プラトン 『国家』 第8巻 美しい事と醜いこと

 今の政治に私はかなり打ちひしがれている。

 経済発展ばかりを強調し、明らかに原発を作ってきた責任があるのに反省の欠片もない政府・自民党。実に腹立たしい。自らが作って利権にまみれたせいで、たくさんの子ども達にのう胞が見つかり、早くも3人の甲状腺ガンが見つかっている。今回の原発事故の影響で亡くなった方や未だ全く将来の見えない避難余儀なくされている方々、溢れかえる行方のない猛毒の放射性廃棄物・・・・そんなことはまるで無い事のように振る舞い、株価が上がったことだけを見て胸を張り幸せそうな今の政権のやつら。
 しかし、選挙制度が悪く、衆院選挙は違憲だった、としてもやはり、支持する人が一番多かったわけで・・・打ちひしがれる。

 気をつけろ!
 ソクラテス(プラトン)のいう独裁者の出現が現実にならないように。

*****
 
 独裁者のやることは・・

 はじめ・・・誰にでも微笑み、私的にも公的にもたくさんの約束をする。
     ・・・負債から自由にし、土地を分配するなど、情け深く穏やかな人間である様子を見せる

 外敵との関係において
    ・・・ある者とは和解、ある者は滅ぼす。
  
 外からの気遣いから開放されると
    ➔民衆を指導者を必要とする状態に置くために、何らかの戦争を起こす。
    ➔人々は税金を払って貧しくなり、その日その日の仕事に終われるようになる
    ➔独裁者に対して謀反をたくらむ事ができにくくなる。


*****

 アメリカは、プラトンから『理想』や『善』ではなく、『悪』を学んだのかも!

 また第9巻では、このようにも言う。

*****

 <美しい事柄>とは、われわれの本性の獣的な部分を、内なる人間の下に(神的なものの下に)服従させるような事。
 <醜いこと>とは、穏やかな部分を野獣的な部分の配下に従属させる事


*****

 <醜いこと>を恥とも思わない人が、人の上になど立ってはいけない。
 当たり前だ。

CDやLive、Lessonのお問合せは、taka(アットマーク)tbi.t-com.ne.jpまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック