内橋克人さん 「生産」より「生存」条件 毎日新聞6月29日特集ワイドより 全く同感!

 私のライブでも署名していただいた、『さよなら原発1000万人アクション』呼びかけ人の一人の内橋克人さん(経済評論家)の記事を 抜粋して紹介します。
 全く同感!

******
 毎日新聞6月29日夕刊<特集ワイド 原発の呪縛 日本よ!
                     ―この国はどこに行こうとしているのか 記者/井田純>
 全文はこのリンクで見て下さい http://mainichi.jp/feature/news/20120629dde012040069000c.html

 
 <要約>
 6月15日、大江健三郎さん、鎌田實さんとともに、藤村官房長官と面会し、750万人分の署名を手渡すため、内橋さんは首相官邸にいた。
 なんと大飯原発再稼動の最終決定が伝えられたのは翌日16日。面会を兼ねて申し入れていたが、急きょ「前日」に指定してきた!その意図は何だったのだろか。

 86年に出版された著書「原発への警鐘」のなかで放射線被曝とがんとの関係について調査を行ってきた米国のマンクーゾ博士の言葉。「スロー・デス(時間をかけてやってくる死)・・・死は徐々に、二十年も三十年もかけて、ゆっくりとやってきます。原子力産業はクリーンでもなければ、安全でもありません。それは殺人産業といっていいでしょう。」
 原発再稼動の決断を発表する野田首相の演説を聞いて、内橋さんの脳裏に30年前のこの言葉がよぎった。

 「首相は『私の責任』というがこれほど責任のない言葉はない。言葉の矛盾なんです。
 20~30年後、政権にはいない。さらにこの世にいなくなってから生まれてくる命へのリスクに、どう責任を取るというのでしょうか。
 また、『国民の生活を守るため』というが、生活というのは人間の命あってのことです。人間の命というものをリスクにさらしながら生活を守るという事はありえない。この言葉の空疎さ。
 今ほど民意と政治がかけ離れた時代はないんじゃないか
 
 「日本は依然として戦前と断絶してませんね。国民の合意なき政策のメカニズム階層社会と貧困も

 ドイツの反応を振り返る。
・・・大震災発生から2日後の3月13日夜、首相府に政権幹部が集まり、原子力政策についての対応を協議。
  翌14日には「原発維持」からの路線転換を発表。翌月にはエネルギー政策委員会を発足。「安全なエネルギーに関する倫理」を論じた。
  何が決まったか・・・
 「次の世代が、本当に人間が人間として生きるにふさわしい条件を持続し維持させることができるか。そのために今生きている世代の責任とは何か、という事です。」

 ひるがえって日本
・・・大飯原発の敷地内には活断層の疑いがある破砕帯が通っている、と指摘されるが、政府は、保安員の対策で『安全基準をべて満たしていることが確認された』と言う。
 「専門家づらした無責任な知識人は、最も倫理から遠い人々なんです。再稼動は福島以降の研究結果を全て無視した決断です。」

 「未来にツケを残さないと言いながら、原発から出る放射性物質のツケはどうするのか。命をリスクにさらす問題では、これkらもどんどん未来にツケ回しをする、これはもう政治じゃない
 
 「今考えるべきは『生存条件』だ。」
 「経団連が、エネルギーがなけれは産業が空洞化するとか、国際競争力が衰えるというのは『生産条件』に過ぎない。生産条件を上げれば生存条件も良くなる時代もあった。しかし、21世紀の今、両者は対立するようになった。環境問題を見ても労働問題を見ても、あそれは明らか」

 野田政権の本質を<経団連かいらい政権>と内橋さんは論じる。
 「これからの日本は、食料・エネルギー・福祉の自給を目指す地域社会を創るべき。」
 「この三つを地域経済の中で循環させている事で、十分生きていける。
 原発がなくてもやっていけることは、全原発が停止した5月以降証明されている。電力会社の利益確保と経済界の要求に従う事はない


******

 経済を論じる立場の者でも、2種類の人間がいるのだなと思う。原子力の専門家でも同じ。
 その専門的知識(世界)の中で善を語りそれが現実的と思っている人と、その専門的知識は、人が宇宙の一部として現在も未来にも生きる事を前提としている事を常に忘れない人と。
 考えてみれば、日々隣り合う人々も二分される。
 でも、政治を動かす立場の者は明らかに後者でなくてはならないと思う。
 やっぱり、大事なのは感性と、想像力か。


 
CDやLive、Lessonのお問合せは、taka(アットマーク)tbi.t-com.ne.jpまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック