毎日新聞8/11夕刊文化欄 加藤典洋さんのコラム「疑問だらけの菅降ろし」に同感!

8月11日毎日新聞夕刊文化欄 加藤典洋=文芸評論家
『疑問だらけの菅降ろし』ー反対派の「凸」がみえない

<要約>このところの菅直人首相をめぐる政官財のやりとり、政局と、それにまつわるメディアの報道にはあきれる。
・・・現今の菅政局の問題点は、逆に、反対派の退陣要求から何を「やりたい」のかが見えてこない点である。
 政治家も、官僚も、新聞人も、いま政治はなにを「やるべきか」にふれないまま、首相の人品、居座りをめぐる事情通的なウラ話に終始する。だが我々は、いま未曾有の困難にある。政治の話をしようではないか。
 現今、最大の政治課題が原発問題、、再生エネルギー法案、発送電分離にあることは、はっきりしている。電力をどうするか、この夏をどう乗り切るか、など「凹みを埋める」課題は、政治ではなく、経済の問題である。
 政治とは何か。
 ハンナ・アレントによれば経済が凹みを埋めるのに対し、政治とは「新しい価値(凸)を創出する」活動を指す。
 菅首相は、「やりたいこと」=新しい凸として、脱原発、再生エネルギー法案の上程、発送電分離への意欲を
明らかにした。しかし、これに誰一人、自らの対抗価値(凸)を明示することなく、人格等の問題にことよせて首相の
凸を取り下げさせようとしている。これが菅降ろし政局の本質であろう。
 なぜ、反対派は、彼らの価値(凸)を対置しないのであろうか。このことは、彼らが要するに、自らの提案(凸)としては現状維持(=原発推進)以外にないことを語っている。表立って反対すれば自らの価値(=原発推進)が明らかになる。すると国民の信を失う。そのため「人心」・手続き等の問題をもちだし、電力問題で国民を脅かし、首相の政治的主張を葬り去ろうとしているのである。こういう構造が明白なとき、この構造を指摘する変わりに首相の「こころのなさ」手法陋劣をあげつらうのは、ジャーナリズムの自殺であろう。
 ・・・・国民の代表である首相の政治努力を空洞化させようとしているさまは、戦前の軍部のあり方と瓜二つに見える。

*****

同じように感じ、考えていた。

ここまで、原発から脱さなければいけない、という事が周知の事と成っているのに、その方向へと動いていかない。たとえ、プライドを捨てたジャーナリズムが「原発は必要悪」と書き連ねようと、テレビで誰が「大丈夫」と発言しようと、「電気がなくなっていいんですか」と脅されようと、私たちは自分の意見として、考え、惑わされないようにしなくてはならない。

子どもたちの命、健康な地球なしでは、経済発展もクソもないことは、明白だ。 

昨日の夜NHKのNHKスペシャル、「日本人はなぜ戦争へとむかったか」でもやっていたが、皆が「戦争をしても負ける」ことはわかっていた。だが誰も言い出せない、誰かがやめようといってくれないだろうか、と言っているうちに、開戦。あーあ、始まってしまった、とそのときの政治家の皆が思ったという。

いま、原発が破局的な事故になる事はもう自明な事で、地震が起こる事も100%と言っていい。

止めたい。
脱したい。
出来るだけ早く原発を減らしたい。
自然エネルギーをどんどん進めたい。
いくら経済発展といっても、原発大事故の損害の問題を逃れる事はできない。

きっと、政治家も電力会社の人間も、原子力を推進してきた人たちも、心の底ではそう思っているに違いないと思う。

なら、みんなして勇気を持って、進まなければ。
節電などなんのその。

でないと第2次世界大戦のように、なってしまう。

私たち一人ひとりが、それを考えなければ・・どうしても



CDやLive、Lessonのお問合せは、taka(アットマーク)tbi.t-com.ne.jpまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

waiwai
2011年08月12日 18:55
はじめまして。
この新聞記事のことを今日知って、記事が読めなくて残念に思っていました。
そうです、そうなんです。一連の管首相の退陣問題について、ずーっと、ただ辞任に追い込むことばかりで、それでどうするのか、がまるで見えないと思ってました。
加藤氏の記事の内容、高田さんのご意見、まったく同感です。
2011年08月13日 23:47
コメント下さってありがとうございます。
他方、菅さんへの批判的意見のコメントも頂き、それは、この場で議論するものではないと思うのではずさせていただきましたが、アクセス数が異様に多く、びっくりしています。たくさんの人が違和感を感じているのでしょう。

私は菅さんという個人を特に支持しているわけではなく、「リーダーシップを求められている」首相の勇気ある方向性の顕示と捉え、評価しています。

自然エネルギーの不安定さをはじめ、今までの原発をめぐって利益を得るはずだった企業との癒着の処理、アメリカとの摩擦、など、途方もない大きな問題があることは、想像できます。ミクロ的にもめちゃくちゃに大変でしょう。
しかし!
しかし、遺伝子を壊してしまう=生命の神秘的な力を歪めてしまう=「人がそこにあること」そのものを覆してしまう、そんな恐ろしい力を持つものを、『何かより、優先する』とか『必要悪として認める』なんてことは、ありえないと思うのです。何よりも、手を引くものであると思うのです。
菅さんはそこのところに気づき、脱する方向へと行動しているとしか思えないのです。

現在、議員や官僚のいい大学を出ていい頭脳を持った人の、誰も、脱原発を支持していないなんて。
これほど、命をかけ甲斐のある問題はないのに・・・だって本当に命がかかっているのだから。

起こってしまった途方もない困難。これを一人が、或いはひとつの政党が負えるはずがない。しかも、直接進めてきたのは自民党。協力して、脱原発に進む事が、今生きる大人の役目ではないでしょうか。
  ・ 
  ・
こうして、当たり前の方向になかなか進む事の出来ない社会に恐怖を覚えます。

この記事へのトラックバック