 12日(木) 大塚『Greco』   鈴木典子(vo)

 14日(土) 市川『Cool JoJo』  有明のぶ子(vib)、桜井郁夫(b)
 
 20日(金) 中野『Sweet Rain』  さがゆき(vo)

☆22日(日) 調布『aona』 Andy Bevan(s・s、Didjeridoo)

 27日(金) 川崎『ぴあにしも』小泉実意子(vo)

☆30日(月・祝) 白楽『ブルースエット』 安カ川大樹(b)


≪2018年3月≫

 ☆3日(土) 川崎『ぴあにしも』安カ川大樹(b)

 ☆8日(木) 吉祥寺『Sometime』<TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

 ☆11日(日) 桜木町・日ノ出町 『野毛山 キリストの教会』』東日本大震災チャリティイベント

   16日(金) 川崎『ぴあにしも』小泉実意子(vo)

 ☆18日(日) 調布『aona』 16:00~17:15の1ステージ 

  20日(火) 中野『Sweet Rain』 清水翠(vo)

 ☆21日(水) 大塚 『Greco』 鈴木典子(vo)、後藤まさる(per)

 ☆31日(土) 成城学園『カフェ ブールマン』<TRIO!> 小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)


≪2018年2月≫

 10日(土) 白楽 『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

 12日(月) 関内 『エアジン』  鈴木典子(vo)

 17日(土) 川崎 新『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

 18日(日) 川崎 新『ぴあにしも』 長谷川薫(vo)

 25日(日) 西荻窪『遊空間ガザビー』 東日本後押しプロジェクト「西荻窪歌い隊」澄淳子


≪2018年1月≫

  ☆6日(土) 川崎『ぴあにしも』 安カ川大樹(b)

  ☆15日(月) 新横浜『エアジン』  鈴木典子(vo)、岡部洋一(per)、類家心平(tp)

   19日(金) 川崎『ぴあにしも』小泉実意子(vo) 

  ☆20日(土) 金沢文庫『三藤家・部活』 清水翠(vo)

  ☆21日(日) 調布『aona』 16:00~17:15の1ステージ  <SOLO!>

  ☆26日(金) 学芸大学『A-trane』  さがゆき(vo)

  ☆28日(日) 川崎『ぴあにしも』清水翠(vo)


≪2017年12月≫

  ☆1日(金) 中野 『Sweet Rain』 さが ゆき(vo,g)

  ☆8日(金) 白楽 『ブルースエット』 清水翠(vo)

  ☆17日(日) 調布 『aona』  鈴木典子(vo)

 23日(土) 
  ☆14時から 白楽 『ブルースエット』 安カ川大樹(b)
  ☆19時から 川崎 『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

  ☆24日(日) 日ノ出町・桜木町 『野毛山キリストの教会』 17時から 
                                  クリスマス前夜礼拝とミニコンサート 鈴木典子(vo)


≪2017年11月≫

   3日(金・祝) 川崎『ぴあにしも』 清水翠(vo)

   5日(日) 軽井沢 『大賀ホール』  清水邦子(m-sop)

 ☆7日(火) 池袋 『Apple Jump』<TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)


 10日(金) 白楽 『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

 11日(土) 川崎 『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

 12日(日) 町田 『Nicas』 桜井郁夫(b)

☆18日(土) 市川 『Cool JoJo』 <DUO!>廣木光一(g)

  ☆19日(日) 調布 『aona』 <SOLO!>

  ☆25日(土) 学芸大学 『A-Train』 さがゆき(vo)


≪2017年10月≫

   ☆7日(土) 下北沢 『レディジェーン』<デュオ!>廣木光一(g)

   ☆8日(日) 関内 『エアジン』横浜ジャズプロムナード  清水翠(vo)、岡部洋一(perc)

   ☆11日(水) 渋谷『Living Room Cafe』  Andy Bevan(s)

   ☆29日(日) 日ノ出町 『野毛山 キリストの教会』  15時から ¥3,000、学生¥2,000
                                  <武満徹をうたう> 清水邦子(m.soprano)


≪2017年9月≫

     10日(日) 川崎 新『ぴあにしも』 長谷川薫(vo)

   ☆24日(日) 調布 『aona』 <SOLO!>

     27日(水) 桜木町 『みなとみらい 小ホール』 杉山いちこ(vo) 他、クラシックの方々

   ☆30日(土) 川崎 新『ぴあにしも』<デュオ!>安カ川大樹(b)


≪2017年8月≫

    4日(金) 中野 『Sweet Rain』 さが ゆき(vo,g)

    5日(土) 桜木町・野毛 『ちぐさ』 鈴木典子(vo)

    6日(日) 川崎 新『ぴあにしも』 浜田亜東実(vo)

   11日(金・祝) 白楽 『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

   16日(水) 白楽 『ブルースエット』 清水 翠(vo)

  ☆23日(水) 吉祥寺『Sometime』 19時45分~ <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

    27日(日) 調布 『aona』  <SOLO!>


≪2017年7月≫

     1日(土) 川崎 新『ぴあにしも』  杉山いちこ(vo)

    ☆2日(日) 調布 『aona 』<SOLO!>

    ☆4日(火) 吉祥寺『Sometime』 夜の部:19時半から <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

     ☆8日(土) 関内 『エアジン』 清水翠(vo)

      11日(火) 大塚 『Greco』 鈴木典子(vo)


≪2017年6月≫

   ☆2日(金) 市川 『Cool JoJo』 <DUO!>廣木光一(g)

   ☆10日(土) 川崎 新『ぴあにしも』 <デュオ!>安カ川大樹(b)


    11日(日) 白楽 『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

    17日(土) 大塚 『Greco』 <津村和彦を偲ぶ>
                              18:00から 鈴木典子(vo)、成川修士(g)、後藤まさる(per)、他

    19日(月)  新横浜 『エアジン』  鈴木典子(vo)、岡部洋一(per)

≪2017年7月≫

     1日(土) 川崎 新『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)

    ☆2日(日) 調布 『aona』  <SOLO!>

    ☆4日(火) 吉祥寺『Sometime』 夜の部19:30から <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

    8日(土) 関内 『エアジン』 清水翠(vo)

   11日(火) 大塚 『Greco』 鈴木典子(vo)
                              
≪2017年5月≫

    6日(土) 関内 『シェリル』  清水 翠(vo)

   14日(日) 川崎 新『ぴあにしも』 長谷川 薫(vo)

   17日(水) 高田馬場 『ゲートワン』 小林直子(vo)、小杉敏(b)

   21日(日) 関内 『エアジン』  鈴木典子(vo)、後藤まさる(perc)
 
   28日(日) 調布 『aona』   鈴木典子(vo) +お楽しみのピアノデュオwith平野英子

≪2017年4月≫

   ☆1日(土) 関内 『エアジン』 清水 翠(vo)

   ☆4日(火) 中野 『Sweet Rain』 さが ゆき(vo,g)

    ☆9日(日) 調布 『aona』 鈴木典子(vo) +お楽しみのピアノデュオwith平野英子

≪2017年3月≫

    ☆4日(土) 金沢文庫 三藤家『部活!』 清水翠(vo) 

    ☆5日(日) 調布 『aona』  SOLO!+お楽しみのピアノデュオwith平野英子

    ☆11日(土) 川崎 新『ぴあにしも』 <デュオ!>安カ川大樹(b)

     12日(日) 白楽 『ブルースエット』 小泉実意子(vo)、阿部恭平(b)

     14日(火) 吉祥寺『Sometime』 Noriko Suzuki(vo)、岡部洋一(perc)

    ☆17日(金) 関内 『シェリル』  清水 翠(vo)

    ☆19日(日) 桜木町・野毛 『ちぐさ』  さがゆき(g、vo)


    21日(火)  大塚『Greco』 Noriko Suzuki(vo)、工藤精(b)、斎藤良(ds)

   ☆29日(水) 吉祥寺『Sometime』 <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

≪2017年2月≫

   18日(土) 川崎 新『ぴあにしも』杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

  ☆21日(火) 吉祥寺『Sometime』<TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)


≪2017年1月≫

    16日(月) 新横浜 『エアジン』  Noriko Suzuki(vo)、成川修士(g)、永塚博之(b)

    19日(木) 関内 『シェリル』  清水 翠(vo)

   ☆21日(土) 市川 『Cool JoJo』さがゆき(vo,g)

    ☆22日(日)  調布 『aona』 Norioko Suzuki (vo)


≪2016年12月≫

    2日(金) 川崎 『ぴあにしも』   杉山いちこ(vo)、香川裕史(b)

    3日(土) 川崎 『ぴあにしも』   小泉美意子(vo)、阿部恭平(b)
 
   ☆4日(日) 桜木町・野毛 『ちぐさ』 津村和彦(g)とDuoアルバム『Blue in Green』発売記念 16時から  Noriko Suzuki (vo)

   ☆9日(金) 川崎 『ぴあにしも』<TRIO!>藤本隆文(vib)、岩瀬立飛(ds)

   ☆15日(木) 池袋 『Apple Jump』 <DUO!> with 安カ川大樹(b)

   ☆18日(日) 調布 『aona』  with 吉見征樹 (tabla)

    20日(火) 大塚『Greco』 Noriko Suzuki(vo)、後藤まさる(per)

    22日(木) 川崎 『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)

    24日(土) 野毛山の教会 <クリスマス前夜・燈火礼拝>ミニコンサート  Noriko Suzuki(vo)

   ☆27日(火) 関内 『エアジン』 Norioko Suzuki(vo) 、前原孝紀(g)

     31日(土) 汐留 『ブルームード』 ジャムセッションのお手伝い ホスト:つづらのあつし(s)




≪2016年11月≫

    1日(火) 関内 『シェリル』  清水 翠(vo)
 
    2日(水) 川崎 『ぴあにしも』 杉山いちこ(vo)

   ☆3日(木・祝) 吉祥寺『Sometime』 <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

   ☆5日(土) 「Epilogue for the NEXT」 川崎産業振興会館 15:00~ 問い合わせ044-222-8422

   11日(金) 川崎 『ぴあにしも』 清水 翠(vo)

   12日(土) 川崎 『ぴあにしも』   長谷川 薫(vo)

   ☆24日(木) 川崎 『ぴあにしも』<DUO!>安カ川大樹(b)

   30日(水) 汐留 『ブルームード』 



≪2016年10月≫

     1日(土) 川崎 『ぴあにしも』  杉山いちこ(vo)

   ☆3日(月) 吉祥寺『Sometime』 夜の部19:30から <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

    ☆8日(土) 鎌倉 『ダフネ』
 <DUO!> 安カ川大樹(b)

    9日(日) 横浜ジャズプロムナード 『NHK-FM横浜』 12:00~13:00 清水翠(vo)

     14日(金) 川崎 『ぴあにしも』 つづらのあつし(s)、江見昌子(cl)、杉山いちこ(vo)

     20日(木) 川崎 『ぴあにしも』  杉山いちこ(vo)

     22日(土) 川崎 『ぴあにしも』  河原厚子(vo)

    ☆30日(日) 調布 『aona』<DUO!> with 続木力(ハーモニカ)


≪2016年9月≫

    ☆1日(水) 関内 『シェリル』 清水 翠(vo)

     5日(月) 新横浜 『エアジン』   Noriko Suzuki(vo)、成川修士(g)、永塚博之(b)

   ☆11日(日) 調布 『aona』<DUO!> with 吉見征樹 (tabla)

   ☆14日(水) 川崎 『ぴあにしも』<TRIO!> 小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

     15日(木) 川崎 『ぴあにしも』   さがゆき(vo)

     17日(土) 川崎 『ぴあにしも』   つづらのあつし(s)

     21日(水) 川崎 『ぴあにしも』   杉山いちこ(vo)




≪2016年 8月≫

     6日(土) 川崎 『ぴあにしも』 長谷川薫(vo)

    ☆7日(日) 市川 『Cool JoJo』 <DUO!>安カ川大樹(b)

    17日(水) 川崎 『ぴあにしも』   清水翠(vo)

    18日(木) 川崎 『ぴあにしも』   杉山いちこ(vo)

   ☆24日(木) 川崎 『ぴあにしも』<DUO!> 安カ川大樹(b)

    31日(水) 汐留 『ブルームード』 ジャムセッションのお手伝い



≪2016年 7月≫
     
   ☆10日(日) 吉祥寺『Sometime』<TRIO! 昼ライブ 14:00から>Noriko Suzuki(vo)、 山田晃路(b)

    14日(木) 川崎 『ぴあにしも』   杉山いちこ(vo)

   ☆22日(金) 関内 『シェリル』清水 翠(vo) 

    28日(木) 川崎 『ぴあにしも』  つづらのあつし(s)、Chia(vo)

    30日(土) 川崎 『ぴあにしも』   小泉美意子(vo)

   ☆31日(日) 調布 『aona』<DUO!> with Andy Bevan (s・s、Didjeridoo)

    『辛島文雄トリオ+五十嵐一生』 闘病中の辛島さんの、サポートとして参加します。
       5日(火) 六本木 『Alfee』
      27日(水) 蕨 『アワディライト』
      29日(金) 茅ヶ崎 『ジャム・イン・ザ・ボックス』



≪2016年 6月≫

     7日(火) 大塚 『Greco』    さがゆき(vo,g)、小森慶子(cl)

     9日(木) 川崎 『ぴあにしも』   西川珠香子(vo)

    16日(木) 川崎 『ぴあにしも』   杉山いちこ(vo)、永塚博之(b)

    17日(土) 大塚 『Greco』 〈津村和彦を偲んで〉Noriko Suzuki(vo)、岡部洋一(perc)、他

    21日(火) 川崎 『ぴあにしも』  河原厚子(vo)

    23日(木) 川崎 『ぴあにしも』   さが ゆき(vo、g)

  ☆28日(火) 吉祥寺『Sometime』 夜の部19:30から <TRIO!>小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

    30日(木) 桜木町 『アルチスタ』 江見昌子(cl)、つづらのあつし(s)



≪2016年5月≫

     3日(水) 関内 『エアジン』 なんでも音楽祭「うた祭」 Noriko Suzuki(vo)、永塚博之(b)、岡部洋一(perc)

     7日(土) 川崎 『ぴあにしも』 つづらのあつし(s)、加瀬達(b)

     8日(日) 池袋 『Apple Jump』  土屋絢子(vo)、安カ川大樹(b)、池長一美(ds)

    12日(金) 水道橋 『東京倶楽部』  浜田亜東実(vo)

  ☆19日(木) 『ぴあにしも』<DUO!>安カ川大樹(b)

  ☆21日(土) 蒲田 『Bar Time』 <TRIO!> 小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)

言葉のコミュニケーションと、音楽のコミュニケーション

長年生きてきて、音楽をやり続けてきて、本当によかったと思うことの一つに、言葉を超えた信頼関係を築くことができることだ。

ポーンと音を出したら、それを感じて瞬間的に、共演者は次の音を決める、というより、次に来るべき音・次に来ることになっている音を感じ、瞬間的に発音する決断をし、発音する(しているのであろう。反射的だから意識は介入しない)
それを受けまた、共演者は同じように音を発する。

時には、期せずして、お互いに同じ波に乗り、思いがけなく完璧に同期する。

或いは、共演者の描くラインに反発した線を描いたり、和音(色彩)を奏でてみたりする。その時にも邪魔しようというくだらない意識など皆無で、これにこれが出会った時の美しさ、を思い描いてのことだ。

そこには、信頼関係が無くては成り立たない。
その一番初め、試み、それができると確信できたときに、信頼関係が生まれる。
それが継続されるとき、信頼関係は続き、ともにとても大切な存在となる。

言葉の関係では、特に面と向かわない時、言葉を伝えるむつかしさに直面する。
今事実、私もこうやって、確信をもって言葉を書いている。
そうでないと発することは出来ない。
それが、誤解や確執を生むときは、ちょっとした自己保身の気持ちが働いて、何かわからないもののために自己防衛をする時だ。信頼関係は崩れてしまう。
言葉足らずであったり思い込みであったり、という取るに足りないことであるかもしれないのに。
面と向かって声を聞いたら、言葉以上のニュアンスが伝わるかもしれないのに。

音楽では、そういう誤解は生まれない。
その瞬間、わかってしまうからだ。明らかになるからだ。


0

トリオ、素晴らしかった!2019年6月23日昼サムタイム

2019年6月23日(日) 吉祥寺サムタイム・昼の部

<TRIO>
☆ 小美濃悠太 ・・Bass
☆ 岩瀬立飛 ・・・・Drums
☆ 高田ひろ子 ・・・Piano

1st
・赤紫陽花
・Quiet Now (Zeitlin)
・未題(クンデラの新曲)
・Es muss zein
・Kaori

2nd
・桜散る
・Blue Or Red
・青紫陽花
・祈り
・遠い道のり
アンコール
・You are there (Mandel)

2曲以外すべて私のオリジナル
  ・
  ・
  ・

いやー、素晴らしかった。

もう5年ほどになるかなあ、このトリオ。
いつも素晴らしいのだが、今回も、また一段と自由度・美しさが際立った演奏だった。

結成時、もちろん最初は探り探り。
しかし、半端ない自由度で音楽を作っていく、期せずしてそういうムードであった。
そして、これからとんでもないことになっていくかも、という可能性を感じた。小美濃君は20代だったか?まだ初々しかった。

立飛氏の神がかった強力なリズムにのって、ぐいぐい進んでいくこともあり、また、リズムがあるような無いような、伸び縮みするスリリングな展開になることもあり。またバラードは、静かに透明で、どこまでも美しい。

すごい集中力で、作り上げていく感じ。

そんな感じで続けてきたトリオ、今回は、特に、小美濃選手、抜群によかったですなあ。

「Quiet Now」は私の大好きなDenny Zeitlinの作品。エバンスも取り上げている。偶然にも小美濃君も好きで、小美濃フィーチャーで、時々演奏しているが、今回、とても自由でかつ深く歌っていて、思わずサビ部分から一緒に遊んでしまった。
立飛氏も絶賛の素晴らしいQuiet Now でした。

続いて、ミラン・クンデラ・ユニットに書いた曲・2曲で、昼間にもかかわらず、ぐーーっと濃く深く遊泳。
息継ぎして、「Kaori」でハッピーに終わる。立飛氏が一緒にテーマを歌ってくれるのが、とてもうれしい。

休憩後、この春、できなかった「桜散る」。
お二人とも忙しすぎて、ブッキングがままならないから。
やっぱりこのトリオでやりたいので、6月ですが、散る。
ぐおー、と美しくも狂気が隠れている感じが素晴らしいわ。

何度やったかわからない「青紫陽花」。今回のは何⁉
つぶつぶが集まった、立体的な点描画のような青いあじさいになった。
これだから止められない!何が起こるかわからない。
「しょっちゅう同じ曲でごめん」と私の作曲のスローペースを謝るも、小美濃君は「毎回ぜんっぜん違うから!」と有難いお言葉!
確かに、そのとおりになりました。

小3か4の時、息子が「遠いみちのりって感じだね」と生意気な感想を述べた、アンタイトルだったこの曲。以来「遠い道程」とタイトルもらって演奏しています。
これも、不思議な自由度のある曲で、このトリオで何度やったかわからない。
しかし、今回も秀逸!
メロディの生まれるままに作ったので、小節数がイレギュラーでとても長く、雰囲気も途中で変わるちょっと特殊な曲。だけど、ドラムソロはその曲の進行内でやってもらう。お話を聞いているような立飛氏のドラムソロ。

アンコールには歌手の長谷川薫ちゃんに教えてもらった、JohnnyMandelのスタンダードナンバー。
懐かしいような美しいメロディで、ほっとして、今回のライブ終了!

ほんとに素晴らしかったわー。

自分が書いた曲を、素晴らしいミュージシャンが全霊をかけて、いい音楽にするべくエネルギーを傾けてくれる。
なんという幸せ!
それをまた、自分の喜びとして聴き、受け止めてくれる聴衆に囲まれる幸せ!

メンバー忙しすぎで半年一回かー!というこのトリオ、なんと!7月は、21日(日)成城学園『カフェブールマン』にて15時から、そして23日(火)は吉祥寺『サムタイム』19時半から、一日置いての連続でライブがあります。
違う曲でやってみよう、と思っています。

是非、ご一緒に!

音楽の良さを「判る」と「判らない」の悲劇的な壁

音楽は人の心を震わせる。
ソクラテスの言うように、音楽は、その人格に根本的に係るほどの意味を持つ。
震えた心は、余計な考えを振り落とす。
震えることで、精神を整える。

これが音楽の素晴らしいところだと思う。

その音楽を作る側・・
当然だが、聴く人の心を震わせる音を奏でる。
そうでなければ、ならない。
その覚悟で1音1音置いていく。

音を発する者がいて、受け取るものがいる。
その音自体を発する者の責任は重い。

だがしかし、その音が心を震わせているのか、ということについて・・どれだけの人が感じているだろうか。
演奏する方も、聴く方も。
どちらも相当に集中し、同時にリラックスしなくてはならない。先入観などもってのほかだ。
集中力なんていらない、楽しければいいのだ、という演奏家と聴衆は、本当の音楽の楽しさ、喜びを逃すことになる。残念だが。

幸いなことに私は心震わせるミュージシャンと共演している。
2015年に亡くなってしまったギターの津村和彦さんは、その筆頭だ。
津村さんがその音楽に参加し音を発することで、音楽全体が息づき、体温を持ち、心が震える音楽になる。
その音楽の種類は問わない。津村さんの発する音がひとつひとつが、いつも必ず生きているから。

心震える音楽はジャンルを超える。

私には、とても大きく大切な音楽家であった。

だが、それを感じられない人がいるのだという事実に、つい最近ぶち当たった。
みんな、必ず何かしら感じているのだと思っていた。
とびきり良いものを良いと感じられない人がいるのだ。

うそでしょ?

また、逆に、涙なしで聴けないほど感動して聴いてくれる人もいる。

その壁は悲劇的だ。

その壁は、なんなんだろう。
芸術的な環境で育ったとか、本をたくさん読んだとか?
その人の経験によるもの?
感動の数?
個性ともいえるが、その人の資質?

私は、心が開いているかどうか・・
だと思う。

ちょっと悲劇的。
音楽の喜びをかんじられないのかー、って。

全豪で優勝したナオミの「嫌なことやってる暇はない」ということば、素敵だ。








ネオ・マスカットが好き

ネオ・マスカットが、とてもおいしい。

『果物ナビ』というウェブサイトによると・・・
・・・「ネオ・マスカット」は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」と「甲州三尺」の掛け合わせから誕生した品種です。岡山県の広田氏が育成し、1932年(昭和7年)に発表されました。

とのこと。
昭和7年!
子どものころ、マスカットと言えばきっとこの品種だったわけだ。
しかし懐かしさだけではない。

皮の下の一番おいしいところを実に残し、薄い皮がぴーるとむける。
だからだろうか、口に入れた時、マスカットの上品で豊かな香りが広がり、そのまますべてを口の中で感じることができる。

なんの時間を惜しむのか、皮ごと食べられる品種ばかりになっているが、皮がおいしいわけではない。
触感の違いに興ざめる。
触感と苦みに気を取られ、香りに集中できない。
ほんとに、これを旨い!というのか?! と思う。

ネオマスカットには種がある。
なので、種を外して食べるべく、少しずつ実をかじることになる。

実に上品な食べ物だと思う。
香りも、味も、姿も、種も。

しかし、ひと房300円くらいで売っていたりする。
または、「今は買う人がいないのです」 と取り扱ってさえいない。

なんだかなあ。

日本人は繊細さを捨てて行っているのかなあ。

自分の舌の価値観を持たずに、「新しい」とか「食べやすい」に流れるのかなあ。
 ・
 ・
味覚は、五感の一つ。
ほかの4つと関係ないわけではないと思う。

発展して、どうも、社会的バランス感覚とも無関係と思えない。

おいしいものはおいしいと言いたい。ずっと未来永劫、子どもたちにそのおいしさを引き継いでほしい。

同じように、良いものは良いと言いたい。

感覚と思索― 感じることと考えること― 同じだと思う。

ライブのレヴュー2つ とてもうれしい!SweetRainでさがゆきさんとデュオ

2018年4月20日の中野『Sweet Rain』での、さがゆきさん(vocal)とのライブに、2つのとてもうれしい感想文をいただきました!
マスター(パパと、ゆきさんは呼んでいる) 高橋秀綱さん と 放送研究家の川崎隆章さんの文章。

とってもうれしい。
ほめてもらうのはとても励みになるので、いつでも読めるように、ここに転載させていただきます。

まずは

高橋秀綱さん
・・・・・昨夜のSweetRain、いつものように「なにやろうかな?・・・・これにしよう!やったことないけど」などと二人で話しながら演奏が始まる。高田さんがこの世のものとは思えない美しいハーモニーを出すと、さがさんの歌が、絶妙なタイミングで入ってくる。そして、さがさんの歌声を聴きながら、高田さんがさがさんの心を受け継ぐようなメロディーやハーモニーを紡ぎ出す。
インタープレイというよりも、2人の心が共振して、心と心が反応しあっているような演奏。
そこにあるのは、互いの音に反応しあっての対決的なインタープレイではなく、愛に包まれた心と心の一体化だと感じる。
そして、この夜限りの美しい音楽が生まれる。
そう、二度と再現することができない音楽が。
そこは、一瞬の音に懸けるひりひりした緊張感溢れるステージのはずだが、そんなものは感じない。
多分、2人の信頼と愛に包まれているからだろう。
それにしても、高田さんのピアノの音色は美しく、ハーモニーは奥深い。高田さんも、渋谷毅さんと同じ種類の魔法を使う人だと感じた。
さがさんの歌は、何回聴いても、毎回毎回、新しい発見がある。どこまで奥深いのだろう。恐ろしいほどの奥深さだ。
Like someone in loveでのさがさん独特のスキャット、Every time we say goodbyeでの深く説得力のある歌唱、素晴らしかった!
また聴きたいライブが増えてしまった。



おお。『心が共振して、心と心が反応し合っているような演奏』―、まさにそのとおりであります!
共演の理想的なやり方と思います。

そして『二人の信頼と愛に包まれているから』―、これも、そのとおり!でもこれは、実は二人だけではないのです。実際にはその場に一緒にいる人たちの信頼と愛にも、大きく影響をうけているのです。

『さがさんの奥深さ』・・・私も毎回、驚きながら共演しています。
私の出した音に間髪置かず、すっと沿ってくる。その瞬発力!
時に同系色で時に差し色で。それがなんとも心地よい。
確かな歌唱力と耳に基づいているので、ふわっとした流れるようなフレーズでもはっきりと伝わってきます。

毎日、様々な選りすぐりのライブを聴いていらっしゃる方の言葉は、本当にうれしい!!
 ・
 ・
 ・

続いて・・
川崎隆章さん

・・・・・昨夜は中野スイートレインで『高田ひろ子・さがゆき』というライブを聴いてきた。あまりに良かったので備忘録がわりに記します。

高田さんのピアノは私の耳で聞く限り3つの特徴を感じます。

1)分厚い和音を、さらにどんどん重ねてくるのに、全く重たくならない。編曲の妙だけ、弾き方の妙だけとは思えない…

2)ソロやメロディの流麗さは、品のいい大阪弁みたいに、音の粒が立っていて、フレーズはリエゾンしている…

3)音と音の間の情報量が圧倒的に多い。まるで一音一音が囲碁将棋の一手一手みたい。

1についていえば、これはどれだけ和声を研究し、実験と実践を重ねたかの一言に尽きるわけですが、実際、複雑な和音を用いた編曲を経験した者としての経験でいえば『何を断捨離したらいいか、分かるまでが長い』のがコレで、例えばボサノバをブラスバンド用にアレンジするくらい難しいわけです(笑)。どこをどう引き算すれば、高田さんのような淡くて奥深い音のクラスターが(そう、ウォーターマン社のインクみたいな!)できるのか、見当がつかないのです。深海の水流のような大きなたゆたい…

2についていえば、これは品のいい大阪弁に敏感な人ならわかりますが、うるさくない饒舌さのコツ。一言一言は粒だっているのに、話の流れが前後でリエゾンしているので優しくて知的。躍動感と滑らかさが共存してるんですナ。

3についていえば、高田さんは一音を出す時、次の『一手』を選ぶのに何千、何万という選択肢から選んでいるように思えます。まるで天才棋士のよう。西洋音楽の場合、普通は最低2音並ばないと判断も選択もできないのですが、高田さんは1音だけで斬りこめる。これはいったいどんな頭の中なのか、全く見当がつきません。

3つあわせて考えれば『フランス印象派とオランダ野獣派が重なったような世界』。あるいは、光に包まれたモネの世界に素朴な野生の動物が存在しているような、そんな世界。あー、うまく言えない。

さがゆきさんとの相性がいいのは当然の事。さがさんも天才棋士みたいに鋭い先読みの気質があるし、付かず離れずの軽さを操れるし、土着的な重さを光に置き換えることができる。あとは皆さんご存知の彼女の特徴で、それが高田さんとあわないわけがないのです。

貴重なデュオです。これは、今見ておかなければ生涯の失いものになります。得るもの多し。とくに、音楽に対してさらに造詣を深めたい人は聞くべきです。楽典や楽理がわかる人なら涙がでるほど、その『巧みな絡み合い』が見えてくるでしょう!




川崎さんは、「放送研究家」という肩書だが、落語、美術、音楽にもとてつもなく造詣が深く、しかも、絶対音感ももっていらっしゃるという、とても実はおっとろしい存在。
いつも、存分に楽しんで聴いてくださるが、こうほめてもらうと・・本当にうれしい!

1)について
ピアノは押せば鳴ってしまうのし、一度にたくさんの音を出すことができるし、息継ぎなしで弾くことが可能です。だから余計な音を出さない、ということは常に大きな課題です。
『深海の水流のような大きなたゆたい』のようなイメージをしていること、多いです。

2)について
大阪弁のイントネーションの幅は広い。それをしゃべっている人間にも少なからず影響があるような気がする。
川崎さんは箕面の出身、私はその隣の池田。同じ空気といってもよい。「池田の猪飼い」という落語があるくらいだから、その昔は五月山の麓の田舎なわけ。関西の中ではのんびりしていると思う、空気も人も。
『躍動感と滑らかさ』・・・なるほどー。めちゃうれしい。

3)について
『一音だけで切り込む』・・フォービズム 確かに・・野性的だといわれることはよくあります。
そして形より印象を描きたい・・・そのとおり!
パウル・クレーがどうしても好きなのも、こういうことだったのか・・

さがさんには『先読みの気質』『軽さを操る力』なる特殊能力が、確かにあります。
『土着的な重さを光に置き換える』・・・おもしろい表現ですね。ひとつひとつの音に、根源的な、エネルギーを見出す、という感じかな?

そして、やっぱり『信頼と愛』 これがあるからですわ。


高橋さん、川崎さん、Sweet Rain、そしてゆきさんに、感謝します。

中村哲さん 「天、共に在り」 終章ー日本の人々へ より

尊敬する中村哲さん。

「アフガニスタン30年の闘い」という副題のこの本。
外国の勝手な介入でめちゃめちゃにされたアフガニスタン。
そこに住む人々が生きていけるように、クネール川から何キロにも及ぶ用水路を引き、真茶色で命を感じさせない砂漠を、緑の畑に変貌させている。

ただの緑化ではない。
水があり、畑で作物を作ることができれば、農民であったのに兵士にならざるを得なかった人々が、健康で平和に生きていくことができる。

中村哲さんは、お医者さん。
ハンセン病の治療のためアフガニスタンを訪れた。
しかし、子どもたちがどんどん死んでいく現実。きれいな水さえあれば救える命がたくさんある、ならば井戸が必要、となったら即、井戸を掘ることを始める。

大干ばつにより、畑を耕せなくなった農民たちが、身内を理不尽な空爆などで殺されたくやしさを背負い、兵士になっていく。
その負の連鎖を断ち切るべく、大干ばつの時でも農耕できるように、灌漑事業を、お医者さんなのに、勉強し自らシャベルカーを操作し、成し遂げている。

本当に、頭が下がる。

その最終章、この日本について書かれている。
たくさんの人に読んでほしい。
経済成長がすべてに優先したり、不安をあおり戦争できるような国にすることが、本当に人々を幸せにするのか。
現政権を選んでいる人、一人一人に。

中村哲さん、ノーベル平和賞を取るべき人だ。


*****

 P239
・・・・奇しくも2011年3月11日の東日本大震災の報は、大洪水の後始末で河川工事の最中に届けられた。自然の猛威は多くの犠牲者を出し、原子力の恐怖を再び思い起こさせた。大きな転機が日本自身に訪れたと思われた。しかし、その後のいきさつはあまりに気落ちさせるものであった。置き去りにされたのはアフガニスタンだけではないと思った。
  世の流れは相変わらず「経済成長」を語り、それが唯一の解決法であるかのような錯覚を刷り込み続けている。経済力さえつけば被災者が救われ、それを守るため国是たる平和の理想も見直すのだという。これは戦を図上でしか知らぬ者の危険な空想だ。戦はゲームではない。アフガニスタンの体験から、自信をもって証言しよう。
 
  物騒な電力に頼り、不安と動揺が行きかう日本の世情を思うとき、他人事とは思えない。だが、暴力と虚偽で目先の利を守る時代は自滅しようとしている。今ほど切実に自然と人間との関係が根底から問い直されたときはなかった。決して希望なき時代ではない。大地を離れた人為の業に欺かれず、与えられた恵みを見出す努力が必要な時なのだ。それは、生存をかけた無限のフロンティアでもある。


 p243
・・・・・「戦争と平和」は、若い時から私にとって身近な問題であった。福岡大空襲による父方親族の壊滅、戦争作家と呼ばれることを嫌った叔父・火野葦平の自決、大学時代の米原子力空母寄港 ― 常に米軍が影のようにつきまとっていた。まさか、アフガニスタンまで追いかけてこようとは、夢にも思っていなかった。
  今きな臭い世界情勢、一見勇ましい論調が横行し、軍事講師をも容認しかねない風潮を眺めるにつけ、言葉を失う。平和を願う声もかすれがちである。

  しかし、アフガニスタンの実体験において、確信できることがある。武力によってこの身が守られたことはなかった。防備は必ずしも武器によらない。
  1992年、ダラエヌール診療所が襲撃されたとき、「死んでも打ち返すな」と、報復の応戦を引き留めたことで信頼の絆を得、後々まで事業を守った。戦場に身をさらした兵士なら、発砲しない方が勇気のいることを知っている。

  そして、「信頼」は一朝にして築かれるものではない。利害を超え、忍耐を重ね、裏切られても裏切り返さない誠実さことが、人々の心に触れる。それは武力以上に強固な安全を提供してくれ、人々を動かすことができる。私たちにとって、平和とは理念ではなく現実の力なのだ。私たちは、いとも安易に戦争と平和を語りすぎる。武力行使によって守られるものとは何か、そして本当に守るべきものとは何か、静かに思いをいたすべきかと思われる。


 p245
・・・・・今、周囲を見渡せば、手軽に不安を忘れさせる享楽の手段や、大小の「権威ある声」に事欠かない。私たちは過去、易々とその餌食になってきたのである。このことは洋の東西変わらない。一見勇ましい「戦争も辞さず」という論調や、国際社会の暴力化も、その一つである。経済的利権を求めて和を損ない、「非民主的で遅れた国家」や寸土の領有に目を吊り上げ、不況を回復すれば幸せが訪れると信ずるのは愚かだ。人の幸せは別の次元にある。

  人間にとって本当に必要なものは、そう多くはない。何が真実で何が不要なのか、何が人として最低限共有できるものなのか、目を凝らして見つめ、健全な感性で自然との関係を回復することである。

  いたずらに時流に流されて大切なものも見失い、進歩という名の呪文に束縛され、生命を粗末にしてはならない。今、大人たちが唱える「改革」や「進歩」の実態は、宙に縄をかけてそれをよじ登ろうとする魔術師に似ている。騙されてはいけない。

*****

できることなら、哲さんのように生きたいと思う。
しかし頭脳も力もない。
できるのは音楽。はがゆい



ペシャワール会の会員になり、中村さんの活動の応援をすることもできる。

語録 心に響く言葉を書き留めておきたい

ここには、なるべくたくさんの人の心に響く、響いてほしいと思った言葉を書く。

世の中には、いい事を言う人はたくさんいるのだけど、そういう意見が大多数にならないなんて、変。

池田晶子さんは言う。
 ・・・『理想を失うことなく持ち続けているというそのことだけで、それは十分に現実的な力として、この世界の根底で確実に働き続けているんだ』

加筆したり或いは時間の流れで変化し意味を失ったものは取り除く。
最上段に新しく加えたものを置くことにする。


******

浜 矩子(はまのりこ)さん/経済学者 『ビッグイシューNn318.創刊14周年記念インタビュー』 結びの言葉                                                ・・2017年9月追記

「経済とは何か」との質問に浜さんが、「愛です」ときっぱり答えていたのを聞いて以来、気になる人だ。
ビッグイシューにはコラムを連載していて、毎号楽しみにしている。
318号ではスペシャルインタヴュー。
その結びの言葉にめちゃ、納得。

 
  ・・・浜 『国家という装置の最終的役割は弱者救済です。弱者救済のための公助ですね。
    自助できない人たちの生きる権利、人の生存権を保証すること。
    国家という機関は、それができてこそ存在することが許される。そういうことだと思います。


国家のために市民が生きているのではないことは、確かだ。。



絵本・アニメ 『戦争の作り方』  /りぼん・ぷろじぇくと              2016年11月23日追記

2004年にマガジンハウスから出版されたこの絵本。
現在、このストーリーの危惧する通りに、現実に戦争をする国になりつつある。
しかし、いま日本を動かしている政治家を選んでしまったのも国民。
政治に興味なくてあるいは、自分一人が投票しても大差ないと選挙に行っていない人、テレビが良いと言うからと選ぶ人、などが近くに居たら、是非、このアニメーション、見てもらってください。
ひとりひとりが考えるしかないのだ。

世武裕子(Sebu Hiroko)さんの音楽もとてもいい。

http://noddin.jp/war/



キース・ジャレット 武満徹との対談から/1984年                      2016年9月22日追記

・・・(キース)『わたしは自分で即興をするときに、自分ではリスニングと呼んでいます。
        最初の音を聴けば、次の音がわかる。
        でも最初の音を聴かないと、次の音は創作しなくてはならないんです』

・・・(武満)『僕も、作曲するのではなく、リスニング=聴くということだと思います。
       作曲家は最初の聴衆です』


パウロ・コエーリヨ 『星の巡礼』より                 2016年8月8日追記

・・・か弱き生き物である人間は、常に自分たちが確実に死ぬということを自分に隠そうとしている。
  人生で最も素晴らしいことをしようと彼らに思わせるものは、死そのものであることを、人は誰も見ようとしない。
  彼らは暗闇に足を踏み入れるのを恐れ、未知を恐れている。
  そしてその恐怖を克服する唯一の方法は、自分の人生が限られているという事実を無視することなのだ。

  死を意識してこそ、もっと勇気を持つことができ、日々、さらに多くのものを得ることができるということを、彼らは分かっていないのだ。
  なぜなら、死を意識した時、何も失うものはなくなるからだ。死は避けられないのだから。



パウロ・コエーリヨ 『星の巡礼』より                 2016年7月29日追記

・・・人生は素晴らしくて豊かなものだと教えようとすると、呪いに取りつかれそれに慣れきってしまってごくわずかで    満足することを学んできた人たちは、その考えを拒否する。
  そんな考え方は悪魔のものだと思っているのだ。

  打ち負かされるのが怖くて、人々は人生に多くを望みたくないのだ。

  しかし、もし良き戦いを戦いたいと思ったら、世界を、見つけ出され勝ち取られるのを待っている素晴らしい宝のよ    うなものだと、考えることが必要なのだ。



中村 哲さん(アフガニスタンで働く医師) 著書『医者、用水路を拓く』 前書きより

このコラムのはじまりの、書き留めておきたい言葉、第一弾。
集団的自衛権を大多数の国民の意思に背きごり押ししてしまった政権、実際にフランスなどで起こる報復テロ、その報復にまた簡単に空爆をするフランスなどの国
平和憲法を持ちながら、日本も全く他人ごとではなくなってしまったこの時代に、もう一度一番上に持ってきます。


 ・・・飢餓と洪水を前に医療人はあまりに無力で、辛い思いをする。
   清潔な飲料水と十分な農業生産があれば、病の多くは防ぎ得るものであった。

   私たちは「百の診療所より1本の用水路」を合言葉に体当たりで実事業に邁進してきた。
   この用水路建設事業によって、自然と人間、人間と人間の関係について、より深く気づくものがあったと感じている。
   
   平和とは決して人間同士だけの問題でなく、自然との関わり方に深く依拠している事は確かである。

 ・・・内外がきな臭い風潮となり、人為の驕慢と錯覚に報いるかのごとく天変地異が世界で頻発する。
   呑気に「人類の進歩発展」を謳歌する時代は終わった。
   
   アフガニスタンでの体験は、この印象を強烈に裏付ける。
   
   いったい私たちはどこに向かおうとしているのか、どうすればよいのか。誰も確たる答えを主張できないまま、流されていく。
   だが他方、時流から距離を置き、より良い世界を真剣に模索する心ある人々も、あらゆる分野にいる。

 私たちが持たなくてもよいものは何か、人として最後まで失ってならぬものは何か、
   私たちのささやかな実践が、それに思いをいたす機縁となれば、苦労も報われると思っている。

  武力とカネが人間を支配する時代にあって、私たちの軌跡そのものが、平和を求める人々に勇気と慰めをあたえられればこれに過ぎる喜びはない。



池田晶子さん(哲学者) <14歳からの哲学 「戦争」の章より 2003年発行> ・・・2015年11月25日追記

このブログの石田雄さん『戦争に向かった 戦前と似ている』のところでも、引用したが、ここにも、もう一度まとめの部分だけ。


・・・「戦争している国同士は、必ず、自分たちの国が正義で、相手の国が不正なのだと思っている。
   しかし、国なんて存在しないもの、頭の中にしかない作り事の、正・不正をどうやって判断する?
   人間にできるのは、現実に存在する個人が、その置かれた現実の中で、いかに正しく行為できるか、それだけなんだ

・・・「戦争に反対すると口でいうのは簡単だ。戦争に加担するのも。
   難しいのは、そもそも戦争とは何なのか、なぜ戦争するのかということについて考えることだ



パウロ・コエーリョ <『アルケミスト』より>              ・・・・2014・10・7追記 
未だ続けている小学校での読み聞かせにも使っているので、再三読み返している。私にとってとても大事な本になった。読み返すたびに、ちょっとした言葉に納得し、付箋が増えていく。
ここでもまた、紹介してみる。

 ・・・錬金術師になるために旅をしているイギリス人の言葉
    「君が何かを全身全霊で欲したとき、君は『大いなる魂』と最も近い場所にいる。
     それはいつも前向きな力として働くのだ。
     これは人間だけに限られた贈り物ではない。それが鉱物であろうと、植物であろうと、動物であろうと、単なる思いであろうと、地上にあるすべての物は魂を持っている。

     地球上にあるすべての物は常に形を変えている。
     なぜなら地球は生きているからだ・・・そして地球には魂があるからだ。
     私たちはその魂の一部なので、地球の魂が私たちのために働いていることを、ほとんど認識していない。

 ・・・クリスタル商人の言葉
    「お前にとって、クリスタルをみがくことは、否定的な考えから自分を自由にすることなのだよ」

 ・・・太陽と少年の会話の中で、少年の言葉
    「私たちが今の自分より良いものになろうと努力すれば、自分のまわりのすべてのものも良くなるという事を、彼ら(錬金術師)は教えているのです」



* 宮崎駿さん 引退の記者会見から                               ・・・2013/9/7追記
 ・・・「『この世は生きるに値するということを、子供たちに伝えたかった」



パウロ・コエーリョ <『第5の山』より>                 ・・・2013/8/11追記 
 ・・・アクバルという都市の知事の言葉
    「多くの世代にわたって、人間は(政治家は)自分の意思の力によって、押し付けようとした。
     彼らは自分の望みを語りはしたが、人々が何を考えているのか、気にも留めなかった。
     そしてこうした帝国はすべて、滅亡した。
     いかに人の話を聞くかを学んだがゆえに、われわれの民は成長した。
    つまり、他の人々がなにを望んでいるかに耳を澄ませて、
    彼を満足させるためにできることを、なんでも行うのだ
    その結果が、利潤なのだ」


 ・・・少年エリア「もっともすぐれた戦士は、敵を友人に変える者です


パウロ・コエーリョ <『アルケミスト』より>               ・・・・2013/8/5 追記
 ・・・「お前がだれであろうと、何をしていようと、お前が何かを本当にやりたいと思う時は、その望みは宇宙の魂から生まれたからなのだ。それが地球におけるお前の使命なのだよ
   
   「お前が何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ



Keith Jarrett <Inner Views Chapter5より>
 〈たかだ〉私はいつも耳栓を持ち歩いている。訴えても訴えても、色んなところの雑音は低くならないからだ。
 耐えられない。
 東北の地震のあと、唯一『静けさ』だけは素晴らしかった。皆が静寂の中で物を考えているのがわかった。
 日本人市民の思考の浅さの原因はこれではないかと、常々思ってきた。経済至上主義のアメリカでさえ日本よりは騒がしくないと訪れたひとはいう。
 BGMに重ねてスーパーのあちこちにあるラジカセや、繰り返しメッセージを垂れ流す小さい画面からの大音量。それが購買意欲に結びつくという発想が正気の沙汰でない。日本人を壊していくだけだ。
 

 ・・・「どこかに買いものに行った時、BGMでひどい音楽が流れていたので、店員に『よく一日中我慢できますね』と聞いた。その店員は『聞いていませんから』   
 ひとつの感覚を閉ざして、残るほかの感覚を完全に正常な状態に保つなんて事はできない。君が意識的にひとつの感覚を取り除いたら、君が考えている以上にもっと他にも多くのものを失っているはずだ。なぜなら、聴覚は単に聞くことだけじゃなくて、体全体の構造の一部だからだ」



池田晶子さん(哲学者) <14歳からの哲学 「理想と現実」の章より 2003年発行>  ・・・2013年1月8日追加
  (たかだ)池田晶子さんの文章にはいつも、『なるべくたくさんの人が幸せに生きて欲しい、そのためにどうしても本当の事を伝えたい』という強い理想を感じ、共感し、感動する。

・・・「見える現実には、戦争や不平等がたくさんある。理想を持つ君は、それを変えたいと思い、理想の社会の実現を目指して、ボランティアをしたり、人々に訴えたりという実際の行動を取るかもしれない。そして、自分の力がとても及ばない事を思い知り、ああやはり現実というのはこういうものなんだと、挫折感を抱くかもしれない。
  でも、決してそんなことはないんだ。理想と現実とは別物ではないのだから、(注:「こうしたい」という理想が無ければ人は何一つ行動する事は出来ない」という、それまでの流れから) 君が理想を持っている、それを失うことなく持ち続けているというそのことだけで、それは十分に現実的な力として、この世界の根底で確実に働き続けているんだ。
  むろんすぐになんか実現しないさ。だって、世界にはこれだけの人々が居るんだもの。でも、君が理想を失わないのであれば、いつかは必ず実現するんだ。
 「いつか」って、いつなのか。そんな事を知る必要はないと。正しい仕方で理想を持っている君なら分かるはずだ。



Albert Einstain                            ・・・・2013年1月4日追加
・・・「教師の最大の任務は、想像と知識とへのよろこびを、目覚めさせる事である。」



ゲーテ <若きウェルテルの悩み第一部より>           ・・・2013年1月4日追加 
・・・「悪だくみや悪意なんかよりも、誤解や怠惰のほうが、よっぽどいざこざの基になるんだね。少なくとも、前の二つのほうがたしかに珍しいんだ。」                                



新井紀子さん(数学者) <12/26毎日新聞幸福論より>    ・・・2012年12月27日追加
  記者・井田純さんによるインタヴュー

 ―今年公表された日本数学学界の「大学生数学基本調査」では、<平均>の意味を理解していない学生が多い事などがわかりました。
・・・「平均を求めなさい、と言われれば大半の学生が出来ます。ところが、それによって何が分かるのかを理解していない。或いは、偶数に奇数を足すと奇数になる、という事は分かっていてもそれがなぜかを説明できない。
   『わかる』と『できる』との違いは人工頭脳を研究している私にとっての主要テーマです。『わかってはいないけど、とりあえずできる』ような能力は、いずれコンピューターに取って代わられてしまう

 ―社会に大きな影響がありそうですね
・・・「ある意味で、民主主義が成り立たなくなるのではという危機感さえあります。民主主義というのは、皆が感情にまかせるのではなく、論理的に考えて議論できるということが前提のシステム。様々な可能性について論理的に考えて、<まし>な選択肢を選び取る能力が失われた時に民主主義が成立するのか、とても心配です

 ―民主主義にとっても数学的な思考は重要ですか
・・・「数学は定理自体が役に立つ事より、こうした議論の基盤となる論理のトレーニングを提供できると思うのです。
   目的を考えれば、教育は本来、その人が20年30年後にどんな人間になっているかが大事なはずです。だけど、今の教育は、短期的な成果を求めるシステム。テストの点数や大学進学率を上げるためには最適化されている制度だと思います。数学では大量に練習問題を解いて解法を考え、社会や理科では大量に暗記する事が、短い期間の効率を考えると都合がよい。
   教育に限らず、<投資>に対する<成果>という経済活動と考えるとらえ方が広まった結果ではないでしょうか。


山折哲雄ささん(宗教学者)  <11/21毎日新聞特集ワイドより>   ・・・2012年11月24日追加
  ・・・高齢者が得てきたものを少しずつ次世代に譲っていく社会というのはがありますよ。
  
  ・・・これからは、米中間における日本などというパワーバランスの発想を乗り越えて、文化の力で諸外国から尊敬される国家経営を目指すべきですね産業立国から芸術文化創造立国へと国是が変わってほしいと思いますね。それだけの文化、芸術の蓄積がこの国にはある

  ・・・あれだけの苛酷な原発事故を起こして、今後持ち続けていくことはありえない。軌道修正が必要。
  


金時鐘(キム・シジョン)さん(詩人)  11月9日 毎日新聞特集ワイドより  ・・2012年11月16日追加
  ・・・金さんは、地図にコンパスを下ろし自宅を中心に半径30キロの円を描いてみたという。原発事故の際に避難する「緊急防護措置区域」はこの範囲になる。
 ・・・「ここに原発があれば、知り合い皆が被害を受けてしまうのだとショックを受けた」
 ・・・「原発が立地していない地方の人も描いてみたらどうでしょうか」 



園子温さん (映画監督)                      ・・2012年10月14日追加
      <死と涙 数えてみろ 10/12毎日新聞特集ワイドより>      
 ・・・政治家のエネルギー政策論議で 『原発ゼロは非現実的』 『再生可能エネルギー産業が成熟してから』などの意見を耳にするたび、文章が抜けているだろ、本音を最後まで言えよと憤る。
   『悲しい思いをする人がいても仕方ない』 『彼らには泣いてもらう。犠牲になってもらう』と。文章を最後まで残酷に言い放つべきではないですか。



山田孝男さん                           ・・・・・・2012年10月2日追加
      <9/24 毎日新聞「風知草」より>
 ―異端の経済学者・シューマッハー(1911~77)の予言>
経済膨張主義に対する警告の書・『スモール・イズ・ビューティフル』にこういう行があるそうだ。

 <第一章 原子力/救いか呪いか(Salvation or Damnation?)>
  ・・・原爆より平和利用(原発)が人類に及ぼす危険の方がはるかに大きい
  ・・・「平和の土台は繁栄である」という現代の主流の考え方、それを万国がやれば地球が壊れていしまう

 ・・・脱原発は感情論だろうか。幸福は経済の戦略的抑制にある。 
 最先端を走って傷ついた日本がまず、異端に学び、世界に先駆けて主流のゆがみを正していく。
 当然の事であると私は思う。



*2012年9月28日でMBSラジオのたねまきジャーナルが打ち切りになった。 
 
 福島原発事故の後、冷却出来なくなっているにもかかわらず、ぼっかーんと爆発しているにもかかわらず、大丈夫大丈夫と言い続けた嘘つきの学者達。
 そんな中、この番組の小出裕章さんだけが本当の事を伝えてくれていた。

 全国で聞けないので、心ある方がYoutubeにアップしてくださっていた。
 すがるように、かじりついて聴いた。

 しかし、一体どんな圧力なのだろう。恐ろしい。

 最終回で、毎日新聞論説員の重鎮・近藤勝重さんがこう言った。
 
 「世の中がおかしくなると、人が自分の人間らしさに気づいて行くね」 

 しかし、信じられないのだけれど、自分の人間らしさに気が付かない人もいる。
 命より経済が大事だと言い切る人がいる。
 自分の人間らしさに気が付かないのだから、人の命のことに思いが及ばないのは当然の事だ。
 そういう人が勝手に世の中の片隅に生きているなら構わない。
 しかしそういう人間が、いわゆる「偉い人」という位置づけにあり、人に物事を教えたり、人を動かしたり、国を動かしたりする。
 皆が皆ではないだろうが、著名であったり、何か「偉い」とされる地位に居る人は、人間らしくない所の競争(例えば受験を勝ち抜くこと。『高い点を取る』ことが良いこと)や駆け引きがうまいひとがとても多いのかもしれない。人を蹴落とす、踏み台にすることを少なからず経験しているうちに、自分の人間らしさに気が付く感性は失われていのではないだろうか。
 ソクラテスの言う、頭の良い事だけでなく、プラス! 音楽・文学・スポーツに秀でてバランスのよい人格である事、それが国を治める人の資格である・・・これは真実だと思う。いま政治や社会がそれを示している。



白石一文さん (作家)
<2012年9月21日 毎日新聞 特集ワイド・原爆の呪縛―この国はどこへ行こうとしているのか>

 ・・・大事故が起きたとき、例えばたった一人でも生還できない任務を覚悟しなくてはならないような技術は許されない
 ・・・仕事のため、生活のために被ばくを我慢するしかないーそれが自分や自分の家族だったら―。そうした本来の人間としての想像力がかけているように思える
 ・・・人命と何かの価値を交換する事は悪だ、という根本的な考えに、原子力と言う技術はそぐわない
 ・・・電気を取り出す仕組みが原子力しかないのであればある程度やむを得ないという考え方はありえる。しかし他の発電方法があるうえ、少し節電すれば、大飯原発すら動かさなくても猛暑の関西でもなんとかなっていた。それぐらいのことなのに、もし何かあったら特攻隊が要求される。間違っていると思うね。



池田晶子さん (哲学者)                            ・・・2012/4/29追加
   <著書『メタフィジカル・パンチ』1995年文芸春秋社刊行から>     

「学者さん」の章より
 ・・・学業的業績、いわゆる頭の良し悪しと、人柄の良し悪しとは無関係ではないか、そういう屁理屈を、皆が本気で信じているから、「学者」というあの良くも悪くも差別的呼称となるのだ。

   アカデミズムの創始者プラトン、あるいはたぶん、よりソクラテスにおいて、「真実を知ること」と「良い人間である事」とは、同一の事柄を指示していた。近代においてこそ、「真実」とは「自然科学的真実」のみを言うという偏向が急速に生じたけれども、古代、「自然とは何か」「自然において人間が生きるとは何か」を考えるのは、哲学の仕事だった。真実を知ることと、よい人間として生きることを別々に考えられるわけがないのだ。なぜなら、真実とは何かと考えているのは、他でもないその人のはずだからである。真実を知る人が、真実の人でないのは、おかしい。

   「知ること」と「生きること」とは別々のことであり、またそういうものだという思い込みは、このように近代以降、学問の専門化が定着してきたことに起因している。「学者」とは、この世の俗事とはなにか別のことをする別の人たちであると。

 ・・・「学者」とは本来、「詩人」がそうであるような、そのような傾向若しくは体質の人のことを言うはずだ。何の役にも立たないのに詩を書く人がいるように、何の役にも立たないのに、知りたくて学ぶ人がいる。何の役にも立たないのになぜそんなことをするのかというと、言うまでもない、彼らにとってそれが「生きる」ことだからである。知ることが生きる事だからである。真実を知ることが生きる事であるその人は、したがって、必ず真実の人、つまり「よい」人であるはずだ。こういう人のことだけを「学者」、本物の学者と私は呼びたい。少ないでしょうが大事な人たちです。



辺見 庸さん(作家・ジャーナリスト・詩人)著書『瓦礫の中から言葉を』 から    ・・・2012/2/29追加
 ・・・福島原発から放出された放射性セシウム137は広島に投下された原子爆弾の168個分という記事に、私はまだしつこくこだわったいます。無意識で透明な残忍性をその文面に感じてしまうからです。原子爆弾168個分、一万五千テラベクレル、ヨウ素131は16万テラベクレル。この記事にも顔がありません。数字はべらぼうで、やはりのっぺらぼうなのです。
   いかにも具体的、実証的に見える数字を列挙していながら、そのじつ、この記事はあまりにもとりとめがないのです。とりとめがないというのは、大津波で街ごともっていかれた空間のように、空漠として、そこはかとない酷薄さを漂わせています。
   数字は膨大です。私の考えでは、膨大さは結局「無」に通じ、太陽が地平線上に出てこない極夜にひとりとりのこされたような恐怖のもととなります。膨大=無=夜 の果てないめぐりは、核時代の無限循環です。そこでは善意も悪意も誠意も無効にされてしまいます。
   言い方をかえれば、膨大と無はよく似ていて、いずれも虚無と不安の発生源です。膨大と無の同居 ―それが残忍な現代社会の最大の特徴です。それは3・11の以前からつとにそうだったのです。ですから、こういうべきかもしれません。けっして3・11が残忍だったのではない。現代社会の残忍性が3・11によってついに証明されたのだ、と。



小出裕章さん<2・22たねまきジャーナルより>             ・・・2012/2/24追加
『稼動していなければ安全なのだろうか』というリスナーの質問に対して
・・・原子力発電所が動いていればもちろん危険だが、停止したところで、安全になるわけではない。

原子炉圧力容器は分厚い鋼鉄製の容器で、中性子により劣化をする。
しかし劣化は原子炉が運転中でなければ起きない。停止してしまえば、0ではないけれども基本的にそれ以上劣化する事は考えなくてもいい。しかし、もうすでに、たとえば玄海1号機は、普通の温度状態でガラスになってしまっているがそれ以上にもろくなるということはない。しかし、ガラスのようになってしまったものを、壊れないようにお守りしなければいけない、という仕事は残る。

原子力発電所はせいぜい40年しか動かないけれども、解体をするためにはもっと長い時間がかかる。
原子力発電所を解体したところで、核分裂生成物はその後何百年何千年、消えない。そして使用済み核燃料そのものは100万年、それをどこか安全な所でずーっとお守りをし続けなければいけない。

そういうものです。



梅原 猛さん(哲学者・京都市立芸術大学学長)                      ・・・2012/ 2/24追加
 <富士山が世界遺産に登録される見通しが強まってきた中、富士山の魅力を語る座談会で。毎日新聞2/23>
 ・・・西洋文明というのは、ギリシャ時代でも血で血を洗うような殺し合いが続いてきた。しかし、その中から、科学技術文明を作り出した。日本が、非西洋諸国の中で、いち早くこの科学技術文明の素晴らしさを発見して取り入れ、国を造った。それは正しかったと思うんだけどね、西欧文明の一番悪いところで被害に遭った。それが原爆と原発です。西洋文明の生んだマイナスの極、その二つの洗礼を受けた。
   科学技術というのは、自然を奴隷のごとく支配する文明でね。原子力という人類にとって危険な悪魔と手を結んだ。けれども悪魔と手を結ぶ事はできない。もう一回やっぱり、太陽の恩恵を受け、そして自然の森の恩恵を受ける。そういう姿勢に戻さなきゃいかん。これまでの自然支配の文明から、自然共生に変えていく、これはもう人類の急務です。それを日本が最初にやっていくべきだ。



坂本 義和さん(国際政治学者 東大名誉教授)『グローバルな連携必要』       ・・・2012/2/19追加
 <2012年1月27日毎日新聞・特集ワイド>より
 ・・・東京で3・11の揺れに見舞われ、庭に飛び出しながら脳裏に浮かんだのは「地球という感覚」だった。地球に優しくしていたどころか、災害のない期間は地球『が』優しくしてくれていたんですね。
 ・・・原発は、その地球全体に影響を与えるものだ。原発は極めて人工的な自国中心的な国家プロジェクト。それが制御不能となり、放射性物質は国家の領空・領海を越えて地球を蝕んでしまった。
 ・・・原発に限らず、私たちは『地球』という観点から物事を考える時代に入っている。そのためには国家に縛られない市民が国籍を超えて連帯する。・・・国家を超えて他社の生命を思う連帯が必要なのです。
<学徒の魂は真実のない国家よりも、国家のない真実を求める>戦没学徒の手記「きけわだつみのこえ」 



辺見 庸さん(作家・ジャーナリスト・詩人)著書『瓦礫の中から言葉を』    ・・・2012/ 2/8追加
  第一章の終わりのあたり
 ・・・わたしは出来るだけ耳を澄まそうと思う。物の気配、或いは兆し、それから私が自分の故郷の海の近くで聞いていたような潮騒、海鳴り、それらからもたらされるような予感、予覚です。そういうことに対して、もっと敏感であろうとしている。
 ・・・かつて地震というものは、最大級でも、この程度までしかなかった。従ってそれ以上は想定しないですむ、というのは、データ主義から来た、不遜な行為でした。それは著しく反省しなければならない。大自然はそんなものではありません。宇宙の一瞬のくしゃみが、悪意でも善意でもなく、人間社会人類社会の破滅につながるのだということを考えなければならない。(☆期せずして3月19日のこのブログで私も3・11の地震のことを「地球のくしゃみ」と言っています)
 ・・・原発メルトダウン以降、わたしは『存在比』というすごい言葉を知りました。核燃料となるウラン235の存在比を、天然のウラン中の存在比0.71%より高くしたものが濃縮ウランというものだそうです。原子爆弾には存在比93%以上、一般の動力には3~4%のものが使われるといいます。
天然のウラン中の存在比を人為的に変えることとはなにか。
それは反宇宙的所業なのではないか。
そうした核を用いる発電が、本当に根源的に安全かどうか。
宇宙の摂理に照らせばどうなのかということを、もっともっと謙虚に考えなければならないと思うのです。



小出 裕章さん(―未来への伝言を?と問われ)
 ・・・ウソをつかない。人に対してウソをつかない、自分に対してもウソをつかない。もし間違えたなら謝る。それさえできれば、原発力なんか有り得なかった。都会では引き受けられないほどの危険を抱えたものを、安全です、絶対事故は起こしません、と言い続けて、原子力を進めてきた。<9月25日テレ朝サンデーフロントラインより>


古賀茂明さん
 ・・・電力会社の根回しが相当効いてきて、ほとんど、この改革が瀕死の状態になってきている。


ヴァルターさん(スイスの内科医) 
 ・・・子どもたちが原発の爆発直後にヨウ素剤を服用しなかったということか?信じられない・・・(顔を曇らせ、データを見るためコンピューターに向かう)。スイスでは原発から半径20キロメートル以内の住人は、全員ヨウ素剤を持っている。それが原発を持つ国の安全対策の基本であり、国民に対する責任だ。たとえ持っていなかったとしてもすぐに子どもに配るべきだった。
 ・・・放射能被曝によって父親の優性遺伝子が損傷されると子どもに病気が現れる。しかし、もし父親の劣性遺伝子が突然変異を起こした場合、子どもに受け継がれても、劣性遺伝子なので表面的には何の異常も起きない。
 ドゥブロバ医師などの方法で長崎と広島の被爆者の遺伝子を調べたところ、突然変異はほとんどなかった。原爆は瞬間的なインパクトを与えたが、長期の低線量被曝を起こさなかったということなのだろう。
 従って、私には、低線量被曝が遠い将来の世代に与える遺伝的な影響が大きな問題だ。これは人類にとっての倫理的問題でもある。



予告!「武満徹をうたう」2017年10月29日(日) 清水邦子さん(メゾソプラノ)と

2017年10月29日(日) 

清水邦子(メゾソプラノ)さんと、日ノ出町 『野毛山 キリストの教会』 にて、コンサートを行います!
題して

「武満徹 を うたう」

14時30分開場 15時開演 3,000円(学生2,000円)
『野毛山 キリストの教会』 横浜市西区老松町30

*  この教会は、息子が幼稚園でお世話になった素晴らしい教会。息子の幼稚園を決めるとき、その明るく落ち着いた園の雰囲気もさることながら、給食室があり栄養士さんとともに子どもたちの食事のことを考えてくださるなんて!ここしかない、と、定員ぎりぎりで入園させていただいたのでした。
   やはり期待通り、素晴らしい園で、いまだに何かとお世話になっています。
   今回も、美しい教会を貸していただくことになりました。ありがたいことです



そもそも、清水邦子さんとは、映画監督の水谷俊之さんの思い付きによって、共演することになった。
水谷監督は、「武満徹の歌」をこの二人が共演すれば、きっと良いものになるに違いない、と想像し、声をかけてくれたのだ。

2014年、清水邦子さんとのコンサートは実現した!水谷監督プロデュースにより阿佐ヶ谷のザムザで。

邦子さんは、さすがの表現力!それに柔軟で、きっと小さい頃はおてんばであっただろうと思わせる瞬発力も素晴らしい。(やはりいつもリレーの選手だったそうである!かっこいいのだ。)
監督の思惑通り、素晴らしくいい音楽を作ることができた。
聴きに来てくださった方々からも好評を得ることができた。
評論家の江藤光紀さんの感想はこのブログを2年ほどさかのぼっていただければ、掲載させていただいている。



武満の作品は、たくさんの人が演奏している。
ポップスの歌手がジャズ系のグループと、ジャズの歌手がジャズピアニストと、そしてもちろんクラシックの歌手がクラシックのピアニストやギターリストと・・・などなど。
監督はどれも、少し違う、という
武満の歌は、メロディを歌いこむクラシックの歌手と、臨機応変に音楽を即興的に作り上げるジャズピアニストが、共演すると、いいものになるのではないか・・・

確かに、譜面を見て、メロディを演奏してみて、何となく監督の気持ちが分かった。

武満さん自身、生まれかわったらジャズマンになりたいというほどのジャズ好き。ジャズピアノを弾き、アルバイトしていたこともあるという。なので、いわゆる現代音楽とカテゴライズされる武満さんの作品もジャズのサウンドがもろに、結構頻繁に、現れる。ジャズコードの解釈をするとクリアになったりする。

でも、しかし、ジャズではない。

ジャズの大事なボディは即興性だ。
楽譜をそのまま演奏することをジャズとは言えない。
テーマでは決まったメロディとコードが提示されるが、その解釈や料理の仕方は、演奏者の個性に依る。
(しかし、テーマはとても大事で、テーマがどう演奏されるかで、その日のその曲の方向が決まる。)

それに対し、現在のクラシックの世界では、作曲家により作られたメロディと詞を深く追求し、細かな休符などに至るまで、忠実に解釈して表現する。
作曲家は記譜するためにそう書くしかなかったのではないか・・・。あるいは、ミス? そう思うことはたびたびある。
しかし演奏家は、どれだけ忠実に楽譜を解釈しているかが勝負、というところがある。

作曲家と演奏家が分業になって以来の、ジレンマだ。
演奏家が作曲した曲ならば、即興だったのならなおさらだが、その日のその曲があったはずだ。一字一句間違えないことに神経をすり減らすことは、なかったんじゃないだろうか。むしろもっと、音楽に集中していたのではないだろうか。

そのジレンマを武満さんも感じながら音符を書いている、と確かに感じる部分がある。
・・・しかし、音符を書くことで武満の作品となり、くりかえし演奏されることにより、生活が成り立つ、というのは、ジャズとはちがい、ちょっとうらやましくもある。

斯くして、武満さんのメロディはもちろんのこと、独特の和声感も大事にしつつ、即興的に、その日の、そこの場所の「武満徹の歌」を、邦子さんと演奏している。

ザムザのコンサート後は、邦子さんは数々のコンサートが控えていて忙しく、また、思うようにホールが取れなかったりして、再演が今になってしまった。
しかし、久々にリハーサルをしても、邦子さんとのコンビネーションはぴったり。
素晴らしい。
とても楽しい。

しかも邦子さんは私のジャズ的ないわゆる“ノリ”に近づこうと研究をしてくださっているではないか!

私は調子に乗って、今後、ジャズの曲や私のオリジナルを歌ってもらおうか、というアイデアも浮かぶ。
うん、それもきっといいぞ。
乞うご期待!

その前に、このコンサート10月29日、乞うご期待!

よろしくお願いします。

お問い合わせ・チケットのことなどは、メイルならば taka(アットマーク)tbi.t-com.ne.jp まで。(アットマーク)に@を。
FaceBookから連絡いただくこともできます。














自然治癒力

ドジして、縁石に引っかかり、後ろ向きに転倒してしまった。

手をつき、肘を打ち、うー痛、尾てい骨ゴツ痛、後頭部はやばいと力をどこかに入れたのは覚えているが・・・
大丈夫大丈夫と起き上がり、数分で左手首が痛み出し・・
やば―、右手だけならず、左手も折ってしまったかー、ま、右で弾きゃいいかー、でも明日は大事なトリオだー、と思考が行ったり来たり・・・
動揺している。

医者で見てもらうと、骨折はしていないとのこと。
かなりほっとする。
折っていると、長引くこと、無理して弾くとかなり痛いことなど、右手で経験しているので、やはり、ほっとする。

痛みはその夜一度、薬を飲んだくらいで、紫に腫れてはいるが、何とか我慢できる。
腫れも収まってきた。

こけてから、一週間ぐらい経って、背骨と骨盤がやるせなく痛むようになった。
手首の組織の修復のために、白血球たちが、ぐあっと集まって、寄ってたかって働いてくれているのだ!
そのために骨で白血球たちを作ってくれているに違いない!
と思って、調べてみたら、やはり、白血球は脊髄・骨盤・胸腺などで作られるらしい!

おー、がんばってくれている。
有り難いことだ!

自分の体の中に、良くしようという絶対的な意思のようなものがある。
自然治癒力・・とても不思議だ。そしてとても力強い。

しかし、白血球くん、そんなに手首に集中していて良いのか?ほかは大丈夫か?

数日たって、とても寝苦しい夜があり、とても涼しい風の流れる夜があり・・
どちらにしても、自然風か扇風機か、風を感じて布団を掛ける夜が二晩続き、ついに風邪菌がやってきた。

ぞくぞくする。
寒い。
気温は30度を超えているのに。
体中が痛い。
手足がとても冷たい。

ほらほら、付けこまれた。

白血球くんは忙しい。
今度はこっちかえ!と言っているように思う。
そうすると、手首が傷む。
身体の中心に、直そうとする力が集中している。
手首はあとあと。

ぐがーっと体温が上がる。
私は、頑張ってくれ!ついでに細胞も入れ替われ!と辛いながらも客観的に願う。

ほぼ一日たって、やっと汗が出てきた。
やった。風邪菌は退散した。
白血球くんが勝ったのだ!
ありがとう!

さて、ビールは風邪の薬というではないか。
飲んでみよう。
旨い!

というわけで、風邪から脱したプリミティブなわたくしでした。

白血球くん!ありがとう。

****
追記:ほんまかどうかはわかりません。ただそう感じたということで。

0

『Blue In Green』津村和彦さん(g)とのデュオ 11/16 D-Musicaよりリリース

『 Blue In Green / Live at Motion Blue yokohama 』 D-Musicaレーベルより

ここでも紹介せねばね。
故・津村和彦さんとのデュオアルバムです。

いつでも録音できると思っていました。
たまたま、こうやっていい状態の録音が残っていて、ほんとにラッキーでした。

亡くなったあと、喪失感の中、この録音を泣きながら聴くことがあっても、形にするためにどうこう、などと考えては、とても聴けませんでした。
1年を過ぎ、やっと、愛妻・典子さんに聴いてもらうために、録音を整理することができました。
津村さんのスキャットがはっきりと聞こえているこの録音は、典子さんに渡すべきと考えていたのです。つらいかもしれないけれど、声が聞ける・・・

ライヴなので、出来の悪いものもあったりして、それらは省いてCDRに落としました。
それでも、津村さんはいつもいいのだけれど、デュオとして良いのかどうか、私には判断しかねていました。
しかし典子さんは気に入ってくれて、CD化することを了解し、協力してくれだのでした。

今も、津村さんのことを考えるとなんだかグーッと胸が締め付けられるようです。
残念でなりません。

CDのライナーに、わたしのこのCDへの思いを綴っています。

ここでは<Jazz Life 2017年1月号>(12月16日発売)で掲載されたCDのレビューを、紹介させていただきます。

*****

モーション・ブルー・ヨコハマでの濃密なインター・プレイが楽しめる未発表ライヴ音源 / 星野俊彦

1.フォーリング・グレイス
2.ブルー・イン・グレーン
3.ユー・ゴー・ゴー・
4.フォー・ア・ニュー・デイ
5.ソーラー
6.スマイル

2006年「モーション・ブルー・ヨコハマ」ライブ録音


 高田ひろ子と、2015年6月に58歳の若さでこの世を去った津村和彦の未発表ライブ音源。

 スティーヴ・スワローの名曲①でアルバムは静かに幕を開ける。津村の美しいアコギが繊細にそして徐々に熱くフレイズを紡いでいき、スキャットとユニゾンでクライマックスを迎えた瞬間に鮮やかに高田のソロへと引き継ぐ。

 ②は程よくリヴァーブのかかったギターと繊細なピアノのたっぷりと空間を生かした辛みが圧巻。
 
 津村オリジナル③のスウィンギーな絡みはグルーブ感に溢れている。
 
 トーンを変えてその曲の最良の瞬間を描き出す津村と、美しいタッチと強靭なリズムで歌い上げる高田のピアノ。
 二人の自由な音の会話にあふれた濃密な作品。

*****

このCDは、<Disc Union>や<Amazon> で取り扱っています。
それらが難しい場合、このブログの冒頭のメイルアドレス、または、Face Bookから、直接お申込みくだされば、お送りいたします。

聴いてみてください。

YouTube公開!小美濃悠太(b)、岩瀬立飛(ds)とのトリオ 9月14日ぴあにしも

いやはや・・ほんとに素晴らしい、と自画自賛したくなるトリオ。
Tappi氏が撮った映像を youtubeにアップしてくれたので、こちらでも公開します。
聴いてみてください。

小美濃悠太・・Base
岩瀬立飛・・・drums
2016年9月14日

次回のライブは、10月3日(月)吉祥寺サムタイムにて。19:30より。

1. Round and Round
2. Elma
3. 遠い道程
4. How do you keep the music playing
5. Garop

一応、期間限定とします。
ライブはどんどん進化していくので。



聴いて!と叫びたい気持ち

小さいジャズクラブ。
先日は久しぶりに、困った。

聴きに来てくださっている方々の、向こう側。

端でつぶやく言霊は、飛んできて、演奏者の空間にも存在することとなる。

なんというかなあ。

聞こえるか、聞こえないか、という話ではない。
例えば、そこの人たちが黙って本を読みだしたら、黙ってうつむいてスマホで通信しだしたら、つまりそこの人たちが聴く気がない、とその態度を表せば、そこの音場は崩壊する。

『音楽』は、『時間』と『場・空気』を共有する芸術。

そこの場にある、全てのエネルギーは、その場のエネルギーそのもの。
空間に線引きは不可能だ。

その場を選び、あるいは偶然居合わせたなら、そこの場にあるエネルギーの一員であることを感じてみよう。
今日限りの、その場限りの音楽なのだから。
もう2度と無いことが生まれようとしているのだから。

音楽家は、自分にできる限り最良の音を、集中して、置いていく。
共演者のエネルギーはもちろんのこと、その場のエネルギーを受け取り、影響されつつ、音を置いていく。

そうやって音楽が出来ていく。

その過程を聴くこと、その過程に参加しているということって面白い。楽しい。

・・・って聴いてもらえると、ほんとにうれしい。


・・・まあ、このブログを読んでくださっている方々は、楽しんでくださっている方々と思う。
ちゃんと聴いてくださって、感謝しています。


植木鉢でジャガイモごろごろ、できた!

春先、どんなに光を遮っても、じゃが芋は春を感じて、芽を出してくる。
急いで使ったのだが、その成長に追い越されて、芽が伸びてしまったジャガイモを、やってみるか、とほぼ期待せず、ベランダの植木鉢に植えた。

息子が小学校の時に、トマトだか綿だか植えた植木鉢に、ハコベラがわんさか生えていたので耕して、そこに植えた。

すぐにメキメキ成長した。
そのうちにきっと花が咲き、その後枯れていき、うまくいけば土の中に小さいジャガイモができるのだろうと思っていた。
しかし、花は咲かず、へなへなと茎も葉もしなだれていった。
「あー失敗か―。残念」と放置。

最近になって、なぜかまた、芽が出てきた。別の雑草かと思ったが、どうもジャガイモらしい。よく見ると小さいジャガイモが緑になった顔を出している。そこから芽が出ているのだ。

ということは・・・

掘ってみると、植木鉢中にごろんごろんと 中くらいのもの4個と、小さいの6個も、できていた!

なんと素晴らしい、自然のエネルギー!!
土と、たぶん栄養になったとおもわれる勝手に生えた雑草と、太陽と、水と。
たったそれだけ。

その、予想を超える数と量感!
人知れず、栄養を蓄えていく、その静かで力強い生命力!

イチゴやトマトが、花から小さな実に変化していくのも、とても楽しくうれしいが、土の中のものは、ダイナミックだ。

―感動した。ともに、感謝の気持ちも溢れる。


・・・・それにつけても、息子。
身体と力ばかり、ホルモンと日々の食事のおかげで成長し、
中身を充実させる努力はことごとく拒否し、
コンピューターにのみ大事な時間を費やし、
母としてはもはや励ます言葉も尽き、
叱るエネルギーも絶え、
あきらめの境地。

このジャガイモのように、どこかに実っていれば良いなあ、と最後の望みをかける。

今日の、このベランダのジャガイモが、善き前兆でありますように、祈るばかりである。


小林秀雄さんの 『ヒットラーと悪魔』 

「マイン・カンプ/我が闘争」を手に取る気にはならない。
なので、小林秀雄さんが読んで文章にしてくださっているのはとてもありがたい。

小林秀雄さんが、昭和35年5月の文芸春秋で、ヒットラーのこの著について書いた文章は言わずもがな素晴らしいが、内容はとても恐ろしい。

今の日本のことを書いているかのようだ。
麻生さんは堂々と、ヒットラーに学べばよい、と公然と、言ってのけた。
政府の方々、本当にそう思っているのかも。
ことごとく、あてはまる。

とっても危険な今の日本。


*****(抜粋)

一見ヒットラーに親しい「革命」とか「暴力」とかいう言葉は、注意して使わないと間違う。
バリケードを築いて行うような陳腐な革命は、彼が一番侮辱していたものだ。
『革命の真意は、非合法を一挙に合法となすにある』
「革命などは、国家権力を合法的に掌握してから行えば沢山だ」

 ― これが早くから一貫して揺るがなかった彼の政治闘争の綱領である

ヒットラーは、首相として政権を握るまで、世界一の暴力団を従えた扇動政治家に過ぎなかった
一切の公職は彼に無縁であった。政治家以前の彼もまったく無職であった。

彼の思想は、彼自身の回想を信ずるなら、ウィーンの浮浪者収容所の三年の生活のうちに成ったものである。

要約することは要らない。
『人性の根本は獣性にあり、人生の根本は闘争にある』


簡単だからといって軽視できない。
独裁制に神経過敏になっている教養人たちに、ヒットラーに対抗できる確固とした人生観があるかどうか、獣性とは全く何の関係もない精神性が厳として実在するという哲学があるかどうかは甚だ疑わしい。

一番大事な鍵は、精神的な看板を掲げているが、ぶつかってみれば、たちまち獣性を現した彼の政敵たちとの闇取引にあった。

人性は獣的であり、人生は争いである、そう彼は確信した。したがって、政治の構造は、勝ったものと負けたものとの関係にしかありえない。

人間にとって獣の争いが普遍的なものなら、人間の独自性とは、仮説上、勝つ手段以外のものではありえない。
ヒットラーはこの誤りのない算術を狂的に押し通した。

ヒットラーの独自性は、『大衆に対する徹底した侮蔑と、大衆を狙うプロパガンダの力に対する全幅の信頼』とに現れた。

大衆の広大な無意識界をとらえて、これを動かすのが問題であった

大衆は、侮蔑されたがっている。支配されたがっている。

他に勝とうとする邪念ほど強いものはない
それなら、勝つ見込みのないものが、勝つ見込みのあるものに、どうして屈従しないはずがあるか。

大衆は理論を好まぬ。

自由はもっと嫌いだ。何もかも君自身の判断・選択に任すと言われればその重荷に堪えられない。

大衆は議論を好まぬ。


世界観は、大衆支配の有力な一手段であり、もっとはっきり言えば、高級化された一種の暴力である。

彼は世界観を、美辞と言わずに、大きな嘘と呼ぶ。

大衆はみな嘘つきだが小さな嘘しかつけないから、お互いに小さな嘘には、警戒心が強い。
大きな嘘となれば、別問題だ。
彼らには恥ずかしくて、とてもつく勇気のないような大嘘を、彼らが真に受けるのはごく自然な道理だ。
大政治家の狙いは其処にある。

たとえ嘘だとばれても、人々の心に必ず強い印象を残す。

大衆は信じられぬほど健忘症であることも忘れてはならない。
プロパガンダは何度も何度も繰り返さねばならぬ。これには忍耐がいるが、大衆は一歩も譲らぬ不屈の精神を読み取ってくれる。

論戦に勝つには、一方的な主張の正しさばかりを論じ通すことだ。

押しまくられた連中は、必ず自分らの論理は薄弱ではなかったか、と思いたがるものだ。

外交は文字通り芝居であった。彼には戦術があれば足りた。

その戦術から言えば、戦争はしたくないという敵国の最大弱点をつかんでいれば足りた。
重点は、開戦まで、正義に基づく外交の成功という印象を、国民に与えておくことにある。
彼は、機をとらえては行った演説や声明のなかで、『自分の望むものは正義と平和だ』と絶叫している。

彼には、言葉の意味などというものが全く興味がなかった。

プロパガンダの力としてしか、言葉というものを信用しなかった。

死んでも嘘ばかりついてやると固く決意し、これを実行した男だ。
通常の政治家には、思いも及ばぬ完全な意味で、プロパガンダを遂行した男だ。

3年間のルンペン収容所で彼が会得したのは、『獣性とは何を措いてもまず自分自身だ』、ということだ。
彼は権力だけを信じた。



*****

だれかと、酷似していないか!!

言葉はつるっつるっと上滑り。
人の言葉を遮り、ほくそえんで自分は正しいと言い続ける。

国民のため、平和のため、という言葉に、嘘がはっきりと表れている。
なのに、惹きつけられる多くの人たち。

これらはまさにヒットラーのしてきた戦術。

政治家に最も、本当の意味では、向いていない。
政治家=独裁者とするならば話は別だが。

平和に暮らしたいと思う人の気持ちに、共感できないのか。

愛はないのか。



内田樹さん 2016年1月5日の朝日新聞デジタルニュースから

思想家で大学教授で、のみならず、合気道を極めているという、とても気になる人物

おっしゃることが、論理的で、しかも平易で、いちいち腑に落ちる。
こういう人が、今の世の中を良くできないかと、たくさん考えて、あちこちで発言しているのに!
この国は、どうなっているのだ。この国の国民は!

視聴料で成り立っているからって公正とは限らない。

マスコミに流されないように、内田さんなど、公正な意見を持つ人のわかりやすい話をきちんと聴こう。

何人の方が読んでくれるかな?
読んで共感したら、内田樹(たつる)さんっていい事言ってるよ、って友達に教えてあげてください。


*****

<1月6日掲載の朝日新聞のインタビューから>*改行は読みやすいようにさせていただいた。


今は移行期です。地殻変動的な移行期の混乱の中にある。

グローバル資本主義はもう限界に来ています。右肩上がりの成長はもう無理です。
収奪できる植民地も第三世界ももうないからです。投資すべき先がない。
だから、自国民を収奪の対象とするようになった。貧者から吸い上げたものを富裕層に付け替え、あたかも成長しているかのような幻想を見せているだけです

若い人の賃金は下がる一方で、法人税を下げ、株の配当が増やしている。ぼくのまわりでも、株をやっている人とやっていない人では、安倍政権に対する 評価が正反対です。
株をやっている人からすれば、本来なら社会福祉や教育や医療に使うべき税金を株の配当金に充ててもらっているわけですから、こんなあり がたい政権はない。

左右を問わずメディアは「経済成長せねばならない」ということを前提にしています。
大量生産・大量流通・大量廃棄のサイクルを高速度で回すことで経済成長するのが良いことだと素朴に信じている。

でも、ぼくはそれは違うと思う
21世紀の日本は人口減という「成長がありえない経済史的段階」に達してい ます。
その状況において、なお成長の幻想を見せようとしたら、今の政権がしているように、国民の過半を窮乏化させ、国民資源を使い果たすしか手がない。

今はいったんブレーキを踏むべきときです。
成長なき世界でどうやって生き延びてゆくのか、人口が減り、超高齢化する日本にどういう国家戦略があり得るのか、それを衆知を集めて考えるべきときです。

世界各地でいま左翼のバックラッシュ(揺れ戻し)が起きています。
米国大統領選で民主党の指名争いでは、社会主義者を名乗るバーニー・サンダースが ヒラリー・クリントンを急追しています。
英国では左派のジェレミー・コービンが労働党党首になり、民間企業の再国有化や学費の無償化を提言している。カナ ダではリベラルのジャスティン・トルドーが成長よりも国民の宥和を重んじる国家ヴィジョンを提示しました。
いずれも、どうやって成長させるかより、限りあ る資源をどう国民に公正に分配していくかを優先的な政治課題にしている。

社会的な関心が「成長」から「フェアな分配」に移りつつあるということを映し出し ています。

昨年夏の国会前デモでぼくが見たのは、国会内では「システムを今すぐ根本から変えなければ大変なことになる」と叫びたてるおじさんたちが暴走し、国 会外では若者たちが雨に濡れながら「憲法を守れ、立憲デモクラシーを守れ」とそれをたしなめているという不思議な構図でした。
これは日本政治史上初めての ものです。

かつての過激派学生たちは社会の根本的改革を望み、いまの若者たち足を止めて熟慮することを求めている
それは裏返しから見れば、「後先考えずに、目先 の変化を求める」という大人たちのみぶりそのものが惰性化し、体制化し、化石化しているということです。
若者たちは「暴走」が常態化した体制に対して「熟 慮」を対抗させるというかたちで「変化」を求めているのです。

変化そのものは生物の自然です。変化しない生物はいない。
でも、今の社会に取り憑いている「グローバル資本主義環境に最適化するためにすべてを犠牲 にしなければならない」というのはイデオロギーです。その固定観念がすでに社会の健全な発展を阻害している

所与の環境に適応しなければならない」とい う焦燥が、結果的に人間の生きる力を損ない、生物として弱いものにしてしまう。」そういうこともあるのです。
まさに、今がそうなのです。

政権の「暴走」は環境的与件(与件:すでにそれとして与えられている条件)に促されて自然に起きている「変化」ではなく、硬直したイデオロギーに駆動されたある種の「」です。

安保法制に反対した市民たちは「あなたがたのしていることは変化ではなく、暴走である。イデオロギーに凝り固まった脳内が生み出した幻想である。等身大の判断に戻れ、生身に還れ」ということを言おうとしていたのだと思います。

民主主義というのは実は危険な仕組みです。一時的な激情に駆られて暴走しやすい
現に、20世紀の独裁政権の多くは、ドイツでもイタリアでもフラン スでも、民主的な手続きを経て合法的に成立しました

だから、一時的な大衆的熱狂で議席を占有した政党が国の根幹に関わる制度や原理を簡単に変えることが できないように、憲法があり、三権分立があり、両院制があり、内閣法制局があり、メディアによる監視があった
けれども、小泉政権以来、そうした行政府の暴走を阻止するための「ブレーキ」に当たる装置がひとつずつ解除されている

いまの議会の機能不全には明らかにメディアも加担しました
衆院と参院が『ねじれ』ているのは両院制の本義からすればむしろ望ましい事態なのに、そ れでは法律がスピーディに決まらないから、両院の政党比率は揃った方いいという主張が社説にまで掲げられた。

けれども、もし衆院で決まったことがただちに 参院でも通過するのが『効率的』だというのなら、そもそも参院は要らないということになる
そして、その理屈でゆけば、長い時間かけて国会で審議しても最後には与党が強行採決するなら、野党がいるだけ非効率だということになる。それなら野党は要らない。
いや、法律は行政府が起案するのだから、そもそも国会審議自体が時間の無駄なのだということになる。

ねじれ国会」を悪とみなすのなら、独裁制までは論理的には一本道なんです。

でも、歴史には必ず補正力が働きます。ある方向に極端に針が振れたあとは、逆方向に補正の力が働き、歴史はジグザグに進む。
いまは針が極端に行き過 ぎた後の補正段階に入っている。
世界的なスケールでの「左翼のバックラッシュ」も、日本に見られた「暴走する老人とそれを制止する若者たち」という逆説的 な構図もその徴候だとぼくは見ています。


*****

なんとわかりやすいことか。
そう。そうなんですよ。
なんか、安倍政権は気持ちが悪いほうに、次々と、進んでいる、が、どこがどう嫌なのか・・・・

それを、こうすっきりと整理していただいて、本当にありがたい。
頭いいって素敵だなあ。

いやいや気持ち良がっているだけではいけません。
たくさんの人が、読んでくれると、選挙は変わると思うのですが。


本当の平和活動とは 「アフガニスタンで考える」 /中村哲さん

2006年に岩波書店から出版された、『アフガニスタンで考える―国際貢献と憲法9条」という中村哲さん著の、岩波ブックレットNo.673

平易な言葉で、簡潔に正直に、しかもユーモアを持って述べられている。
本当に素晴らしいので、ここに紹介する。

2015年11月13日、パリで同時多発テロ。
『集団的自衛権』を 国民の意思を無視してごり押しして通してしまった安倍政権。
それの、何がどう危険か、私たちには実感できないが、中村哲さんはその場にいて肌で感じたことを伝えてくださっている。

私たちは、こういう話をよく聞かなければ。
テレビで流される言葉など、あてにしてはいけない。


*****
 (診療所開設予定地の無医地区であるアフガニスタンの山村部の村に)今こそ4日でつきますが、当時は1週間以上かけて現地まで向かいました。
 この奥深い村の1つに行った時、私はフランス人と間違えられました。不思議な事があるものでしょう?それまでは「中国人ですか?韓国人ですか?」と訊かれたことはありましたけれども、フランス人というのは初めてでした。
 あとでわかったのですが、村人は外国人を見るのが初めてだったそうです。
 
 「いやフランス人ではなくて日本人です」と言うと、これは15年前の話ですけど、態度が180度変わりまして、半分外国人でないような丁重な扱いをしてくれるのです。これには驚きました。

 その後もアフガニスタンにおいては、単に日本人であるがために命拾いをしたとか、単に日本であるがために仕事がうまくいくようになった、とかいうことはそれこそ数知れずありました。

 これは、日本という国の大きな財産だったと思います。
 
 この理由にはいろいろな側面があります。

 古いところでは、日露戦争(1904~05)での日本の勝利(負けなかったこと)を挙げる人がありました。極東の弱小国が大国ロシアに勝った、ということへの敬意です。
 
 そしてもう一つは、敗戦後の経済復興への賞賛です。ヒロシマ・ナガサキのことはみんな知っています。
 経済大国となったにもかかわらず、他国への武力による介入を行わなかったことへの敬意。
 長いあいだ、これは日本の安全保障上の大きな財産でした。


 ところがこれが変わり始めたのは、1991年の湾岸戦争、決定的になったのは2001年以降です。
 2001年10月のアフガン空爆からイラク戦争に至るまでの、一連の日本政府の決定とそれに伴う自衛隊(現地ではジャパニーズアーミーと言います)の動きが現地に伝わるようになったころから、徐々に変わっていったのでした。

 私たちを知っている人たちはもちろんわかってくれますけれども、いまや、地域によっては、単に日本人であるために攻撃を受けたり、単に日本人であるがために仕事の妨害をされる、と言ったことも起こりつつあるのです。
 このことはぜひ知っておいていただきたいと思います。 <p25~>

・・・・・

 われわれは、外務省のいうところの「危険地帯」と呼ばれるところで活動しているのですが、現地の人々から攻撃を受けたことがありません
 それもそのはずで、現地の人々といっても、水が来るという噂を聞いて難民キャンプから戻ってきた人々がほとんどです。ですから、われわれを殺してしまうと自分の首を絞めることになるわけです。
 そういう利害関係もありますが、それよりも、現地の人々の望むことを一緒に実現していく、そのことが私たちをを守るのだと思っています

 それこそが強力な武器、強力な手段なんですね。

 ときどき、われわれを攻撃するものがいますが、たいていは米軍の誤爆で、機銃掃射を受けたこともあります。
 その時はさすがに地元の住民も怒り、反撃しようと言いだしました。
 それでも、私たちは武器を持ったことがありません。これからも持つつもりもありません

 これが一番の安全保障だと私は確信しています

 逆に、私たちの用水路に並行してアメリカの資金で道路工事をしていたトルコの会社は、3回も誘拐事件に遭遇しました。いずれも物々しく武装したセキュリティに守られて工事する中での誘拐事件でした。不幸にも3回とも誘拐された人は遺体で見つかってしましました。

 ところが武器を持たない私たちが、襲われたことはありません

 われわれが、住民と一体になっておこなっている用水路建設は、彼らが本当に望むものに添っている活動です。
 
 それゆえに、丸腰であっても安全であるということの1つの証明になると思います。

 
 最近は、日本経済を活性化して羽振りのいい国にするために、米国とさらに強力な同盟関係を、ということが言われます。
 そのためには憲法9条を改正して武力行使もやむなし、と。
 しかし経済の活性化が、人殺しをしてまで豊かさを守ろうとすることならば、すくなくともわたしは豊かになりたいとは思いません



 このアフガニスタンでの活動を通して私たちは、「国際貢献」というのは単に人を助けるということではないのだ、ということを実感しました。私たち自身がそこから学ぶべきことのほうが多いのです。

 このアフガニスタンの事業を行うことによって、少なくとも私は、世界中を席巻している迷信から自由でいられるのです。

 その迷信とは・・

 一つには、お金さえあれば幸せになれる、経済さえ豊かであれば幸せになれる、という迷信。
 もう一つは、武力があれば、軍事力があれば、自分の身を守れる、という迷信。

 実体験によって、私たちは、幸いにも、この強力な迷信から自由です。

 そして、迷信から自由であることによって、人間が追い込まれ、極限状態になった時に、これだけは必要だというものはいったい何なのか、逆に、これは無くてもいいというものは何なのか、そういうことを考えることが出来ます。

 このことを考えることは、今の日本にとっても、必要なことなのではないでしょうか。





*****

テロは武力では抑え込めない。

まずは、自分たちの都合で軍事介入してしまったことを反省し、そこから出発しなければ、自らの首を絞め続けることになる。これは自明のこと。

日本とイスラムの国々との関係はうまくいっていて、世界的にも稀な事だったという。

世界中に尊敬される国、力ではなく、その平和主義で一目おかれる国に、なればいいじゃないの。
そんなかっこいいことはないのに。

「迷信」を政治家や経済界の人は信じている、というよりは、政治家や経済界がそう仕向け人々に信じさせている。
私たちは、その仕向けられた迷信にとらわれてはいけないのだ。

あー、中村さん、総理大臣になってくれないかなあ。








ラプコンのこと『平和へ ― 米軍基地のたたみ方』 ビッグイシュー268号より その2

みんな知っているのか。
首都圏上空伊豆半島から新潟近くまでの管制権は、米軍が握っていること。

これは別に秘密ではない。

理不尽この上ない。
怒りがこみあげる。



*****   ビッグイシュー 268号より

前泊 博盛さん (沖縄国際大学大学院教授)に聞く

基地内はもちろん、航空機の飛行や裁判権など、あらゆる面で米軍の“治外法権”を許す「日米地位協定」。
なぜ、この不平等条約が今も続いているのか?


“嘉手納ラプコン”
― ラプコンとは管制権のこと。
  米軍の嘉手納飛行場と、沖縄の那覇空港はクロスする形で位置し、米軍機が“上”を、民間機が“下”を通る。

“横田ラプコン”
― 首都圏上空伊豆半島から新潟近くまでの管制権は、米軍が握っている。

・・・『横田ラプコンの存在はまるで空にエベレストがそびえているような状態だとパイロットは言います。
   羽田空港を発着する民間機などは、その空域を急上昇して急旋回しないといけないので当然危険性も高いし燃費も悪い。

   首都圏が外国軍によってこれほど占領されているのは、世界でも日本だけではないでしょうか


今、日本には133の米軍基地があり、約5万5千人の米兵が駐留している。

・・・『米軍基地内は日本の法律が及ばない治外法権。米軍関係者は出入国審査を受けずに出入りできる』

その他にも
・在日米軍の年間滞在費6千億円は日本が負担。

・米兵一人当たり年間1千万円以上の駐留経費、基地内は電気・ガス・水道、すべて無料。

・司法権も大きく制限され、逮捕されても起訴率は日本人が45%なのに対し、米兵は11%。米兵に非がある場合の損害賠償金の25%も日本が支払うことになっている。

・日本全土、住宅密集地であっても米軍機は地上60mという低空飛行が事実上許されている。

・・・『米軍には、低空飛行や住宅密集地を飛ぶことを禁じている日本の航空法が適用されません。
  しかし、米兵が暮らす住宅地の上空は、米国国内法が適用されるのでオスプレイも一切飛びません。

  しかし、環境法など都合の悪い米国国内法は日本では適用されません。

  無法地帯です。』


なぜこうなったか。

 1952年4月28日「サンフランシスコ講和条約」発効によって、日本は独立を回復。ところが沖縄・奄美群島・小笠原諸島は、日本から切り離され72年5月の施政権返還まで引き続き米国の占領下におかれた。

 また、講和条約発効後、90日以内に占領軍は撤退すべきだが、同時に「旧・日米安全保障条約」を結んだことで、26万人の「占領軍」はそのまま「在日米軍」と名前を変えて駐留を継続。岐阜や山梨にいた海兵隊は反対運動に会い、沖縄に集まってきた。

 そして、旧安保法とともに米軍や基地についての具体的な取り決めが記されたものが、地位協定の前身である「日米行政協定(1952年調印)」
 そこには、「米軍がのぞむ数の兵力をのぞむ場所に望む期間、駐留させる権利」を確保する」ことを目的に、「日本全土基地化」を可能にする内容が盛り込まれた。
 (後に、60年「新安保条約」の締結に伴い、「日米地位協定」として改定された)

 さらに1952年の砂川裁判では「安保条約のような高度な政治性を持つ事案については憲法判断をしない」 という判決が出された。

・・・『安保を中心とした米国との条約群が、憲法を最高法規とする日本の法体系よりも実質上、上位に位置してしまった。


 嘉手納ラプコンは、実は、5年前に管制権が日本に返還されている。
 しかし交渉途中で米軍優先の運用はそのまま、と決まってしまった。

・・・『戦後70年もそのままになっている地位協定の存在は、日本の主権を喪失させ、日本国民の人権を侵し、生命・財産を危うくしています。
  日本は主権国家ですから主権を行使し、日本の領土・領空においては日本の国内法を適用すればいいんです



 実際に、ドイツやイタリアは駐留米軍に国内法を適用している。


 なぜ日本はできないのだろう。


・・・『地位協定を熟知した専門家を育てないと交渉は難しい。
   
   また、国民的な無知と無関心も改定を阻んでいます

   国民全体が状況をよく知り、おかしいという声を上げていくことで、国民の支持があるから政治家も官僚も米国に立てついても大丈夫という環境を作っていかないといけません。



*****

プライドは無いのか?!日本人。

国民的な無知や無関心。
そう仕向けられているのは明らか。

「よらしむべし、しらしむべからず」という魂胆なのだ。

しかし、今は、知ろうとすればることができる!
身の回りでも、何かと話題にしよう。

日本人は『何もしないためには、なんでもする』とニュージーランドの詩人は言っているそうだ。

・・・・「やらない」ためには、どんな言い訳でもする。

   「変化しない」ためには、どんな言い訳でもする。

   やる前から「できない」、だから「仕方ない」。

   その実は、「やりたくない」「変化したくない」。

   自分で動くのではなく、「誰かに変えて欲しい」。

   誰かが変えてくれないなら、「しょうがない」。

   自らが変化しないためには、どんな言い訳でもし、どんな不都合な現実にも目をつむる。

   不都合な現実や、考えたくないことには、蓋をすれば万事解決。


おー、悔しいけど、その通り。
福島の子どもの甲状腺がんのことでさえ、不安がる声を周りから聞かない。
もしかすると知らないのかもしれない。知ろうとしていない。
原発のことは、「東電に働く人もいるので、言えない」、と言ったPTA仲間のお母さんもいた。

あかんでしょ、それじゃ。

『平和へ ― 米軍基地のたたみ方』 ビッグイシュー268号より その1

路上生活者の販売員さんがメッセージを伝えながら、売っている<ビッグイシュー>。
出会った時には、買う。
先日は何冊かおもちだったバックナンバーから、<米軍基地のたたみ方>というタイトルに惹かれて購入した。

沖縄生まれのフリーライター、屋良朝博(やらともひろ)さんの記事である。

沖縄のこと、わかっているようでわからないことがたくさんある。
それをわかりやすく明らかにしてくださっているので、ここで紹介させていただく。

*****

普天間飛行場を含め、沖縄県にある米軍基地の7割は「海兵隊」が占めている。彼らが沖縄に駐留する必要性は本当にあるのだろうか?屋良さんに聞いた


国土わずか0.6%の土地に、国内にある米軍専用施設の74%が集中する沖縄県。
アジア太平洋地域に展開する米軍約10万人の4分の1に当たる2万5千人がこの小さな島に駐留している。

(中略)
しばしば「抑止力」として語られる沖縄配備の海兵隊だが、実際には沖縄の兵力だけで編成できるのは、約2千人規模の海兵遠征隊(非戦闘員の救出や人道支援などを行う)のみ。


 そもそもなぜ、これほど多くの基地が沖縄に集中しているのか。

・・・「沖縄戦は米軍の本土進攻を遅らせる時間稼ぎ、本土防衛の捨石でした。玉砕した沖縄では4人に1人が殺されました。
   戦前から差別され、本土からも捨てられるような島だから、基地問題を国民の目から、“不可視化”するには都合がいいと米政府は判断したのです。
   1950年、各地で基地闘争が盛んになると、本土の米軍基地は縮小され、沖縄の割合が徐々に増えていきました。


・・・「ベトナム戦争末期には、財政のひっ迫した米国が沖縄海兵隊の撤退を検討したこともありました。ところが、73年7月の日米安全保障条約運用協議会で、日本の防衛省は、“アジアにおける機動戦力の必要性”から移転を引き留めました。

   日本側の海兵隊沖縄駐留に固執する態度を見た米国側は、『海兵隊を対日交渉のテコとして利用できる』と考えるようになったことが最近の歴史研究で明らかになってきました」


*****

どう考えても、今の政府のやり方は横暴すぎる。
アメリカとの関係ももちろんあろうが、あの人たち一人ひとりがゼネコンとの利権でがんじがらめなんでしょ?
やめるわけにいかないんでしょ?
沖縄の人々の民意、きれいな海、本当に安全な国、なんてどうでもいいんでしょ?

この国の代表?!
ありえない!

池澤夏樹さんの『私訳・日本国憲法前文』

                                 *誤字改めました。すみません。高田
中村哲さんの『講演録』の中で

・・・「第二次世界大戦では、日本の兵士だけで200万人が戦死し、一般の死者を含めると、さらに数百万の犠牲がありました。アジア全体では、実に2000万以上の人が亡くなりました。
   憲法9条で言う平和とは、私たちの先輩が、こうした悲惨な体験を経たうえで得た一つの結論であったというふうに私は考えております。
   これを単に解釈がどうだこうだと言うのではなく、私たちの力の源泉にして、日本人としての誇りを保つべきだ、とそのように思います」

・・・「平和を守るというのは容易なことではありません。その点では戦争をするほうが、ずっと簡単です。
   平和を守るというのは、ただ単に戦争をしないというだけではなくて、積極的に自分と戦いながら、自分の敵愾心や復讐心などを克服しながら、築いていくものだというふうに、私は思っています」

と語った後で、注釈として、池澤夏樹さんの翻訳(日本国憲法の原文は英語)を掲載しています。
ここでも、取り上げさせていただきます。

*****

 私たち日本人は、正しく選ばれた代表からなる国会を通じて、私たちと子孫のために、日本国を動かす機能は日本人全員が共有するものであること、この考えの上に立ってこの憲法をゆるぎなく制定したことを、まず宣言する。

 これは、世界の国々との協力のもとに得られる平和の成果や、この国土にゆきわたる自由の喜びを私たちが失うことのないように、また政府のふるまいのために戦争の恐怖が再びこの国を襲うことがないように、と考えてのことである。

 日本の政府は、日本人全員が信じて託した尊い意思によって運営される。日本政府の権威は日本人に由来する。私たちの権力は日本人を代表する人々の手を通じて行使され、その結果得られる幸福は日本人すべての人々が受け取る。

 これは人類全体が共有する基本的な思想であって、この憲法もまたこの思想の上に作られている。

 この思想と衝突するような憲法や法律、条例などを私たちは拒否するし、既存のものならば廃棄する。

 
 私たち日本人はいつでも平和を求める世界の人々が仲良く暮らすためには高い理想は欠かせないから、私たちは常に理想を頭に置いてことを決めるこの国の存続、この国の安全は、私たち同様に平和を大事にする世界の人々の正義感と信念にゆだねよう

 国際社会が平和維持のために力を尽くし、暴君や奴隷制、圧制や不寛容などをこの世から一掃するために努力するのならば、私たちはその社会の一角に名誉ある地位を得たいと思う。

 世界中のすべての人々が、平和で自由な社会で恐怖や困窮に悩まされることなく生きるべきだ、と私たちは考える。

 国というものは自国のことだけ考えていてはいけない。
 
 各国の政治は世界共通の道義に基づくべきである。正当な手続きを経て成立したと自負する主権国家ならば、同様の資格を持つ他国との交渉に際して、この道義を無視することは許されない。

 
 私たち日本人は、ここに述べたような高い理想と目的を実現すべく自分たちの力のかぎり尽くすことを、国の名誉をかけて誓うものである。
         [池澤氏のメールマガジン「新世紀へようこそ」から。「新世紀へようこそ(光文社)」にも収録]



*****

 常にこの理想を頭に置く、それが出来ないものに、政治を任せることなど、できるものか!

 日本人全員がこれを読み、経済発展のみを目指し人々の命など顧みない政治家たちを、許してはならない。
 
 許さない!という権利が我々にはある。
 主権者は、私たちだからだ。
 それを私たち自身が、もっと意識しなければならない。

 

ある人生相談 作家・車谷長吉さんの答えが面白い。 なぜ音楽家を選んだのか・・・

もうずいぶん前の記事である。
確か朝日新聞の <悩みのるつぼ> 切り抜いたので日付などわからない。
10年ほど前だっけ。

いつも不思議だった

ジャズミュージシャンは、優しく、穏やかな人がとても多い。
考え方も、偏らず、正義感にあふれている。
まじめで政治のこと・環境問題などにもとても詳しい。
賢くて、物事をよく考える人ばかりだ。就職してもきっと有能な社員になっただろう。

なぜなんだろう?

これを読んで、おー、そうだったのか、と納得。

切り抜いてとっておいた。
いまさらですが、紹介します。

*****

30代会社員の相談
・・・『妻が新興宗教に凝っています。
   大金をつぎ込んでいるとかお祈りばかりしていて生活にならないとまではいかないまでも、2人の小学生の子供に影響を及ぼしていることが心配でなりません。
   何のためにそうする必要があるのかと問いただしても、まともな答えが返ってくることもなく、口論となるくりかえしです。
   信仰の自由があることは知っていますが、信仰や宗教のことでもめることなく、家族で過ごしていく方法はありますか?』

というような相談

それに車谷さんはこう答える。(抜粋)

・・・『私の母親は、次々に新興宗教の教徒になり、それらすべての教団にお金をつぎ込むことによって、人生の苦悩を少しでも軽くしてもらおうとしていました。

   この世の大多数の人の一生は、苦悩の連続です。それに耐えて生きる以外に、生きる途はありません。
 
   耐えられない人は、自殺するか、精神を病むか、どちらかへ進んでいきます。
 
   大多数の新興宗教は「金取り」を目的としています。私の母などは、金を出すことによって、精神的には少し気が楽になっていたようです。つまり騙されて楽になっていたのです。

   この世に人間として生まれてきたことの不幸から、少しでも救われたいと思う人は、文学・芸術・哲学の道に進む以外に道はないのですが、この道に進むことは極めて困難なことです。

   まず貧乏に耐え、勉強をする決心が必要です。その決心は大部分の人にはできません。


   したがって手っ取り早くは、心境宗教以外に道はないのです。

   人間の本質は弱い、ということです。これを変えることはできません。』

*****

 人間の弱さを認め、この世に生まれてきたことの不幸から救われたいと思ったのだ。
 きっと直感的に。

 いやいや、ただ楽しいからだよ、とみんな言うでしょうね。


   

石田 雄さん『戦争に向かった戦前と似ている』 2014年7月7日 日刊ゲンダイの記事 

『恐れているのは沈黙の螺旋…』
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151621

ほんとにそう思う。

ぜひ読んでみてほしい。

石田雄さん。東大名誉教授。92歳。

戦争を経験した人の感じる、『今』の危機感は、説得力がある。

私などが思うことは・・・
「みんな戦争などしたくない。
ひとを殺したくなんかない。
人間の共通の望みであるはずだ」
ということ。

誰が、なぜ戦争を始める?
―自分の愛する者が殺し殺されるかもしれない
―たかが小さい地球の中、同じ水と空気で生きている
―いったい何を守ろうとしているのか
不思議でならない。

けど、ずっと繰り返されている。

***

池田晶子さんの『14歳の君に』の中の<戦争>の章で、頭の中を整理することができる。

≪日本という国は、世界に類がない平和憲法を作り出した≫、という大事な事実からを述べることから始まり・・・

・・・「それぞれおかれた立場によってものの見方が全然違う。戦争を指揮する国家元首にとっては戦争は平和を守るための善となる

・・・「だからこそ、立場や思想によって違わない考え、誰でも同じ本当のことを考える仕方を知らなけれなばならない

・・・「すべての戦争に共通する、本当の原因と言えるものがないかどうか考えてみよう。
   それは、必ず集団によって行われていること。戦争とは必ず集団による行為だ

・・・「では集団(共同体)とは?あくまで人々の『考え』であって、物のように存在してはいない
   さまざまな共同体(日本国、日本人、学校、家族など)に所属している自分が自分なのだと思い込んでいる。
   なぜなら、わかりやすいし、安心だから

・・・「共同体など、自分の考えの中の作り事だということを忘れてしまう。
   するとどうなるか。
   作り事を現実と思い込んだ人間同士、共同体同士が、その利害や名誉を賭けて、争うことになる

  「作り事だと分かっているなら、どうしてその作り事のために命を捨てたりするだろう。
   頭の中のもののために殺しあうなんて馬鹿げたことをするのは、生き物の中でも人間だけだ

・・・「いったん殺し合いが始まれば、憎悪が憎悪を生む

・・・「試みに、『私は日本人である』 『日本国に所属する』と言ってみる。
   自分は何者かであると規定すると、同時に『自分以外の者』をも規定することに気が付くだろう
   『自分』と『自分以外の者』という気持ちは、利害や名誉といった何かをきっかけとして、容易に『敵』と『味方』という対立へと変化する

・・・「戦争とは、『自分たち』が『自分たち以外』を、『敵』として武力で排除しようとする、集団的な心の動きだと言うこともできる

・・・「現実に肉親を殺された人の憎悪は現実だ。そういう個人の感情である物を、共同体の正義だと言い換えれば、殺人も報復も、正しいものになる
   正義の名のもとに、団結を固くすることもできる

・・・「戦争している国同士は、必ず、自分たちの国が正義で、相手の国が不正なのだと思っている。
   しかし、国なんて存在しないもの、頭の中にしかない作り事の、正・不正をどうやって判断する?
   人間にできるのは、現実に存在する個人が、その置かれた現実の中で、いかに正しく行為できるか、それだけなんだ

・・・「戦争に反対すると口でいうのは簡単だ。戦争に加担するのも。
   難しいのは、そもそも戦争とは何なのか、なぜ戦争するのかということについて考えることだ

***
なんと賢いのだ、池田さん。
このわかりやすさ。
すごい。

江藤光紀さん(音楽評論家)が 11月8日の清水邦子さんとのコンサート『武満を歌う』を絶賛!

音楽の情報Web Site <Classic News> http://classicnews.jp/c-news/index.html の 『東京音楽通信』のコーナーNo.170(11月26日発行)で、江藤光紀さん(音楽評論家)が 11月8日の清水邦子さんとのコンサート『武満徹をうたう』のことを書いてくださっています。

なんだか、とてもうれしいのですけど!!

以下、転載させていただきます。

*****

ジャズ色の武満ソング

清水邦子(メゾ) 高田ひろ子(ピアノ) 武満徹をうたう ―― 合唱や歌もののコンサートにいくと、ちょっとしたアクセントやアンコールピースとして武満のポピュラー・ソングをよく耳にします。でも、この日はジャズピアニストをフィーチャーして、武満ソングだけでプログラミング。アングラな会場やアップライト・ピアノのひなびた感じも雰囲気たっぷりです(11月8日、ザムザ阿佐ヶ谷)。

武満の歌曲はクラシカルなオン・ビートの視点で見ると、フレージングに字余りや字足らずなところがあって、よく言うと個性的で、ちょっとひねってある感じがする。でも、今回のようにピアノが絶えず即興でスィングしていると、フレージングの違和感のようなものがすっきり消えてしまうんですね。ちょっとした驚きでした。

これはピアノの高田ひろ子の生き生きとしたパフォーマンスが開いてくれたパースペクティヴだったように思います。彼女はこの日、「雨の樹素描Ⅱ」も演奏しました。これはメシアンを追悼して書かれたもので、だから現代音楽のスペシャリストたちはここにメシアン的な音響空間を見いだそうとするし、リスナーもそういうものだと思って聴いている。しかし、ジャズピアニストが弾くと、これが全くジャズにか聞こえない。この曲の真ん中にジャズっぽいコードがでてくるんだけど、こういうところも狙いを定めるかのようにぞくっと弾いてみせる。

武満がジャズ好きという事実は有名なのに、それが実作と深く結びついていることは意識してこなかった。それがこの日のうれしい発見。 <江藤光紀>

*****

『違和感のようなものがすっきり消えてしまう・・・』とか、『(雨の樹が)全くジャズにしか聞こえない』なんて、最高のほめ言葉で、私は天に昇ってしまう!
ありがとうございます!江藤さん。

そもそも、映画監督の水谷俊之さんが、清水さんと私を組み合わせたらどうだろう、と思いついてくれました。私たちは畑違いで、なかなか知り合う機会もなかったろうと思います。

そもそものそもそも、水谷俊之監督は自作の映画の何本かに 澄純子(vo)さんを音楽監督として迎えていました。その中の数本は私も加わり、水谷監督と知り合うことになりました。(なかなか面白い経験でした)

その後、東北の大震災が起き、なにか私にも出来ないかとにじにじした思いのなか、澄さんが計画した<石巻うたい隊>に私を誘いってくれました。2回目から、水谷監督も、『その様子を記録しておきたい』と同行することになりました。東北の悲惨な爪あとを一緒に見、感じ、話をしました。

そして今年の初め、『清水邦子さんというすばらしいオペラ歌手の方がいるんだけど、武満をうたい始めている。でもクラシックの中だけで武満をやると、なんか違う。ひろ子ちゃんやってみない?』とお誘いを受けたのでした。

武満徹の作品は、10数年前、やはりメゾソプラノの地引憲子さんと数回コンサートを行ったことがありました。そのときは、地引さん自身がアレンジをした譜面があり、自由に弾いてとおっしゃっていましたが、その確固たるイメージを私はいじりようがなかった。地引さんもすばらしい歌手です。でも、譜面があるために、私がジャズピアニストであることを生かせなかった。今となると残念なことです。

今回は、武満さんの歌曲はピアノ伴奏譜も出版されているので、それを見ながら弾いたり、いろいろやってみて、譜面を見ながら<自由に>というのは、とても不自然であること、思い知りました。最低限の決まりごとがあるだけ、というジャズの自由さは、すごい!
<譜面どおりに弾かない>と意識をしなければならないなんて、<良い音楽にする>ことが目的の演奏家にとって本末転倒ですから。

武満さん自身も言っています。言葉は違うかもしれませんが、『自分のイメージを具体的に譜面に表せば表すほど、自分のイメージから遠ざかる・・』 ということ。

とても良く分かる。

「雨の樹素描Ⅱ」の譜面からも、それを感じます。具体的に書くのはここまでにしよう、という武満さん自身の、自制した意思を感じます。あるいは、イメージを表すためにどうしよう、と思案した結果のたとえば5連符だったり。一拍を五つに割れ、という意味ではなく、その記譜法の不自由さにもどかしさを感じている感じ、すごくします。

あー、楽しかった。

それもこれも、清水さんが素晴らしかったからなのです。
初日、クラシックの方にジャズの流動的で感覚的なやり方が、どう通じるか、不安でした。清水邦子さんは、エレガントなのに、さばさばしていて、かっこ良く、初めてのリハで、すっかり意気投合してしまいました。
清水さんは感性に加えて、やわらかさと瞬発力も兼ね備えていて、びっくり!くっと捕まえてすっと乗ってくれます。聞くと、陸上短距離や走り高跳びの選手だったと!なるほど、納得!

また清水さんはとても歌詞を大事に歌われるので、その歌詞のイメージがピアニストにも伝わってきます。私は音に集中していますが、音として歌を聴いていると、その音色に現れるので、そのイメージを汲み取ることが出来ます。
二人が未知の楽曲に、同時に取り組み、<共同作業をしている>という実感がとてもありました。

今後も、清水さんとのコラボ、続けたいと思います。
まだ、はじめたばかり、という感じ。
どんどん深まる予感がします。










「試験場で車の免許取得!根性や!」について 続き 2014/8追記

試験場で車の免許取得!根性や!」について
取得時講習受けました。
朝11時から夜8時半まで。
高速走行の実習と、危険回避のため街を走る実習とディスカッション。救急救命の授業3時間。
体力気力とも、疲れた。

高速道路走行は、湾岸を横浜から川崎まで。80kmまで加速しないと合流できない!当たり前?
恐かった・・・。考えるとものすごく怖い。私のハンドル操作が拙いと、大変な事故になるのですから。おっとろしい。
みんな平気で追い抜いて、前に入る。
でもまあ最も恐ろしかったのは教官と、何の因果か同乗する羽目となった、もう一人の受講者の方。

試験所で、直接一発で取りたい方、取り方伝授しますよ。

*****

その後、車を持っていないのでカーシェアを申し込み、何度か乗った。
ひとりで車庫入れもできるぞ!汗かくけど。
『こちとら初心者マークやぞー』と言いながら、走る。がっと割り込んでくる意地悪もいる。

先日は、欲しかった大物を買いにIKEAに行く。港北インターあたりが混み、にじにじと進む。
カーシェアなので時間も限られているから、ちょっとイライラする。

大物を運ぶには仕方がないけど、やはり、自転車に限る!と実感する。


ハーリル・ジブラーン(カーリル・ギブラン)の詩 『Children』 に ドキ!

久しぶりに武満徹の『音、沈黙と測りあえるほどに』を読もうと開いた。

最初の章<Vita Nova>ではやくもドキ!

ハーリル・ジブラーン(カーリル・ギブラン)は1883年生まれのレバノン人の詩人。画家でもある。1895にアメリカに移住し1931年ニューヨークで没する。

この詩は代表作『預言者』のなかの一篇で、大変有名な詩だそうだ。

子どもを持った今だから、引っかかったのか・・

子どもと親の関係は悩ましい。
「親の責任」って?
「親が子どもの幸せを願う」って、親の勝手?
「別々の人格であるけど、親子であること」ってどこまで深い?
などなど・・・

この詩はある意味そのへんをスッキリとさせてくれる。


・・・*・・・

あなたの子どもは あなたの子どもではない

彼らは生きることそのもののための 人生の望みの息子であり娘だ

彼らはあなたを通ってきたが あなたから来たわけではない

そしてまた、彼らはあなたと共にいるが、あなたのものではない

あなたは あなたの愛を彼らに与えてもいいが、あなたの考えを与えてはいけない

彼らは彼ら自身の考えをもっているから

あなたは彼らと共に住むだろうが、彼らの魂と共に住むわけではない

なぜなら 彼らの魂は明日の家に住む、そこにあなたは夢の中でさえ訪ねることはできない

あなたは彼らのようにあろうとしてもよいが、彼らをあなたのようにしないように努めよう

なぜなら 人生は後戻りはしないし、昨日に留まりもしないからだ

あなたの子どもが生きた矢として あなたから放たれる

射手は永遠の道の上に的を定め、矢を遠くへ速く放つために、彼の力であなたをたわませる

射手の手があなたをたわませることを喜びとしよう

彼は飛んでいった矢のように しっかりとした弓をも愛するのだから



Children Chapter IV

Your children are not your children.
They are the sons and daughters of Life's longing for itself.
They come through you but not from you,
And though they are with you, yet they belong not to you.
You may give them your love but not your thoughts.
For they have their own thoughts.
You may house their bodies but not their souls,
For their souls dwell in the house of tomorrow, which you cannot visit, not even in your dreams.
You may strive to be like them, but seek not to make them like you.
For life goes not backward nor tarries with yesterday.
You are the bows from which your children as living arrows are sent forth.
The archer sees the mark upon the path of the infinite, and He bends you with His might that His arrows may go swift and far.
Let your bending in the archer's hand be for gladness;
For even as he loves the arrow that flies, so He loves also the bow that is stable.
© Khalil Gibran. All rights reserved

試験場で車の免許取得!根性や!

アメリカに住む友人に聞いたことがある。
「運転免許の試験場に、車で行く」と。

?!

試験場の周りを1周して、ブレーキランプ(だったか)を点けてみておわり。
そしてかかる費用は、なんと5000円しない。
アメリカは留学・転勤など6か月住むと、免許を取ることができる。
教習所というものが存在しないのかな。
身の回りの運転できる人にその辺で教えてもらうという。

今まで私の友人に聞いた中で一番高かったのがスイス。さすが、物価も収入も高い国。
しかしそれでも3万円!

日本はなんじゃ!今じゃ最低30万くらい。
日本の都会での運転は道路は狭いし人も車も多いし、難しいと思う。
しかし、教習を受けるにしても、30万はないでしょ・・・と思うんですけど。

歳をとると年齢×1万円分費用がかかるという話もよく聞く。30万では済まないらしい。
どうして日本人は文句も言わず従うのだろう。

だが不思議なことに、私の周りには、試験場で直で取った人や外国で取った人が意外と多い。

今6か月留学というわけにもいかないし、よし!私も免許を試験所で取るぞ!と燃えたのであった。

***

私の普段の生活は自転車が自家用車だ。どこにでも行く。最遠は江の島。
コメも5キロなら積む。
缶ピールも1ケースくらいは積んで走る。
試験場にも片道1時間かけて自転車で通った。運動運動。

「サバイバルやね」、と言われたこともあるが、エコロジーでもあるのだ。

自転車は非常に快適。大好き。
出先で駐車場を探さずにすむ、渋滞は無縁、運動になる、季節を感じる・・・いいところはたくさんある。
困るのは雨の時くらい。

免許取ろうと思ったきっかけは、年老いた母、今はぴんぴんしているが、田舎にいるので車でないと動きが取れない。面倒を見るといっても、車なしでは話にならないかも知れないと思った。
田舎と言っても世界遺産のある地方都市・姫路の市内なのだが、年寄りのことなんか考えずバスの便数は減るばかり。1時間1本じゃどうしようもない。
ヨーロッパでは、姫路位大きな都市ならトラムが網の目のように本数も多く走っているというのに。乗り継ぎは一枚のチケットでし放題。低いプラットホームから段差なしで乗り降りできる。お年寄りの病院通いも楽だろうと思う。

どうやって練習したかというと・・・
試験のない土・日曜を練習のために試験場を開放している。頼めば先生もついてくれる。
コースと車の借り賃・5000円、車持ち込みだと3500円。
先生に頼むと2000円。3年以上の経験のある人に同乗してもらってもいい。

ここで私は通算8時間練習した。半分は教官についてもらい、あとはやはり同じ試験場で一発で取った連れ合いに同乗を頼んだ。
その間に仮免の学科もとってしまい、いよいよ実技試験。

オートマチックの免許。アクセルを踏むと動く。
しかし、発車するまでにもいろいろやることがあり、パニックになる。
まずは安全確認。1にも2にも安全確認。
シートを調整し、ミラーを調整し、シートベルト。ブレーキ踏んで、エンジンかけて・・・Dに入れて、サイドブレーキを下げて・・・さらに安全確認してウインカーをだし・・・・
サイドブレーキが下り切っていないことがしばしばあった。
運転する人たちはこれらをすっとやってしまうので不思議に思う。

試験第1回目、なぜか無事、完走。S字・クランクも上手に通過。
しかしその後、乗り上げたり、左折の際左に寄りきれないなどで、完走できない。
8回も落ちる。
途中でくじけそうになる。
永遠に仮免取れない妄想にかられる。
最後のほうは試験官も、「あーあ、おしい」と残念がってくれる。
そうこうするうち、最初の頃より、ずいぶん車に慣れていった。

9回目でやっと仮免取得。大学受験に合格したとき、こんなにうれしかったかなあ、と思う。
落ちてしまった前後の人に、アドバイスしたりする。(試験場に来ている人は、取り消しになった人など、もともと運転をしている人たちが多い。私などより運転巧者なわけだ。そんな人にアドバイスする初心者の図はものすごく妙ですけど・・・。その人たちは、これでもかというほどの安全確認や、止まれの3秒停止、徐行の10㎞/h以下の走行など、まどろっこしくてやってられないのだろう)

仮免受かってあまりの嬉しさに気が緩む。
グズグズしているうちに冬に突入。私は寒い間は冬眠しているも同然だ。気力が落ちる。そんな時にガンガン落ちるのに耐えられない。
しかし仮免の合格後半年の期限もある。

がんばって、とある教習所の入会金込・1時間5回パック(21,000円)で、路上運転を習う。教習車なので、教官側にもブレーキが付いている。そうでないと、一般道など恐ろしくて走れない。
いつも自転車で通う道など通ると感慨深い。
「要は損得勘定ですよ!」と何かと言う面白い教官。安全確認が甘いと徹底的に仕込まれる。
しかし、安全確認については、自転車に乗っているとき、車の怖さもよく目にしたし、体験もした。車の運転者が、通行人や自転車を見ていないと思う事もよくある。だから、自然と確認しようとするようだ。互いに逆の立場の観点を知り、場面場面で想像するのは良いことだと思う。

運転しているうちにふと気が付いた。道路は車が走れる幅になっている!当たり前だ!だが車幅感覚がまだ曖昧な私には白線が力強い味方となった。

路上がうまくいくと試験場内で、縦列駐車か方向転換。
1回目なので最後まで行けないだろうと思ったが、試験場に無事戻ってきた時、なんと試験官が「じゃ、縦列駐車をやりましょう。」!おー、縦列!
車庫入れの練習は兄に1度1~2時間駐車場で教えてもらっただけ。縦列は、2回くらいやってみただけで、あとは頭の中でシミュレーションのみ。えいや!きれいに入った。
試験官からも「きれいに入りましたね」とお褒めいただいた。
また、「免許持ってなかったんですか?運転はスムーズですね」とも。自転車で鍛えられていたか。
私は有頂天!

一発合格となったのでした。

で、免許を取るのに私はいくらかかったと思う?13万円。
プラス取得時講習13,400円。
すごい?

泉田新潟県知事、がんばれ! いまさらですが。

書いたままでタイミングを逃しアップしそびれていました。
しかし、やはり、もし、泉田さんが原発を受け入れたと誤解している人が、このブログを訪れる人の中でひとりでもいたら・・・と思い、やはりいまさらですがアップします。

*****

9月25日、新潟の泉田知事が、柏崎刈羽原発に関する東電の安全審査の申請書を、「お預かりします」と受け取った。
大事なのは、そこに条件を付けたことだ
見落としてはならない。

1、県との安全協定協議後に再申請する
2、フィルターベントと住民の避難の整合性


ということは、再稼働はできないぞ、ということが一層具体化したという事。

YOUTUBEに、3つに分けてアップされている。
これは3本の2本目。
http://www.youtube.com/watch?v=M0SFTj_b6wA&feature=player_embedded

この出来事に関して、なんとNHKニュースでは、条件付きであることには言及せず、申請書を受け取るところしか報道しない。
新聞でも、「再稼働に一歩前に踏み出した。」とか泉田知事が折れたような印象を与える報道が多かった。

原子力村の圧力はものすごいのだ、と恐ろしく実感する。

今、実際に原発稼働に関して権限を持つ『知事』という立場で、泉田さんのように正しい考え方をしている人は少ない。
最後の砦か・・

もし泉田さんがやり通すことができれば、原子力などやってはいけないこと、何にも釣り合わないことが、やっと堂々と政治的議論の明るみに出る。そして実際に再稼働する必要などないことが証明される。

再稼働反対運動がそこかしこにある。

再稼働反対の膨大な署名も政府に提出されている。

実際に世論調査で、原発をなくしたほうがいいと考える人は圧倒的多数だ。マスコミがジャーナリズムの魂を売っているのにもかかわらず。

市民は危機を感じている。

でも、どうしても原発廃止に進まない。
民意はことごとく無視されている。民主主義では許されることではない。

もう、『民意』というものにさえ、力はないのか。国民のための政治であるのに。

すると、泉田さんのように、再稼働するかどうかについて実際に力を持つ人が、具体的な動きをする・・・そこからしか、この腐った原子力村の強大な力を崩すことができないように思う。

正しいことをしている人・言っている人へのバッシングは始まっているらしい。
もし、不信感を感じたら、泉田さんの話すのを聞いてみて欲しい。
どちらが邪悪なのか、明らかにわかる。


祈りの効果

たけしの超常現象・・なんちゃらという番組の中で、医者が言っていた。

「遠くからの祈りでも、たくさんの祈りは病気の人の治癒力を高める」と。
データがあるそうだ。

バラエティだし、まゆつば?
それでも、信じたい。

いわゆる気を送る、念を送るというやつでしょうか。

物事が手に入るように願う祈りなどではなく、健康になって欲しいと願う祈りって、力があるような気がする。

「病は気から」というように、人の体は精神と別にはならないから。

その精神を支えようと、他人がする心配、良くなるようにと願う祈り、その人のことを思うこと・・・
何かしら、伝わり、その人の治癒力にも影響するというデータ、私は信じる。

病気の友のために、たくさん祈ろう。小さい力だけれども。




辺見庸さんのいいインタヴューみっけ

辺見庸さんの語り口が好きだ。
考えつくした事を整然と、シンプルに、話す。
そこには真実がストレートに語られている。
これこそ本当のジャーナリズムだと思う。

こういうふうに言いたかったのよ、と思うが私にはこんなに確実にシンプルに言葉を選ぶことができない。
だから、ここに、リンクを張らせてもらい、時が経つうち消えてしまうだろうから、内容も張らせてもらう。


******


 『現在は戦時』 辺見庸さん  2013年9月8日 カナロコより
http://www.kanaloco.jp/help/aboutlink/


  喉がしきりに渇いた。喫茶店で向き合った辺見庸さんの問いに、即座に答えられずにいた。

 「現在は平時か。僕は戦時だと思っています。あなたが平時だと思うなら、反論してください。でないと議論はかみあわない」

 安倍晋三政権が集団的自衛権の行使に向け、憲法解釈を変えようとしている。なりふりかまわぬ手法をどう見るか、そう尋ねた後だった。

 「十年一日のようにマスメディアも同じような記事を書いている。大した危機意識はないはずですよ。見ている限りね」。いらだち混じりの口調。低くゆっくりとした声が耳の奥深くに重たく響く。

 「日中戦争の始まり、あるいは盧溝橋事件。われわれの親の世代はその時、日常生活が1センチでも変わったかどうか。変わっていないはずです。あれは歴史的瞬間だったが、誰もそれを深く考えようとしなかった。実時間の渦中に『日中戦争はいけない』と認められた人はいたか。当時の新聞が『その通りだ』といって取り上げたでしょうか」

 ずっと以前に有事法制は通っている。そして集団的自衛権の憲法解釈の変更への傾斜、秘密保護法案…。「今が戦時という表現は僕は必要だと思う」。辺見さんは念を押した。


■堕落
 〈ファシズムとはいかなる精髄も単独の本質さえない〉
 イタリアの作家、ウンベルト・エーコの言葉を辺見さんは引く。

 「日本のファシズムは、必ずしも外部権力によって強制されたものじゃなく、内発的に求めていくことに非常に顕著な特徴がある。職場の日々の仕事がスムーズに進み、どこからもクレームがかからない。みんなで静かに。自分の方からね。別に政府や行政から圧力がかかるわけじゃないのに。メディア自身がそうなっている」

 ファシズムの話は、神奈川県教育委員会が「日の丸・君が代の公務員への強制」に触れた実教出版の日本史教科書を排除した問題に及んだ。

 「あれは県教委が高校に圧力をかけ、特定の教科書の不採用を押し付けているだけの話ではない。言いぐさがすごい。『強制』ではなく『責務』だ、と。その論法にあなた方はどれだけ反論しましたか。堕落してますよ。あいつらも、新聞も」

 クラシックが静かに流れる店内に長い沈黙が続いた。「ガガーッ」というコーヒー豆をひく音に、記者はびくっとした。

 例外を認めず、従わぬ者を監視し、氏名を集め、報告する社会。「強制っていうのは身体的強要を伴う。起立させ、歌わせる。人の内面を著しく侵している。これがファシズムでなくてなんですか


■転覆 
 橋下徹大阪市長の従軍慰安婦発言、在日外国人への罵詈雑言、麻生太郎副総理のナチス発言。「無知」で「醜い」ことが立て続けに起きている。

 インタビューの最中、辺見さんは何度も「ディストピア」という言葉を口にした。ユートピアの反対語で「暗黒社会」だ。

 レイ・ブラッドベリの『華氏451度』、ジョージ・オーウェルの『1984年』などがディストピア小説として知られる。

 「華氏451度の世界では、本を読むことが禁止されている。そこで人間が記憶する歴史は数年だ。スポーツが奨励され、深く考えないことも奨励されている。まさに今です

 植民地支配と侵略の責任を認めた「村山談話」の継承を否定してみせた安倍首相の歴史認識。辺見さんは「歴史の修正ではなく、歴史の転覆だ」と言う。

 「平和性を自己申告して、千数百万人から2千万人が殺されたアジアの人たちの誰が信用しますか。好戦的な国か、平和な国かは他の国が決めること。旭日旗に対する恐怖は彼らに焼き付いている。相手の恐怖に対する想像力を著しく欠いている

 首相や閣僚、首長の歴史転覆発言。福島第1原発の汚染水が垂れ流される中でのオリンピック誘致の狂騒-。華氏451度の世界そのものだ。


■虚無
 ディストピア小説で予測されたのは全体主義だった。だが、誰も予測しなかった恐ろしいことが今、起きているのではないかと辺見さんは危ぶむ。「虚無社会です。人の内面も空虚になっているのではないか」。忖度、斟酌、皆一緒。言葉を脱臼させ、根腐れさせるシニシズムがはびこる。進んで不自由になろうとする社会に、どう抗えばいいのか。

 「個として、戦端を開いていくべきだ」。辺見さんは力を込めた。

 「違う」と声を荒らげることが、むなしいこと、かっこ悪いことという空気が醸される中で、一人で怒り、嫌な奴をぐっとにらむ。

 「自由であるためには孤立しなくちゃいけない。例外にならなくてはいけないんです」。例外を認めず、孤立者を許さない。それがファシズムだからだ

 インタビューを終え、横浜に戻る。右翼の街宣車が朝鮮学校への補助金を止めるよう、甲高い声でがなり立てる。野球観戦に向かう家族連れがその横を歩く。飲み屋の明かりに背を向け、痩せこけた白髪の路上生活者が段ボールの上でくの字に体を縮めている。

 見えて聞こえていたのに、やりすごしていた日常が、突き刺す風景として立ち上ってきた。

 取材の2日前、辺見さんは都内で「死刑と新しいファシズム」と題した講演を行っていた。前売り券は売り切れ、聴くことができなかった。

 人でありながら人でなく、絶えず監視される死刑囚の状態を「禁中(宮中)と似ている」とし、その内側を知ろうとしないわれわれ。「日本はあらかじめファシズムの国」なのではないか-。

 辺見さんはそう語ったと、後日届いたメールで知った。


◆ファシズム
 広義には第1次世界大戦後、世界の資本主義体制が危機に陥ってからイタリア、ドイツ、日本などに出現した運動や支配体制を指す。全体主義的、権威主義的で議会政治の否認、一党独裁、市民的・政治的な自由の極度の抑圧、対外的には侵略政策をとるのが特色。合理的な思想体系を持たず、もっぱら感情に訴え、国粋的思想を宣伝する。

●へんみ・よう
 1944年宮城県生まれ。70年、共同通信入社。初任地は横浜。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを務める。78年、中国報道で新聞協会賞。91年「自動起床装置」で芥川賞、94年「もの食う人びと」で講談社ノンフィクション賞。96年退社。2011年、詩文集「生首」で中原中也賞。近著に小説「青い花」。

もう一度 /恐るべし! 50年代米公文書「原子力技術協力で日本を『治療』 毎日新聞2011/7/24

2011/7/24の毎日新聞に衝撃の記事がありました。考えとしてあるだけでなく、公文書として公開されるとは!
以下、要約し、一部掲載させていただきます。
*****

米国:原子力技術協力で日本「治療」 米政府が50年代、反核感情高まり憂慮

 1954年3月1日に太平洋ビキニ環礁で米国が行った水爆実験で静岡の漁船「第5福竜丸」が被曝し、原水爆禁止が国民運動となる中、危機感を深めた当時のアイゼンハワー米政権が日本の西側陣営からの離反を憂慮、日本人の反核嫌米感情を封じ込めようと、原子力技術協力を加速させた経緯が、23日、米公文書から明らかになった。

 共同通信が米国公文書館で収集した各種解禁文書は、核に「無知」な日本人への科学技術協力が「最善の治療法」になるとして、原子力協力の枠組みや日本人科学者米施設への視察受け入れを打ち出す過程を明記。米側が「原子力の平和利用」をテコに日本世論の懐柔を図り、被爆国が原発導入を進めるに至った源流が浮かび上がった。

 アイゼンハワー大統領は54年5月26日にダレス国務長官に覚書を送り、被曝事件後の「日本の情況を懸念している」と表明。「日本での米国の利益」を増進する方策を提示するよう求めた。これを受け、国務省極東局は大統領宛極秘覚書で「日本人は病的なまでに核兵器に敏感で、自分達が選ばれた犠牲者だと思っている」と分析。打開策として①被曝乗務員への賠償②米側からの「放射能に関する情報提供」③吉田茂首相への遺憾表明―を挙げ、『放射能』に関する日米交流が「日本人の(核への)感情や無知に対する最善の治療法」になると指摘した。
<2011・7・24 毎日新聞 東京版朝刊>

*****

核爆弾で広島・長崎が壊滅し、何十万人が亡くなったのに、
「核に無知な日本人」って!?
「病的なまでに核兵器に敏感」って!?
「自分達が選ばれた犠牲者だと思っている」って?!
「最善の治療法」って?!!!

どこからそんな言葉が出てくるの?
いやーまいった。
ほんとに、イラクやアフガンの人々の命を、なぜあんなに軽んじる事ができるのかと思っていたけど、日本に対しても全く同じなのだ。"友達"なんかじゃ決してない。

小出先生の言う、「差別」がここにあるのだ。
日本人が、被爆国でありながら、反核を推し進められなかった背景は、こういうことだ。

そのせいで、現在大変な事になっている。

これが犯罪でなくて何なんだろう。

2400年前に、プラトンが「国家」で「正義」について語っている。
何も変わっていないのだなあ。
・・・人間が自分の利益を求め、不正な事との区別がつかなくなる。そのことを解明していく。

人間の幸せとは、どういうことを言うのだろうか。

少なくとも、人の命や魂を犠牲にして得られる事ではないことは明らかだ。


*****追記
併せて、映画監督オリバー・ストーン氏の、2013年8月6日広島での講演会の記録を見て欲しい。

吉岡 斉さん(九州大副学長・教授) 『残り続ける <核の墓場>』

―毎日新聞・特集ワイドより

とても理路整然と、淡々と、真実を語る吉岡さん。箇条書きにしてみた。
とても恐ろしいが、これが真実だ。
この事実を見ない振りし、被災地の人々の生活より、いまだに推進するため莫大な予算を使っている安倍政権。
選んだのは誰だ。



・2011年3月に発生した福島原発事故を契機として、日本では脱原発の推進が国民の多数意見となった。
 当時の総理大臣だった菅直人氏が同年7月に「脱原発依存」を唱えたことが、脱原発を語ることへの国民の強い忌避感を取り除き、世論の地滑り的変化の発端となった。

・安倍晋三政権は日本の原子力発電の復活を目指しているが、活路を開くのは容易ではない。たとえ原子力規制委員会が今年7月に新規制基準を導入し、日本全国の原子炉が新基準に適合するとのお墨付きを得ても、周辺地域住民が同意しない限り、再稼働は実現しない。30キロ圏内の全ての市町村や都道府県、さらにはより遠方の市町村や都道府県の意向も、尊重せねばならない。ごり押しは政治家や首長にとって致命傷となる。

原子力施設の設置や運転に関してひとたび膠着(こうちゃく)状態が生ずれば、政治・行政権力がいかに事態打開に力を注いだとしても、一歩も先に進めなくなる。高レベル放射性廃棄物処分施設の立地地点探しはその好例である。

・原子力発電のシェアは再稼動が一定程度進んでも5%を超えないだろう。
 その程度の代替は、年1%のエネルギー消費の自然減が進めば5年で実現する

・省エネや再生可能エネルギーの大幅拡大は重要で、その目的は化石燃料の消費削減。

・『核の墓場』とは高い安全性を持つ恒久的な施設だけでなく、核物質の暫定的な貯蔵所、寿命を終えた核施設の廃墟、核物質に汚染された広大な大地なども含む。

・福島原発1・2・3号機の圧力容器・格納容器の損傷部分を塞ぎ冷却水を満たす見通しさえない。
 それが実現しても核燃料の残骸を完全に回収できないため原子炉が解体・撤去されずに放置される恐れが濃厚。

・核物質は「消せない火」。無間地獄のように半永久的に放射線を放出し続ける物質である。
 それに加え、今後日本の財政事情がますます悪化し、処理・処分コストを支払えなくなるという事情もある。
 金の切れ目が処理・処分の切れ目となり、日本全国いたるところに『核の墓場』が立ち並ぶのである

*****

これらは周知の事だ。皆、本当は知っている。

私たちは考え、報道もされ、本もたくさん出て、知らされていなかった真実を知る事ができた。

どきどきして過ごしたあの頃からまだ2年しかたっていない。
これまでのやり方は間違っていた、じゃぶじゃぶと電気を使い、お金と家はあるけど家族と過ごす時間がない、などという本末転倒な価値観の中で働かされ、ここまで経済発展などする必要がなかった、とぐるっと考えをめぐらせてはみなかったか。

でも今市民はまたもや、原発を推進してきた政党を選んだ。その政党は、マスコミを巻き込みながら、元通りの筋道を進むべく、社会科の教科書にも口を出し、私たちをまたもや操作しようとしている。

2%の経済成長・・・
GNPはのびても市民の不安は消えず、家の電気製品が便利になるだけで、本当の意味で豊かになどならない・・そんな日々に逆戻りするだけだというのに。
又地震が起こったり原発下の断層がずれたら、日本は終わりかもしれないというのに。
世界に毒物を今でも振りまいているというのに。

市民が変わらないから国が変わらない。
それも、知った。

中村 哲さん/医師 『憲法9条・守るより実行すべきだ』

毎日新聞6月6日夕刊の特集ワイドから 記者/小国綾子さん
http://mainichi.jp/feature/news/20130606dde012040026000c.html

尊敬する中村哲さん。
もともとパキスタンのハンセン病の医療支援に始まり、後にアフガニスタンの無医村でも医療活動していた。2000年アフガニスタンの大干ばつにより、『清潔な飲料水と食べ物さえあれば8・9割の人が死ななくて済んだ』と、井戸を掘り、03年からは用水路建設に尽力してきた。
砂漠化した大地が3500㌶の畑にかわり、植えられた75万本の木々の緑を見ると、感動し涙が出る。この灌漑のおかげで15万人の難民が戻ってきたそうだ。15万のいのちと生活が復活したのだ。

この実行力!

その人が言う。


・・・『憲法はわれわれの理想です。理想は守るものじゃない。実行すべきものです。
   国益のためなら武力行使もやむなし、それが正常な国家だなどと政治家は言う。
   これまで本気で守ろうとしなかった憲法を変えようだなんて。私はこの国に言いたい。憲法を実行せよ、と』

・・・『どんな山奥のアフガニスタン人でも、広島・長崎の原爆投下を知っている。その後の復興も。一方でイギリスやソ連を撃退した経験から「羽振りのよい国は必ず戦争する」と身に染みている。だから「日本は一度も戦争もせずに戦後復興を成し遂げた」と思ってくれている。他国に攻め入らない国の国民である事がどれだけ心強い事か。
  アフガニスタンにいると、<軍事力があればわが身を守れる>というのが迷信だと分かる。
  敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。


・・・『道徳や倫理は完璧に守れるものではない。
   なんとか守り、実行しようと努力する事が人間を大きな誤りから押しとどめてきた。』

・・・『ちっぽけな国益をカサに軍服を着た自衛隊がアフガニスタンの農村に現れたら、住民の敵意を買います。日本に逃げ帰るか、或いは国籍を捨てて、村の人と一緒に仕事を続けるか』

  ―長いため息を一つ。
  
  『本当に憲法9条が変えられてしまったら・・・・。僕はもう、日本国籍なんかいらないです。』

ほんとに私もそんな心境だ。
 ― その前に、「わが国に来て下さい」、と思われるような人間でなければならないのだ。クー!


ピアニスト・高橋悠治さんの本 『きっかけの音楽』から

本自体は2008年出版、この文章は2001年9月に書かれたもの。

2001年9月11日の同時多発テロの後、アメリカがアフガニスタンやイラクに攻撃をし始めました。戦争を仕掛けることを正当化するアメリカのその理論に空恐ろしさを感じ、人間の愚かさに悲しくなり、「For A New day」という曲を私も書きましたが、高橋悠治さんは、とても端的に冷静に言葉にされています。

ボストンで再びテロが起こり、緊張状態のアメリカ。
不幸な連鎖に再びならない事を願って。

*****

 「テロリズムと」 いう言葉で、そこに至るまでのプロセス・その原因や条件を作った者の責任をかくしてしまう。

 味方でないものは敵だ、武器援助か空爆か、食糧支援か経済制裁か、えらべという二元論。
 それに向き合い、戦争か平和か、どちらかに態度を決めなければならない。
 ・・・これこそ罠ではないだろうか

 理解することなく、現象にとらわれて。

 今起こっていることは突然でもなければ、理由のないことでもない。

 こうなるまでに、アメリカ政府が何をやってきたか、何をやって来なかったか。

 誰に武器を与えていたか、その武器はどこで使われたか、誰を虐殺していたか・・・

 その責任は誰がとっているのか、とっていないのか。

 それらの歴史的条件・半世紀の蓄積の上に、今日がある。




 

プラトン 『国家』 第8巻 美しい事と醜いこと

 今の政治に私はかなり打ちひしがれている。

 経済発展ばかりを強調し、明らかに原発を作ってきた責任があるのに反省の欠片もない政府・自民党。実に腹立たしい。自らが作って利権にまみれたせいで、たくさんの子ども達にのう胞が見つかり、早くも3人の甲状腺ガンが見つかっている。今回の原発事故の影響で亡くなった方や未だ全く将来の見えない避難余儀なくされている方々、溢れかえる行方のない猛毒の放射性廃棄物・・・・そんなことはまるで無い事のように振る舞い、株価が上がったことだけを見て胸を張り幸せそうな今の政権のやつら。
 しかし、選挙制度が悪く、衆院選挙は違憲だった、としてもやはり、支持する人が一番多かったわけで・・・打ちひしがれる。

 気をつけろ!
 ソクラテス(プラトン)のいう独裁者の出現が現実にならないように。

*****
 
 独裁者のやることは・・

 はじめ・・・誰にでも微笑み、私的にも公的にもたくさんの約束をする。
     ・・・負債から自由にし、土地を分配するなど、情け深く穏やかな人間である様子を見せる

 外敵との関係において
    ・・・ある者とは和解、ある者は滅ぼす。
  
 外からの気遣いから開放されると
    ➔民衆を指導者を必要とする状態に置くために、何らかの戦争を起こす。
    ➔人々は税金を払って貧しくなり、その日その日の仕事に終われるようになる
    ➔独裁者に対して謀反をたくらむ事ができにくくなる。


*****

 アメリカは、プラトンから『理想』や『善』ではなく、『悪』を学んだのかも!

 また第9巻では、このようにも言う。

*****

 <美しい事柄>とは、われわれの本性の獣的な部分を、内なる人間の下に(神的なものの下に)服従させるような事。
 <醜いこと>とは、穏やかな部分を野獣的な部分の配下に従属させる事


*****

 <醜いこと>を恥とも思わない人が、人の上になど立ってはいけない。
 当たり前だ。

<豊かさとは― 自信持ち「小国主義」> 作家・井出孫六さん

2013年3月11日 毎日新聞・特集ワイド <震災2年 豊かさとは― この国はどこへ行こうとしているのか>から
                                                          記者:戸田栄さん

 ・・・「福島第一原発事故から2年が経ちます。だが、現状は事態の収束には程遠い。いまだに放射性物質が放出され続けておりますし、仮設住宅に置き去りにされた人々の姿がある。
   国策が国民に取り返しのつかない犠牲を強いた点で、私は戦前の満蒙開拓計画がダブって見えるのです

 ・・・「当時、満州は抗日運動でテロが頻発していたのに 『安全だ、安全だ』と宣伝し、終戦までに7万人以上を移民させました。原発政策でも安全神話を作り上げて国民を信じ込ませ、54基もの原発を並べる事に成功していました。ちなみに満州経営に辣腕を振るった少壮官僚の一人が、原発再稼働を掲げる安倍晋三首相の祖父・岸信介元首相です」

  国は満蒙に入植すれば3万~6万坪もの土地を割り当てると甘い話で誘った。
 ・・・「原発は一般の国民が気付かないうちに過疎に悩む立地地域に金をばらまき、建設されていった。揚げ句、国策の破綻によって故郷に戻れなくなった人々の姿・・・まさに同じ構図ではないでしょうか」

  なぜこの国は同じ国策の愚を繰り返すのか
 ・・・「日本では戦後、戦争責任が問い尽くされなかった。そこに原因があると思うのです」

  <過去に目を閉ざすものは、現在にも目を見開こうとはしない。非人間的な行為を心に刻もうとしないものは、又そうした危機に陥りやすい>ドイツのワイツゼッカー大統領が敗戦40年を機に行った講演の有名な言葉だ。95年の来日の際には、ブラント首相が70年12月のポーランド訪問の際、雪の上にひざまずいて陳謝し、ようやくポーランド人の心の氷が溶けたという話を紹介した。
 ・・・「本当に誤るとはそういうことではないかと私は思います」

 ・・・「日本は『大国』である事が好きなのです。原発がどんなに危険でも、『経済大国』という言葉の前には問題にされなかったという事です」

  この国の未来を開くには、明治以来の大国主義と真剣に向き合い、豊かさを捉え直す事が欠かせないと考えている。
 ・・・「大日本帝国時代に石橋湛山らは『小日本主義』を提唱しました。植民地の放棄まで主張しますが、そこには道徳の力で世界から尊敬を集め、日本の力にしようという考えがあった。現在の日本も、大国主義の幻想を捨て、身の丈にあった小国として生きる道を探るべきではないでしょうか」

 ・・・「追求すべきは精神的な豊かさです」

 経済優先の果てに起きた原発事故はこの国に反省をもたらし、ちまたには「今こそ転換を」という声が満ち溢れた。だが2年後の今、再びもとの方向へ舵が切られようとしている。
 3・11も、かつての金儲け主義への反省も忘れ去ろうとしているかのようだ。
 「真の豊かさ」とはなんなのだろう。


*****

 今の政府、ここまで恥も外聞もなく、自分の利権を守り、金にしがみつくことが、人として可能なのか・・・
 まともな人間ならあり得なくはないか・・・

 東京電力の資産を守ることが、何十万・何百万、あるいは何千万の国民の命と健康、そして国内ばかりか、世界中を汚染し、地球の生命・地球自体を傷つける事より、優先するってどういうこと?!
 
 それを、悲惨な事故が有り得ることが事実として目の前で証明された、そのたった二年後に!
 にやにやと再稼動しますって公言するって、気が狂ってるとしか思えない。

 しかし選んだのは国民。

 なんということだ・・・・

野坂昭如さん 「なにやらうすら寒い」

 先日なくなった大島渚監督のパーティーの壇上で大島監督をげんこで殴り乱闘するなど、正直で乱暴な印象の野坂さん。「ほたるの墓」が野坂さんの作品だなんて、ってびっくりしたものでした。どうも結びつかなくて。
 しかし、この毎日新聞のコラムは毎回素晴らしい。気負いがなく、いつもとても腑に落ちる内容だ。
 今回も然り。
 
 わたしも今の世の中うすら寒いと感じている。
 気持ち悪い。

 自民党が、原発を54基も作り原発ムラは私腹を肥やしてきた。
 そして福島原発の事故。

 原発の被害に遭われた方々、もう戻れないその土地、溢れる原発のゴミや、溜め込んだプルトニウムの量・・・
 そして、長い自民党政権時代に、多くの無駄な公共事業をどんどん進め、幸福でなくなった日本人。働いても働いても将来の不安は消えず、欧州のように1ヶ月のバカンスなど取らしてもらえないままに人生を終える。とっても貧しい。GNPが高くても政府が下劣であれば国民は幸せになどなれない。

 しかし、そんな政党を再び選ぶんだなあ、日本人は。本当に信じがたい。マスコミもこぞって自民党のやってきた罪については覆い隠し、自民が勝つと宣伝する。へえそうなのか、とそれにまんまと乗っかってしまうのだ。長いものには巻かれる。
 一度でいいから、真実をみて自分で考えてみれば解るはずなのに。

 テレビに映る安倍さんは、気持ち悪いほどやたらと自信有り気だ。

 こういった私の、うすら寒さは、戦争も体験した野坂さんの言葉で、確信となる。

******

2013年3月2日毎日新聞 野坂昭如「七転び八起き」 より

 先日ロシアに隕石が落下したという。

 この度の隕石の動きはNASAも感知していなかったという。21世紀の現代は、つきへ行き、地球の裏側を走る車まで見分けられる技術を持ちながら、その一方で巨大隕石の落下も、大地の揺れも積雪量も、前もってピタリと当てる事はできない。かつて日本における原発導入をめぐり、その賛否について論じられた時、危険性をたとえたものに、ヤンキーススタジアムに隕石が落ちるくらい、低い確率だという表現があった。つまり、ありえないということ。その低い確率のはずの原発事故は現に起こった。
 
 人間は自然に勝てないということをしっかり自覚する事が大事。

 日米首脳会談が終わった。オバマ大統領と安倍首相は日米同盟の強化を確認したという。
 
 このところ、日本列島を取り巻く周辺で、物騒な動きが目立つ。そこで日米同盟の強化をアピール。それにしてもこれを伝えるニュースマスコミの取り上げ方、大本営発表の如き響き、はしゃぎすぎが気になる。
全体に政治家の都合の良いものばかり。また、脅威をあおり、なにやら下品で声高な印象を受ける。

 戦時中、忠君愛国一億一心のスローガンが、世を覆っていた頃がある。だがその当時でも、ごく当たり前に暮らす、市井の人々は、そうがんじがらめになっていたわけじゃない。なっていたわけじゃないからこそ、怖いのだ。あっという間に民主主義から全体主義に移ってしまう。
 戦前の悪しき主義が甦るかわからない。僕はこのところ、何やらうすら寒い思いが強い。
 



音楽の存在価値

なぜ、私は音楽しているのだろう。

音楽にいったい何が出来るのだろう。

いい音楽とはなんだろう。

・・・・

私の考える音楽とは・・・言葉で表せないものを、直接表現すること。

何を直接表現するのかというと・・・
 言葉にするより前の、もっと原始的な感情や感覚。美しくも悲しくも喜ばしくも、あるような。
 たとえば、グッと来るの"グッ"、熱い演奏の"熱い"、何の理由もなくこぼれる涙、演奏する側と聴く側が同期している共感、訳の知れない充実感・・・などなど。

音楽は、そのときどう感じたか、どう感じているかを、瞬間的に現わすことが出来る唯一の手段だと思う。

それは、時には自分の中にある直感であったり、色合いであったり、方向性であったりする。

時には空気中にある酸素のように、そこに漂い、方向性を持って飛んでいるエネルギーのようなものを音楽家が媒体になって現わしているときもある。
あれは何なんだろう。〝気"のようなものか。情念か。そこに存在する魂か。

即興であれ、クラシックのように自分以外の者による創造物であれ、音にする事の意味あいは、これだと思う。
そしてそれが喜びに繋がる。

瞬間的に表現するために、音楽家は研鑽を積む。
自分という魂か、そこに漂う何かが表現したいもの表現させたいものが、体と気力(集中力)の不自由に邪魔されてはもったいないからだ。

そうやって表現された音楽は、人の気持ちになにか影響を与え、魂を揺さぶる。
寛いだり、元気になったり、覚醒したり、涙したり。
これらは聴く者だけの話ではない。演奏する側も同じ境地にいる。


日野原重明さん(医師) 今こそ「小日本主義を」

2012年2月25日毎日新聞より

 ―領土問題について
・・・「日本の領土は北海道と本州、四国。九州の本土だけで、他はすべて日清日露などの戦争を介して獲得した領土だ。沖縄だってもともとは琉球王国を接収したものです。領土問題を考える際、我々はそのれk氏をまず認識し、その自覚を元に先覚諸島や竹島や帆っぽい四島の問題を再検討したらどうか。」

 ―領有権を主張しない?
・・・「争うのは海底に資源があるからでしょう。(領有権の整理に)あいまいさは残っても日中・日韓教会近くの資源は日本が得意な技術を提供して共同開発し、利益を折半したらいい。」

 ―大陸国家・中国は経済大国になるにつれ海洋への軍事圧力を強めています。
・・・「石橋湛山は帝国主義の時代に領土・勢力拡張政策が経済的軍事的にいかに無価値であるかを論証し、領土は小さい<小日本>でも、『縄張りと使用とする野心を棄つるならば、戦争は絶対に起こらない。国防も用いない』と喝破した。日本が軍備を完全になくせば、どこの国が攻撃しますか。湛山は<道徳的位置>の力と言っている。」

 ―無防備で対処する?
・・・「そう裸になる事よ」

 ―沖縄の米軍基地も・・・
・・・「サイパンかグアムへ移す。資源もない丸裸の沖縄なら、世界の非難があるのに、誰が手出しできますか?できやしない。

 ―自衛隊は?
・・・「専守防衛に徹し、海外派遣は災害の救助に限定する。
   私はまたこういう運動を世の中に起こしたいよ。ドイツの哲学者カントが晩年『永遠平和のために』と言う本を書いたでしょ。そこで<非戦>という思想に到達している。休戦協定や平和条約で<不戦>を取り決めるだけでは不十分なんだ」

 ―排外的なナショナリズムが勢いづいています
・・・「日本も多民族国家になる事が必要だ。中国、韓国。米国、インドなど世界中の人たちと血が交じり合っていかないと。民族のよろいを脱ぎ捨てて、裸になる。大和魂だけ言ったって、世界には通じない」

 ―小日本主義には経済成長否定かとの反発もあります
・・・「湛山の<小国主義>は国内に縮こまるという意味では全然ない。外に領土や軍事力を広げるのではなく、人材をどんどん輸出して世界に人も心も開いていく。日本の資源は人間だから。帝国主義時代に『植民地主義の小欲に囚われ、平和貿易立国の大欲を遂ぐるの途を知らざるもの』と看破したんだから、偉いもんだ。全然古びていない。むしろ、今の政治の世界にこそ現れてほしい。」

*****

理想主義的過ぎるだろうか・・・しかし私も同じ考えだ。

世界一幸せな国・<ブータン>が、あんなに話題になったのに、今は『国力を強く』とか、『経済的に成長する』とか勇ましい事を言うばっかりの政党に政治を任せることになってしまい、あのブータンはそれをしていないから幸せだという、つい此の間の熱望を、すっかり忘れてしまっている。

経済成長が人の命より大事で、言論の自由より愛国心が大事という、とても恐ろしい考えの政党を、福島原発事故で全てをなくした人が大勢居るというのに、選んだしまった国民。
平和にあるべき理想を持たずに、人から与えられる富を享受するだけというのはあまりにも空しくないか。本当に幸せに生きたいと思わないか。
どんなに幻滅しても、飽き飽きして嫌になっても、これ以上悪くなる途とそうでない途を選ぶ機会があるなら、そうでないほうをせめて選ぼう。それくらいはせめて前に進もう。

政治的に<素人>とか、政治には<金がかかる>とか、当たり前のように言うのはよそう。
<プロ>の政治家って何?結局のところ<票を金で買う>ってるわけ?これは議員の正当化にすぎないのだから、市民はこれに抗わなくてはならない。そうだろうね、などと認めないで。
ちなみに「フィンランド」は地方議員の給料は無しで、国会議員の収入はサラリーマンと同じ。議員が庶民・市民感覚でなくてはならない。ボランティアの精神が根底にある。この国をよくしよう、人を幸せにしようという志。実はこうやって理想的に政治を進めている国もあるのだ。しかしこんなこと、周知の事となってしまっては大変なのでしょう。誰もそこに触れない。

いま自民党が第一党になり、市民の心や社会が生き生きするのではなくて、武装した気がする。
すでに、もう皆物が言い難くなってやしないか。

オカミニタテツクモノハダレダ!というような強拍観念。
なんという恐ろしい事になってしまったのだろう。

しかし、理想を持ち、1mmでも進むしか道はない。
そのためには、こうして、日野原さんのような根源的な、考え方をしてみる事だと思う。

澤地久枝さん(作家) 『人の気持ちが人を動かす』

澤地さん、大江健三郎さん、坂本龍一さんなどの文化人・著名人が、もしマスコミを通して正しい意見をもっとたくさん市民に訴える事ができていたら・・。

やっぱり、正しい方向に国を動かすのは、文化であり芸術ではないだろうか。

*****

2012年12月21日 毎日新聞<特集ワイド>から 記者・藤田祐子さん

 旧来型政治にノーを突きつけ政権交代を導いた09年の「民意」は、首相官邸前を埋め尽くした「市民」は、何だったのか―。

 ・・・「16日の夜、何時ごろかしらね、大勢を知ってがっかりしましたよ。憲法9条、脱原発・・・一生懸命に訴えてきたつもりだったけど、有権者は目の前の利益を守るために投票所に行ったんだなって。しかも今の憲法になり、誰もが投票できるようになってから、最低の投票率。恥ずかしいことです。4割の人は政治に、無関心というのか、飽き飽きしちゃったんですね」

 不思議にも声の張りはみじんも失われていない。

 ・・・「だって、こんな結果になったからこそ、いつまでもがっかりしてはいられないでしょう。16日に全部が消えたわけじゃない。私は何があっても『絶望した』とは言いたくないの」

 原点は14歳で経験した中国大陸での敗戦と残留生活の辛酸。戦争がどれだけ暮らしを踏みにじるか、国家がいかにやすやすと個人を見捨てるかを目の当たりにした。
 そんな作家にとって福島第一原発事故の被害と向き合うのは必然だった。

 ・・・「雇用や補助金というしがらみにがんじがらめにされ、日本全体が抱える問題のツケを押し付けられる。米軍基地を抱える沖縄と原発が立地する地域がダブって見えるんです」
 
 事故で放出された放射性廃棄物は町の境、県の境を超え、さらに海を通じて他国にまで影響を及ぼそうとしている。
 ・・・「原発事故の対応は一国にとどまるものではありません。他国で起きた場合もしかり。原発問題については視野を広げ、地球規模で考えないと。その時に重要なのが他国との信頼関係であり、その根本となるのは、国際社会と共に生きると誓った平和憲法です」

 全国の集会にも足を運び脱原発を訴え続ける。
 ・・・「集まって話を聞いてくれる人たちからエネルギーを受け取り、その力が私をまた、次の場所に向かわせるの。人の気持ちが人を動かすのです」

 人を動かすのは人の気持ち―そのことを教えてくれたのは07年に亡くなった作家の小田実さんだ。
 ・・・「『前回選挙制度で政権を交代させたんだから、新しい政権を厳重に監視して、また次に奪還すればいいんや』って、きっとそう言うでしょうね。世の中を変えるのは大きな力を持つ人間じゃない、同じ志を持った小さな人間たちなんだというのが口癖だったから」

 安倍晋三総裁は国防軍構想を打ち出し「憲法を変える」と明言している。
 ・・・「前回政権にも増して、日本を戦争のできる国に持っていこうとしていますね」

 原発については公明党との政策協議で<依存を減らす>としたが、脱原発の動きは鈍い。

 ・・・「自分で考え、自分の意見を持ち、自分で動こうという人たちが一人一人立ち上がって首相官邸に向かった。ああ、日本は変わるなって思いました。選挙の結果には結びつかなかったけれど、政治家には非常な脅威だったはずですよ」


*****

ああ、それなのに・・・という思いが胸に溢れる。萎える。
・・・・・・いけないいけない。
やれることをやっていかねば。

山極 寿一・京大教授 「『暴力で平和維持』の誤解」 

 選挙は、信じがたい結果となった。

 原発を54基作ってきた政党が、福島を壊し人々を不幸にしながら、たいした反省もなく再稼働を目論み、核のゴミの大問題にはいっさい触れず、「強い日本にする」と息巻いて国防軍を作ろうとしていて、という事は徴兵制もそのうち始まるだろう、TPPで日本の食料自給率をさらに下げ、皆保険を危うくし、日米同盟をいっそう深めるという事は沖縄から基地を追い出すことはしないであろうし・・・そんな政党を多くの日本国民が支持したわけだ。選挙に行かなかった者の責任もある。

  私の周りの音楽家や芸術家、それを見聞きしてくれる人たちは、『原発などもってのほか』という考えの人ばかりだ。
 しかし、選挙に不正がないとすれば、私たちのような考えの日本人は、ほんのわずか!という事に愕然とする。

 私は日本人不信、真っ只中である。


*****

 霊長類の研究者・山極さんが毎日新聞に定期的に「時代の風」というコラムを書いている。
 今回は12月16日のものを紹介したいと思う。

*****
山極 寿一 「暴力で平和維持の誤解」 <2012年12月16日毎日新聞 時代の風より>

 ノーベル賞の中で平和賞だけはなぜと首をかしげる受賞者が多い。今年はEUが受賞したが、その理由である『戦争を二度と繰り返さない事を目的に行ってきた活動』というのは本当だろうかと疑いたくなる。アジアやアフリカで起こっている紛争は、もともと欧州列強による植民地支配で民族が分断された事が原因だし、いまだに土地や資源をめぐる争いに欧州の企業や政府は深く関与している。
 この秋に再選されたオバマ大統領、2009年の授賞式で「戦争はどのような形であれ、昔から人類とともにあった」と述べた。そして、平和を維持する上で戦争は必要であり、道徳的にも正当化できる場合があることを強調した。その言葉通り、アフガンへの武力介入を強め、11月にはビンラディンを殺害している。

 わたしはここに世界の暴力に対する大きな誤解を感じずにはいられない。
 なぜオバマ大統領は戦争という暴力が平和の正当な手段であると言い切るのか。なぜノーベル平和賞は暴力を用いて戦争を防止しようとする活動に与えられるのか。
 そこには、戦争につながる暴力は人間の本性であり、それを抑えるためにはより強い暴力を用いなければならない、という誤った考えが息づいているように思う。

 ・・・人類は長い進化の歴史の中で狩猟者として成功し、獲物を捕らえるために用いた武器を人間へ向けることによって戦いの幕を開けた。社会の秩序は戦いによって作られてきた・・・

 この説はレイモンド・ダートによって提唱され、コンラート・ローレンツは、人類が抑止力を持たないままに武器の開発によって攻撃性を高めたとして、その説を後押しした。『戦争が人間の原罪であり、暴力は最初から人間と共にあった』とする考えは急速に普及し、「2001年宇宙の旅」などの映画のテーマとなって人々の心に深く根を下ろすようになった。

 ところがその後明らかになった科学的事実はこの考えとは全く違う。人類は狩猟者ではなくつい最近まで肉食獣に狩られる存在だったし、人間に近縁な霊長類が群れを作る理由は、食物を効率よく採集するためと、捕食者から身を守るためという事が分かってきた。ダートが主張した人類の化石の頭骨についた傷は、人類によるものではなく、ヒョウに殺された痕だと判明した。
 強大な力を誇るゴリラでさえ、オス同士の衝突で力の弱いメスや子どもたちが仲裁をする。力で屈服させる事が平和の手段とはなっていないのだ。

 集団間のトラブルに『戦い』という手段が用いられるようになったのは、人間が持つ高い共感能力が言葉によって目的意識を持ち、集団への帰属意識を強めたせいだと思う。
 戦争という手段は仲間の結束を促すからこそ政治の格好の手段となる。 

 今、日本では近隣諸国とのトラブル防止のために武力増強が必要との声が高まりつつある。アメリカの強大な武力を傘にしなければ国土を守れないという声も強まっている。
 しかし、人間以外の動物は同種の仲間の争いを力で押さえたりはしない。
 ベトナム、イラク、アフガンなどアメリカの武力介入を受け入れた諸国が幸福になった例はない。 
 日本が武力を強めていく将来に私は強く異を唱えたい。

 世界はそろそろ暴力とは別の手段を採用して紛争を解決すべきなのだ。現代の科学による正しい人間の理解がその先鞭をつける必要がある。
 これからの日本の政治はその範となる事が出来ると私は信じている。


*****

 ・・これは衆議院選挙当日の朝刊である。
 果たして結果は残念な事となった。

 こうして、まともな研究者や音楽家・芸術家は、「人間の幸せ」のような当たり前のことから始まり、或いはそこに至り、生きる意味を感じているので、不自然さ・胡散臭さに敏感で、相容れない。

 強い国という言い方に何の魅力も感じない。傷つく事を不安には思うが、そのために武装しても意味がないと匂いで感じる。

 野生的ということかも。

 本当の「幸せ」を感じることが出来なくなり、価値感を効率(便利・楽)と所有物にしか見出せない現代人。
 自然の中で自然のただの一部である自分を感じたり、音楽に揺さぶられる自分の魂を感じたりしてみようよ。

 とここに書いても、私のこれを読んでくれる人は、その限られた人なのだけれども。

広島の声を聞け - 国防軍構想、核議論を問う / 12月8日毎日新聞<12年末 この国を選ぶ>より

 16日投票の衆院選で、外交と安全保障のあり方が改めて問われている。公約で自民と維新は「集団的自衛権の行使」を可能にすると打ち出し、自民は「国防軍」構想も掲げる。

 核兵器保有の研究に前向きな発言や「核廃絶は現実的には無理」などの発言も飛び出した。

 米軍による核廃絶の発信地となった広島市の原広司さんは言う。
『言論の自由があるから核の議論ぐらい良いだろう』と言うが、核廃絶を願って亡くなっていった被爆者を踏みにじる言動だ。核廃絶こそが国際世論の大勢だ。」

*****

 わたくし如き非力な、いちミュージシャンが、自民と維新の考える「国防」はやばい、簡単に公共放送をはじめとするマスコミのうまいやり方に乗ってしまってはいけない!と言ったところで説得力も何もないので、こうして、新聞などでこれぞと思う記事を紹介している。、

 もう選挙は目の前だ。
 何人の人が、気づいてくれるか。

 本当に危機を感じる。

 「国防軍」により日本を守る、という一見堂々と勇ましい意見、核廃絶を不可能と決め付け、言い換えれば核を持ち核保有国に並びたい、というくだらない野心、それらは、全世界の命ひとつひとつにとっては何の幸せももたらさない事、肝に銘じておくことだ。

 何のことはない、これらは今まで私たちが、或いは私たちの親が体験した事実であるからだ。

 記憶に新しい事実なのだ。

 子供達にこれ以上ひどい未来を残せない。
0

徒然草 第百七十一段 貝を覆ふ人が

 <第百七十一段>
 貝を覆ふ人の、わが前なるをば置きて、よそを見渡して、ひとの袖の陰、膝の下まで目を配る間に、前なるをば人に覆われぬ。よく覆ふ人は、よそまでわりなく取るとは見えずして、近きばかり覆ふやうなれど、多く覆ふなり。碁盤の隅に、石を立ててはじくに、向かひなる石を目守りてはじくは当たらず、我が手元をよく見て、ここなる聖目を直ぐにはじけば、立てたる石必ず当たる。

 よろずのこと外に向きて求むべからず、ただここもとを正しくすべし。 

 <現代語訳/武田友宏 角川ソフィア文庫より>
 ・・・貝覆いをする人が、自分の前にある貝を見張らず、よそを見渡しながら、他人の袖の陰や膝の下まで視線を走らせている隙に、手元の貝を他人に覆われてしまう。上手な人は、よその貝まで無理に取ろうとせず、自分の手元の会ばかりを覆うように見えるが、最終的には人よりも多く覆っている。

 碁盤の隅に碁石を置いて、対角線上の向こう側にある意思に当てようとはじく時に、向こうの石を見つめながらはじくと当たらない。自分の手元をよく見て、手前の聖目を見つめながら対角線上を真っすぐにはじくと必ず命中するものだ。

 何事も、自分の外に向かってあれこれ求めてはならない。自分に目を向けて、自分が今やるべきことに全力を注げばよいのだ。

*****
 深いなあ。
 ひれ伏しますわ。
 
0

心に響く言葉  詩人・金時鐘(キム・シジョン)さん 2012年11月9日<毎日新聞・原発の呪縛>より

詩人・金時鐘(キム・シジョン)さん <他者の葛藤と兼ね合え> 2012年11月9日毎日新聞 記者:宮田哲さん
     『原発の呪縛 日本よ!この国はどこへ行こうとしているのか』 から抜粋させていただきます。



私は見ました。
消えていった言葉の
風にしなるもがきを見ました。
神々がひそめてきた天外の火を
利便さに代えた人智の驕りを、
昼をもあざむく不夜城の
いつ果てるともない虚飾の浪費を、
その文明の 畏れを知らぬ退廃を。
(「夜の深さを 共に」より)


 ・・・「宇宙から見ると一番光り輝いているのは日本列島だそうです。原発の火は地球上になかった火。その火が生み出す電気の光が、闇の暗さを追い払ってしまった。でも、夜の深さは未知なる物の怖さを教えてきた。暗闇がなくなれば人から謙虚さは失われ、人間がやることは絶対安全というおごりが生じます。原発の光は虚飾の光です」

 日本植民地下の朝鮮で生まれ、16歳で終戦。南朝鮮労働党員だった48年、済州等で朝鮮半島の分断に反対する市民らが起こした「四・三事件」で警察の追われ、翌年、日本に逃れた。

 原発には一貫して反対だった。
 ・・・「津波といった自然災害の被害は元に戻せなくても修復が可能だが、核の被害は修復不可能です

米国が核実験をするたびに雨が降ろうが座り込みをする広島の市民。 
 ・・・「のどもとまでつきあがってくる思いを抱いて人々は生きている。その思いに共鳴して、言葉に出来るのが詩人なのです」

 ・・・「詩とは一番美しいことを表現するのにこだわる創造行為なのだから、阻害するものには反対しないといけない」

 『がんばろう』の連呼も疑う。
 ・・・「情感あふれる言葉は、人から考える力を押しのける事があります」
 ・・・「例えば『絆でつながって生きて行けるんだ』と歌っているけれど、被災者の心はそれほど単純でしょうか。事故前は原発のおかげで生活できた過疎の町の住民にとって、原発無しにまた生きるのは不可能かもしれない。だから、事故はもうごめんだという思いと、原発無しで新しい生活が始められるかという葛藤がある。そこにこそ視点を置くべきだ」

 私たちは情緒に流され、見るべきものを見過ごしていないか。金さんは政治状況に危機感を持つ。
 ・・・「あんな原発事故が起きたら、事故を発生させた政治システムは批判されねばならない。政権与党として安全神話を言いふらしてきた自民党の責任をなぜ追及しないのですか。追及も受けずに、政権復帰しようかという事態になっているのはおかしい」

*誰がおかしいかというと、政治家・マスコミはもちろんだけど、それを選び許し、今、再び支持しようとしているような、愚かな国民です。考えずマスコミの後を追いとりあえずなんだか反対しておこうと思ってはいないか。反対した先には原子力推進が待っているのに。

 ・・・「電力会社は徐々に『原発が動いて当たり前』という空気を送っている。政府は国民の気質を知っているのでしょう」

 事故から1年8ヶ月。政治の潮目が変わったと見る。
 ・・・「安倍晋三自民党総裁や、新党を作る石原慎太郎前都知事ら戦前回帰をもくろむ人が表舞台に出てきた」
 安倍氏は集団的自衛権について「行使を認めるべく憲法解釈を変更する必要がある」石原氏は現憲法は押し付けられたものとして廃棄を主張する。
 *という事は戦争する方向ということ。押し付けられたものでも、結果いい所はいいではないの。
 ・・・「おののきを感じない人が多い。安部氏も石原氏も原発が必要と主張している。原発問題と政治問題は重ねて見る必要があります。使用済み核燃料から生産されるプルトニウムは核兵器の原料になります。核武装できる手段を持ち続けたいということでしょう」
 天蓋の火で闇を払う、畏れを知らぬ退廃・・・

 今、被災地の人々とどう心を結べばいいのか。金さんは、地図にコンパスを下ろし自宅を中心に半径30キロの円を描いてみたという。原発事故の際に避難する「緊急防護措置区域」はこの範囲になる。
 ・・・「ここに原発があれば、知り合い皆が被害を受けてしまうのだ」
とショックを受けた。
 ・・・「原発が立地していない地方の人も描いてみたらどうでしょうか」 

東京に戻って、自宅から半径30キロの円を描いた。子供たちの学校も、妻の勤務先も全てがすっぽりと収まっていた。  [記者:宮田哲]

吉見俊哉さん(社会学者) 「『平和利用』の夢覚ませ」  11/2毎日新聞・特集ワイド

11月2日 原発の呪縛 日本よ! この国はどこへ行こうとしているのか よりまとめ
http://mainichi.jp/feature/news/20121102dde012040030000c.html

社会学者 吉見俊哉さん(東大大学院情報学教授)

・・・「(東京電力福島第一原発に近づけるぎりぎりの地点に立ったとき)地中海や瀬戸内海沿岸のように海と穏やかな丘が調和した風景と、放射能汚染とのコントラスト。このギャップをどう受け止めていいか分からず、戸惑いました」
 
 この衝撃はひとつの疑問へ。
   <広島・長崎を経験したはずのこの国が、1999年のJCO臨界事故などに続いて今また「被ばく」に苦しむ、この「連続性」をもたらしたものは何なのか。>

1955年 東京日比谷公園で「原子力平和利用博覧会」が行われた。
・・・「広島・長崎・第五福竜丸と続いた原水爆の記憶はもう忘れよう、原子力は便利で豊かな未来生活をもたらしてくれますよ、と。過去の記憶を未来の夢に変換した」

遡って、1953年12月米国アイゼンハワー大統領は国連総会で原子力の平和利用を訴えた。
  「アトムズ・フォー・ピース」演説。
・・・「被爆国の日本が導入すれば、原爆投下への非難をかわせるうえ原発輸出でアメリカ産業界の利益につなげたいとの思惑があった」

  「日本では、被爆国だからこそ原子力の利用は平和の象徴になるとの声が高まり、植民地を失い資源不足なのだから原子力に頼るべきと言う論調も高まった。そうして米国にとっての〝原子力優等生"になっていった」
  
1970年の大阪万国博覧会・開催日に、米ゼネラル・エレクトリック社が建設した福井県敦賀原発1号機が営業運転を開始し、会場に電気を送った。追いかけるように米ウェスチングハウス社が手がけた美浜原発からも送電された。
・・・「『この国にこと原子力の平和利用が必要』との歪んだ論理を完成させたのが、あの万博だったんです」

*****

 <被爆国>だからこそ<平和利用>という論理の飛躍に、大きな力が加わった事は、今から考えればおそろしいほど明らかだ。万博は私も覚えている。あの頃の日本は、ものすごい勢いだったと思う。人々は経済成長することに眼を奪われ、考える事をしていなかったと思う。確かに、アメリカが何事においても御手本だったのだ。<ジャズ>然りである。

 でも今はちょっと違う。
 何らかの力を受けているマスコミや新聞の情報以外にも、さまざまな情報を得ることができる。
 嘘はばれる。
 自分で求めれば真実を知ることができる。


*****

吉見さんはこう結ぶ

・・・「簡単ではないが今こそ日本人は夢から覚めて『米国の笠』の外に出ることを考えるべきではないか
  「原発はコントロール不可能な技術であり、リスクはあまりにも大きい。きちんと年限を区切り、ゼロにするべきです。夢を見ていたのは原子力ムラだけじゃない、日本全体。問題は電力消費依存の豊かな生活を我々が手放せるかどうか。夢から覚めるのを拒否すれば、悲劇はまた繰り返されます」


『原発ゼロ」戦略どこへ 毎日新聞10/16特集ワイド 自民政権誕生したら

「原発の比率は下げるが、30年代にゼロにする考え方はとらない
 自民党の安部晋三総裁は経団連の米倉弘昌会長との懇談でこう断言し、財界との共同歩調をアピールした。

自民党のエネルギー政策の基本方針は
 「安全第一主義を掲げ、さらに再生可能エネルギーの導入で早期に原子力に依存しなくてもよい経済社会構造を目指す。10年以内に電源構成のベストミックスを確立する」
 ― としているがもちろん「原発ゼロ」の文言はない

古賀茂明さんは
 「アメリカは自国では再処理事業をしていない。だが途上国の原発保有が増えれば使用済み核燃料の問題が各地で生じ、核のゴミが世界中に広がる事を懸念している。そこで日本に再処理をさせたいのが本音。

6月、原子力基本法に
 「わが国の安全保障に資する」との目的が追加された。
 これは、自民党の主張で入れられた経緯がある。
これに対し古賀さんはいう。
 「核武装よりもむしろ、核燃サイクルを進めることによって、アメリカの国際安全保障戦略に協力する方向性を固めている事が透けて見える」

*****

世界では、福島を見て、原発から手を引く国々がある。

一方日本は、原発を推進する自民党が地方選で勝っている。

いったい!

島薗 進さん(宗教学者・東大文学部教授)/2012年10月19日 毎日新聞・特集ワイド<原発の呪縛>

島薗 進さん(宗教学者・東大文学部教授)/2012年10月19日毎日新聞・特集ワイド<原発の呪縛>よりまとめ
   毎日jp: http://mainichi.jp/feature/news/20121019dde012040010000c4.html

 昨年6月、東大柏キャンパスの空間線量が0.38~0.50マイクロシーベルトで低い線量といえないのに、本部が大学掲示サイトで「健康に何ら問題ない」と発表。それに反発し同僚3人と声明を出し約70人の教員を動かし、本部に発表を取り下げさせた。
 
 20世紀後半、環境破壊や都市の貧困が目立つようになった時、カルト的な宗教や精神世界へ人々が向かったのは―
 ・・・『近代合理主義こそが全であるという信念が、広い層の人々によって疑われるようになったから』

 原発事故後の社会変化がぴたっと重なる。
 ・・・『色んな枠組みが崩れてきているのは確かです。自民党の支持母体だったJAグループ(農協)や宗教界が脱原発を打ち出し、かつての左右・体制反体制と違うところで行動する組織・個人が増えている』
 今年7月、大飯原発の再稼動反対の新宿でも右翼の街宣車が横付けし「右翼だけど脱原発」と書いたプラカードを見せ走り去った。
 ・・・『原発問題は左右で区別できなくなった。生活基盤が壊されることへの反発、<いのち対カネ>どちらを取るかみたいな発想が行き渡っていますね』


 当然、反動もある。
 ・・・『社会秩序の揺らぎに対し、尖閣問題などで愛国心、ナショナリズムを盛り立てるキナ臭い動きがある自民党支持率が上がっているのを見ると、脱原発に対する巻き返しは無視できない

 日本の原発事故に欧州諸国は即座に反応し、いくつかの国は脱原発を決めた。震災の時、たまたまイタリアにいた島薗さんは、敏感に反応したイタリア人が『大好きになった』という。
 ・・・『イタリア・スイス・オーストリア・ドイツ・ベルギー・スウェーデンなど、キリスト教会の精神的影響が強い国が脱原発の道を進んでいる。こうした国々はもともとエコロジー感覚が強い。植民地主義で自然を支配し領土を広げてきた英米仏やロシアなどの核を持つ安保理事国と、対する北中南欧の国々が違う方向を向いている印象がある

 また、欧州はチェルノブイリ原発事故を身近で経験したのが大きい。
 ・・・『子供の甲状腺がんの軽視など、科学者の情報隠蔽や政治のうそを目の当たりにしてきたからこそ、自分達で決める道を選んだ

 科学への不信感は大学一年のときに遡る。島薗さんは医師になるため猛勉強し、東大に受かった。
 ・・・『金沢大付属高時代、自分の道を考える前に競争に乗った。現在の経済にも似て、目的を定める前に競争に勝たねばならない。そこに疑問を感じていた』
 大学に入った67年、医学部の闘争が始まる。
 ・・・『先輩達の闘争を見ていて、医学部の権威主義、ごまかしを知った。命を守る学問という姿勢が欠けているように見えた』

 原発をどう見るかは<倫理の問題が関わる>と島薗さん。
 ・・・『人の命を脅かす可能性がある技術を経済的利益があるからと肯定したり、被害を軽く見ざるを得なくなるからです。現に、真実を隠しゆがめることに科学は関わってきた。どういう社会を望むかも倫理の問題。経済優先か、自然をむさぼらない暮らし方を求めるかより幸せな生活のあり方は何かという価値観を問うのも倫理的な問いですね』


*****

全く同感だ。

自らの利益・権威におぼれた学者や政治家・官僚達が、『青臭い』とか『非現実的だ』と言い放つ。
しかし、どうしても明らかなのは、<いのち>があってのものだということ。

JAが脱原発を宣言したのも、農業はいのちと直接繋がっている大事な産業であるからだ。命より大事なものがあろうはずがないことに、土に触れば分かる。

小出さんや島薗さんのような、まともな学者の言葉に、市民はきちんと耳を傾けなければいけないと思う。

もう絶対に、原子力を推進するような政府に戻ってはならない。
絶対に!


原発を作ったのはいったい誰? 今もう一度。

日本をこんなに54基もの原発だらけにしたのは、いったい誰?

それは自民党。絶対に忘れてはならない。民主党政府が、『2030年に原発0』と言ったとたん、経済界もマスコミも、アメリカも(アメリカがと言うべきか)、とたんにじたばたしている。
自民党と共に原発を推進してきた者どもがじたばたしている。
しかし、新聞による政党支持率は自民党が26%でトップ!考えられない。

原発だらけにする政府を選んできたのは、いったい誰?

何十年も行ってきた自民党の政治を、政権が変わったからころっと変わる訳がない。目標を立て、少しずつそれに向かっていくしかない。なのに、約束を破ったと、自分達がやってきた事を謝りもせず、攻撃する自民、そうだそうだと大きく伝えるマスコミ。新聞もしかり。
いま、本を読み、ネットで注意深く調べれば正しい情報は手に入れられる。でもそれが出来ない人、怠る人、は鵜呑みにしてしまう。

マスコミの力は恐ろしく強いのだなあと改めて思う。
しかし!マスコミに答えを求めるのでなく、市民が自分で考えなくてはこの国は絶対に変わらない。

原発事故後の参院選で、原子力を推進してきて謝りもしない自民党を勝たせるこの国民ってなに?と思ったけど、今、かなり危ない。
今、まさに、また原発を推進する方向へと国民自ら進もうとしている。

福島を見よ!
事実ははっきりとそこにある!

ふがいないけれど『原発0』と言えるのは、民主党だからではないのか?

『原発0』になると困る者が、『マスコミ』を動かし、『原発0』を、『荒唐無稽で軽薄な非現実的考え』と見せようとしている、その力を感じませんか?

『原発0』は即ち、『核燃料サイクルをやめる』という意味で、即ち、『核を持たない』という事になる。
ものすごく大きな転換だ。
これまでの核開発推進の何十年もの流れのなかで、金の流れる仕組みが出来上がっている。その中に居るものは死に物狂いで猛反発する事は簡単に予想出来る。

人の命より大事なものがあるらしい。

IAEAは核を管理しようとしているだけだ、核をなくそうとしているのではない。
忘れてはならない。

今、もう一度事故があれば日本は終わりだ。或いは世界が終わりかもしれない。

事故がなくとも、溜まりに溜まった放射性核廃棄物は、無毒化せず、これからも地球とそこに住む生命を10万年脅かし続ける。

福島を見よ!

2号基は未だどうなっているのか誰もわからない。どれだけの放射性物質が土に、海に流れているか、魚に蓄えられているか。
そして何よりも、まず、どれだけの人の人生が、台無しになったか。
そしてこれから、どれだけ多くの子供達がガンや免疫系の病気に苦しむか。
遺伝的にどういった影響が出るのか。
・・・これからずっとその不安を抱える。

これらが本当の現実である事が、明らかでありながら、まだ、<原子力は必要である>と言える者は、邪悪といえないか。
原子力の正当化は不可能である。

8月に行われた討論型世論調査で、
 『原発をやめたらいったい誰が困るんですか?』という市民の質問に、
鈴木達治郎原子力委員会・委員長代理は
 『電力会社と立地自治体と製造会社』と、きっぱり。
委員長代理であってもどうしようも出来ないという無力感からの発言であろうか。

自民党が衆院選で勝てば、誰が党首になろうと、3年前までのこの国を腐らせてきたあのやり方に戻ろうとする。
党首候補は誰ひとりとして、原子力問題の本当の事実については語ろうとしない。福島の人たちにわびる事すらしない。
自民が勝ち、原子力を元通り推進し、必ずや起こる地震により或いは、間違いを犯す人間により、事故が起きたときにも、『国民がそれを選んだのではないか!』と。きっと逃げるでしょう。
市民の幸せを願うべき政治家とは、どうしても思えない。
しかもマスコミはそこを取り上げない。

原発を作ってきた有名な企業こそ、『我が社ではもう原子炉は作らない、完成したものも輸出などせず廃棄し、自然エネルギーによる発電技術の開発に転換する!』と、声を上げればいいのにと思う。
もしそう声を上げ実践すれば、世界的を変えるかもしれない。
2番目より1番目が歴史に残る。今のうちだぞ。

正しいもののほうに動く、そのほうが、うまく行くに決まっている。生きている意味があるってものだ。

<経済>の実態はない。命なしには経済もクソも無い。

『現実』とは、一人ひとりの『幸せ』だ。

*****

私の周りには、幸せになって欲しいと思う人がいて、その人はまた幸せになって欲しい思う人がいてと、どんどん広がっていく。
身近なところから、命の大切さを共有すればするほど、穏やかに、存在する意味のある世界になっていく。

邪悪な私欲の周りにも、それならば私も、それよりも私がと、どんどん邪悪な意思が生まれていく。

「政治」という私たちの幸せのためにある組織・形態が、私欲に埋もれるなどあってはならない
 ・・・と2500年前、ソクラテスも言っているわけで・・・。

愚かなのだなあ人間は。繰り返している。

非力だ。

『原子力に頼るべきではない。』 

自分の命に係わり、これからの命の未来に係わる、こんな明らかで、少し考えれば分かる当たり前な事でさえ、<金を儲ける>或いは<権力を持つ>という欲には、勝てないのか。

音楽に出来ること。あー、何と小さい事よ。
でも、できることはやろう。
できるだけ良い世界で、一度きりの人生を生きたい。

物理学者・池内了さん「お任せ」せず実践を」毎日新聞/7月20日/原爆の呪縛 日本よ!より

まったく目にも耳にも入っていないかのごとく、事実と民意を無視し続け、勝手に進んでいく政治。
誰がガス室に送られたりギロチンに掛けられるわけでもないけれど、『恐怖政治』と言えないだろうか。
正義も国民の幸せもどうでもよく、自分達の利害関係のみで動いているように見える。
それって犯罪者の理論に似ていないか?

7月20日毎日新聞夕刊の特集ワイド「原爆の呪縛 日本よ!―この国はどこへ 行こうとしているのか」より
                         http://mainichi.jp/feature/news/20120720dde012040016000c.html
物理学者の池内了さんのお話。一部を紹介させていただきます。
 ・
 ・
 ・
「この夏が最大のチャンスだったんだけどね」

「私たち国民のほうはすっかり覚悟を決めていたわけですよ。この夏は原発抜きでやろうって。企業も生産シフトや自主電源の確保などの準備をしていた。この夏を乗り切れば『なーんだ、やれるじゃないか』となって、脱原発社会への自信をつけられるはずだった。それなのに再稼動してしまうなんて。」

「『君子豹変し、小人面を革む(あらたむ)』 つまり、徳の高い人ほど自分の過ちを認め、立場を改める。小物は過ちを犯しても、えへへ、と顔をゆがめてごまかすだけ、という意味です。」 

「東京電力福島第一原発事故以来、ほとんどが沈黙を守っている。自分達がどこで誤ったのか、今後どうするべきなのかをきちんと語る責任があります。科学者は今こそ『君子豹変』しなければなりません」

「実践の伴わない主張は弱い」
「太陽光パネル1枚だけなら10万円足らずで買える。ベランダに昼間6時間置くだけでパソコンが20時間使えます。まずは自分の暮らしを変えましょう」

「原発の分をカバーするには、太陽光発電を導入する世帯を焼く1500万に増やさなければならない。しかしその半分を皆で節電すれば800万世帯でいい。これを10年で実現していく。脱原発化にかかるお金と時間を我々皆で支えていく。決して『お任せ』ではなく」

「大切なのは、原発は反倫理的であるということを意識して生きる事。
 第一に空間的に反倫理的です。過疎地に押し付け都会の人間はのうのうと暮らしている。植民地的発想によって成り立っている。沖縄基地問題と同じです。
 第二に時間的にも反倫理的です。我々が電気を使って優雅な生活を送り、子孫に核廃棄物などのツケを押し付ける」

「故郷・姫路は空襲に遭ったが、姫路城だけはやられませんでした。僕の勝手な想像ですが、操縦桿を握る兵士は城の美しさにどうしても撃てなかったのではないか。それが文化の力。暴力の力ではない、本当の力」

「僕は科学は文化だと思っているんです」
 ・
 ・
 ・

小出裕章さんや大江健三郎さん、村上春樹さんたちと同じだ。
徳の高い人たちは、謙虚で想像力に満ち、静かでやさしい。

『音楽の力』も文化の力。本当の力。と信じている。

内橋克人さん 「生産」より「生存」条件 毎日新聞6月29日特集ワイドより 全く同感!

 私のライブでも署名していただいた、『さよなら原発1000万人アクション』呼びかけ人の一人の内橋克人さん(経済評論家)の記事を 抜粋して紹介します。
 全く同感!

******
 毎日新聞6月29日夕刊<特集ワイド 原発の呪縛 日本よ!
                     ―この国はどこに行こうとしているのか 記者/井田純>
 全文はこのリンクで見て下さい http://mainichi.jp/feature/news/20120629dde012040069000c.html

 
 <要約>
 6月15日、大江健三郎さん、鎌田實さんとともに、藤村官房長官と面会し、750万人分の署名を手渡すため、内橋さんは首相官邸にいた。
 なんと大飯原発再稼動の最終決定が伝えられたのは翌日16日。面会を兼ねて申し入れていたが、急きょ「前日」に指定してきた!その意図は何だったのだろか。

 86年に出版された著書「原発への警鐘」のなかで放射線被曝とがんとの関係について調査を行ってきた米国のマンクーゾ博士の言葉。「スロー・デス(時間をかけてやってくる死)・・・死は徐々に、二十年も三十年もかけて、ゆっくりとやってきます。原子力産業はクリーンでもなければ、安全でもありません。それは殺人産業といっていいでしょう。」
 原発再稼動の決断を発表する野田首相の演説を聞いて、内橋さんの脳裏に30年前のこの言葉がよぎった。

 「首相は『私の責任』というがこれほど責任のない言葉はない。言葉の矛盾なんです。
 20~30年後、政権にはいない。さらにこの世にいなくなってから生まれてくる命へのリスクに、どう責任を取るというのでしょうか。
 また、『国民の生活を守るため』というが、生活というのは人間の命あってのことです。人間の命というものをリスクにさらしながら生活を守るという事はありえない。この言葉の空疎さ。
 今ほど民意と政治がかけ離れた時代はないんじゃないか
 
 「日本は依然として戦前と断絶してませんね。国民の合意なき政策のメカニズム階層社会と貧困も

 ドイツの反応を振り返る。
・・・大震災発生から2日後の3月13日夜、首相府に政権幹部が集まり、原子力政策についての対応を協議。
  翌14日には「原発維持」からの路線転換を発表。翌月にはエネルギー政策委員会を発足。「安全なエネルギーに関する倫理」を論じた。
  何が決まったか・・・
 「次の世代が、本当に人間が人間として生きるにふさわしい条件を持続し維持させることができるか。そのために今生きている世代の責任とは何か、という事です。」

 ひるがえって日本
・・・大飯原発の敷地内には活断層の疑いがある破砕帯が通っている、と指摘されるが、政府は、保安員の対策で『安全基準をべて満たしていることが確認された』と言う。
 「専門家づらした無責任な知識人は、最も倫理から遠い人々なんです。再稼動は福島以降の研究結果を全て無視した決断です。」

 「未来にツケを残さないと言いながら、原発から出る放射性物質のツケはどうするのか。命をリスクにさらす問題では、これkらもどんどん未来にツケ回しをする、これはもう政治じゃない
 
 「今考えるべきは『生存条件』だ。」
 「経団連が、エネルギーがなけれは産業が空洞化するとか、国際競争力が衰えるというのは『生産条件』に過ぎない。生産条件を上げれば生存条件も良くなる時代もあった。しかし、21世紀の今、両者は対立するようになった。環境問題を見ても労働問題を見ても、あそれは明らか」

 野田政権の本質を<経団連かいらい政権>と内橋さんは論じる。
 「これからの日本は、食料・エネルギー・福祉の自給を目指す地域社会を創るべき。」
 「この三つを地域経済の中で循環させている事で、十分生きていける。
 原発がなくてもやっていけることは、全原発が停止した5月以降証明されている。電力会社の利益確保と経済界の要求に従う事はない


******

 経済を論じる立場の者でも、2種類の人間がいるのだなと思う。原子力の専門家でも同じ。
 その専門的知識(世界)の中で善を語りそれが現実的と思っている人と、その専門的知識は、人が宇宙の一部として現在も未来にも生きる事を前提としている事を常に忘れない人と。
 考えてみれば、日々隣り合う人々も二分される。
 でも、政治を動かす立場の者は明らかに後者でなくてはならないと思う。
 やっぱり、大事なのは感性と、想像力か。


 

徒然草 第235段 「主ある家には」

 第235段 

 主ある家には、すずろなる人、心のままに入り来ることなし。主なき所には道行き人濫(みだ)りに立ち入り、狐・梟やうの物も、人気に塞(せ)かれねば、所得顔に入り棲み、木霊などいふ、けしからぬ形も現るものなり。

 また鏡には色・形なき故に、よろずの影来たりて映る。鏡に色・形あらましかば、映らざらまし。

 虚空よく物を容る。我らが心に念々のほしきままに来たり浮かぶも、心というもののなきにやあらむ。心に主あらましかば、胸の内にそこばくのことは入り来たらざらまし。


 ・・・・主人のきちんといる家には、無関係な人間が勝手に押し入るような事はない。
 反対に、主人の居ない所には通りすがりの人間が勝手に入り込み、さらに、狐・梟のような霊性の強い動物も、人間が発する霊力に妨げられないから、わがもの顔に棲みつき、木霊(こだま)などという怪奇な精霊も出没するのだ。

 また、鏡そのものには、色も形もないからこそ、あらゆる影がやってきて映る。鏡に色・形があるならば、それが邪魔をして影が映ることはないだろう。

 からっぽの空間は、どんなものでも入る。
 私たちの心の中に、さまざまな思念が意思に反して勝手に入り込んで浮かぶのも、心には主がいないからだろうか。心に主人がいるのであれば、心の中にさまざまな雑念が侵入することはないだろうに。[角川ソフィア文庫より]


*****

 自分の考えを持っていることの大切さ、今特に思い知っている。
 「虚空」な市民の心に、簡単に入り込んだものは、人の命や幸せなど省みない政治家や、私利私欲のままに政治家をも操ろうとする経済界の人たちの、勝手な思惑による、勝手な理屈であった。
 弱い者を差別し、利用する。

 でも、もう、そうはさせない。